コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP! ★11月9日~2022年1月23日 松江泰治 マキエタ CC 東京都写真美術館 2階展示室

W'UP! ★11月9日~2022年1月23日 松江泰治 マキエタ CC 東京都写真美術館 2階展示室

《TYO 90835》 2021年 発色現像方式印画 作家蔵 ©TAIJI MATSUE Courtesy of TARO NASU

2021年11月9日(火)~2022年1月23日(日)
松江泰治 マキエタ CC

 松江泰治(1963年、東京都生まれ)は世界各地の地表を独自の視点で写してきました。作家が撮影時に設けた、画面に地平線や空を含めない、被写体に影が生じない順光で撮影するといったルールは、写真の本質を問い直すような平面性を生み出しています。本展では、作家がこれまでに制作してきた作品の中から、〈CC〉と〈makieta(マキエタ)〉という二つのシリーズを、初公開となる新作も交えて紹介しま す。
 2001年から制作されている〈CC〉は、「シティー・コード」(City Code)を略したシリーズ名の通り、各作品のタイトルには撮影地の都市コードが付されています。ギリシャのアテネから撮影が始まったこのシリーズでは、作家が訪れた世界各地の都市の諸相が克明に写し出されています。画面全体にピントを合わせることで、奥行きが取り除かれ、画面上にあらゆるものが等しく存在しています。
 一方、2007年から制作されている〈makieta〉の作品にも、都市コードや地名が付されています。「makieta(マキエタ)」とはポーランド語で模型を意味し、実際の都市や自然を撮影した他の作品と同じルールで、世界各地の都市や地形の模型が写されています。エクアドル・キトの博物館に展示されていた模型を起点に、レンズを通して模型から立ち現れる風景には、現実と見紛うほどの精巧さがあり、その曖昧な境界は写真の本質を浮き彫りにします。ミッドキャリアでの個展となる本展では、最新作を含む二つのシリーズを通して作家の現在地を示すとともに、その表現の可能性を探ります。

 

《LPB 1733》2021 年 発色現像方式印画 作家蔵

 

《SYD 20119》2012年 発色現像方式印画 東京都写真美術館蔵

 

《DENMARK 17939》2012年 発色現像方式印画 東京都写真美術館蔵

 

《WAW 62222》2021年 発色現像方式印画 作家蔵

 

《Guatemala 1904》2021年 発色現像方式印画 作家蔵

 

出品シリーズ
CC (2001-)
 「CC」とは「シティ・コード(City Code)」の略で、各作品のタイトルに撮影地の都市コードが付されたシリーズ。1990年から世界各地の地表を集める〈gazetteer(ギャゼティア)〉(1990 年-)を制作していた松江が、収集した地名に都市の地名が欠けていることに気づき、2001年にギリシャのアテネでの撮 影から制作が始まった。〈gazetteer〉と同じく、被写体に影が生じない順光での撮影や、画面に地平線を含まない構図など、独自の厳密なルールに基づいて撮影することで、奥行きが意図的に排除され、細部まで克明に写し出される。一見すると空撮のように見える作品は地上から撮影されており、制作ルールに合う撮影場所が綿密なリサーチを重ねて選ばれている。〈gazetteer〉と共に作家を代表するシリーズ。

makieta (2007-)
 「makieta(マキエタ)」は、ポーランド語で「模型」を意味する。2007年に〈CC〉の撮影で訪れた南米エクアドルの博物館で、首都キトの都市模型に偶然出会ったことをきっかけとして制作が始まった。このシリーズでは〈gazetteer〉や〈CC〉と同じルールで世界各地の都市や地形の模型が撮影された。作品タイトルも、都市模型の作品には〈CC〉と同じく都市コードが、地形模型の作品には〈gazetteer〉と 同様に地名が付されている。被写体となった模型は制作された年代、目的、使われている素材などが様々でバリエーションに富んでいる。

松江泰治 Matsue Taiji
 1963年、東京都生まれ。1987年、東京大学理学部地理学科卒業。2002年、第27回木村伊兵衛写真賞受賞。『gazetteer』(2005年)、『CC』(2005年)、『JP-22』(2006年)、『cell』(2008年)、『jp0205』(2013年)、『LIM』(2015 年)、『Hashima』(2017年)など写真集多数。主な個展に「世界・表 層・時間」IZU PHOTO MUSEUM(2012 年)、「地名事典|gazetteer」広島市現代美術館(2018年) など。

松江泰治 マキエタ CC
MATSUE TAIJI: makietaCC
会 場 東京都写真美術館 2階 展示室
開催期間 2021年11月9日(火)~2022年1月23日(日)
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)、年末年始(12/28-1/4、ただし1/2、1/3は臨時開館)
料 金 一般 700(560)円、学生 560(440)円、中高生・65歳以上 350(280)円 
※( )は当館の映画鑑賞券ご提示者、年間パスポートご提示者(同伴者1名まで)、各種カード会員割引料金。各種割引の詳細はご利用案内をご参照ください。各種割引の併用はできません。
※小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者(2名まで)、年間パスポートご提示者(企画展4回まで)は無料。 
※1/2(日)1/3(月)は無料。開館記念日のため1/21(金)は無料。
主 催 公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館、東京新聞
※本展はオンラインによる日時指定予約を推奨いたします。
日時指定予約Webketページ(外部サイト https://webket.jp/pc/ticket/index?fc=00349&ac=0000

W’UP! ★11月6日~2022年1月23日 記憶は地に沁み、風を越え 日本の新進作家 vol.18 東京都写真美術館 3F 展示室

住所東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
TEL03-3280-0099
WEBhttps://topmuseum.jp/
開館時間10:00 〜 18:00 ※⽊・⾦曜は20:00まで。※入館は閉館の30分前まで
休み月(祝休日は開館、翌平日休館)、年末年始および臨時休館
ジャンル写真、映像
入場料*1イベントにより異なります
アクセス*2JR恵比寿駅東口より徒歩約7分
収蔵品https://topmuseum.jp/contents/pages/collection_list.html
 *1 高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *2 表示時間はあくまでも目安です

東京都写真美術館

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 入場制限などを実施中。また、事業はやむを得ない事情で変更することがあります。詳細はホームページをご確認ください。→ https://topmuseum.jp/

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)