コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP! ★ 6月4日〜7月10日 岩合光昭写真展 PANTANAL パンタナール 清流がつむぐ動物たちの大湿原 東京都写真美術館 地下1階展示室

W'UP! ★ 6月4日〜7月10日 岩合光昭写真展 PANTANAL パンタナール 清流がつむぐ動物たちの大湿原 東京都写真美術館 地下1階展示室


2022年6月4日(土)〜7月10日(日)
岩合光昭写真展
PANTANAL パンタナール 清流がつむぐ動物たちの大湿原

動物写真家・岩合光昭の本格的野生動物ドキュメンタリー写真展
 南米大陸中央部に位置する世界最大級の熱帯湿地、パンタナール。大部分はブラジルに広がり、一部がボリビアとパラグアイにまたがります。そのスケールは日本の本州の広さに匹敵し、ブラジル側の大半が「パンタナール保全地域」として世界遺産に登録されています。そして雨季と乾季でドラマチックな変化を見せるこの世界でも希有な大湿原は、多彩な野生動物が息づく世界屈指の生命の宝庫とも呼ばれています。
 本展は、世界的に著名な動物写真家・岩合光昭が、このパンタナールで撮影取材した作品による、野生動物ドキュメンタリー写真展です。多種多様な生き物たちの生態をご覧ください。

 

 

 

見どころ

岩合光昭の真骨頂、野生動物の生態に迫る作品が100点以上
 岩合光昭は、1986年に『ナショナルジオグラフィック』誌の表紙を飾ることになった際、編集者から最も興奮する場所として「パンタナール」という言葉を聞き、いつか訪れたいと願っていました。後年になってようやく念願叶い、2015年から3年半の期間に5回にわたる「パンタナール」撮影取材を決行した岩合は、ジャガーをはじめ、オオカワウソ、パラグアイカイマン、カピバラ、アメリカバク、オオアリクイなど、多種多様な野生動物たちの生態に迫り活写しました。本展覧会では、この取材で撮影された迫力ある100点以上の作品により、清流がつむぐ生命の輝きを展示いたします。ネコ写真の作品で世に知られる岩合光昭の真骨頂ともいえる野生動物ドキュメンタリー写真をご覧いただけます。

世界最大級の熱帯湿地「パンタナール」に息づく生物多様性
 南米大陸中央部に広がる世界最大級の熱帯湿地、パンタナール。本州の広さに匹敵するほどの壮大な湿地の大半が「パンタナール保全地域」として世界自然遺産に登録されています。10月頃から半年ほどは雨季で、川が氾濫して総面積の8割程が水没してしまいますが、5月頃になると乾季を迎えて水が引き、ところどころ川や池に水を残す以外は、草原へと姿を変えるのです。そして、この世界でも希有な大湿原は、12種類の生態系を有し、多彩な野生動物が息づく世界屈指の生命の宝庫です。岩合光昭の2メートルを超える大サイズを含む作品群により、その活き活きとした生物多様性をご覧ください。

 

 

 

岩合光昭 Mitsuaki Iwago
 1950年東京生まれ、動物写真家。野生動物の息吹を感じるその写真は、世界的に高く評価されている。半世紀以上続けているネコの撮影にも力を入れ、2012年、NHK BSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」が放送開始。『どうぶつ家族』『ネコライオン』『かぴばら』『こねこ』『パンタナール』『虎』他、著書多数。2019年「ねことじいちゃん」、2021年「劇場版岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族」で映画監督をつとめる。
岩合光昭オフィシャルサイト https://iwago.jp/

岩合光昭写真展 PANTANAL パンタナール 清流がつむぐ動物たちの大湿原
会 期 2022年6月4日(土)~7月10日(日)
会 場 東京都写真美術館 地下1階展示室(東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)
開館時間 10:00〜18:00(木・金は20:00まで)入館は閉館30分前まで
休館日 毎週月曜日
観覧料 一般800円、学生640円、中高生・65歳以上400円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者(2名まで)は無料
※本展はオンラインによる日時指定予約を推奨します。詳細はホームページ等をご参照ください。
主 催 公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館
企画制作 株式会社クレヴィス
URL https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-4319.html

展覧会図録
岩合光昭写真集『PANTANAL』
世界的動物写真家待望のワイルドライフ作品集
タテ267×ヨコ264ミリ/168頁/3,300円(税込)/株式会社クレヴィス

<関連イベント>
岩合光昭スペシャルトーク
日時:2022年6月25日(土)①11:00~ ②14:00~(各回30分前開場)
会場:東京都写真美術館1階ホール(各回先着150名様)
料金:無料
※トーク終了後にサイン会を実施いたします。詳しくは公式サイトをご確認ください。
※① 11:00~ ②14:00~の回ともに、当日10時より1階総合受付にて整理券を配布します。番号順入場、自由席。
※諸般の事情により変更することがございます。あらかじめご了承ください。

W’UP! ★5月20日~8月21日 アヴァンガルド勃興 近代日本の前衛写真 東京都写真美術館 3F 展示室

W’UP!★6月17日~9月25日 TOPコレクション メメント・モリと写真 死は何を照らし出すのか 東京都写真美術館 2F 展示室

住所東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
TEL03-3280-0099
WEBhttps://topmuseum.jp/
開館時間10:00 〜 18:00 ※⽊・⾦曜は20:00まで。※入館は閉館の30分前まで
休み月(祝休日は開館、翌平日休館)、年末年始および臨時休館
ジャンル写真、映像
入場料*1イベントにより異なります
アクセス*2JR恵比寿駅東口より徒歩約7分
収蔵品https://topmuseum.jp/contents/pages/collection_list.html
 *1 高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *2 表示時間はあくまでも目安です

東京都写真美術館

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 入場制限などを実施中。また、事業はやむを得ない事情で変更することがあります。詳細はホームページをご確認ください。→ https://topmuseum.jp/

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)