コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★ 8月24日~10月31日 宮崎 学 イマドキの野生動物 東京都写真美術館 2階展示室

W'UP! ★ 8月24日~10月31日 宮崎 学 イマドキの野生動物 東京都写真美術館 2階展示室

2021年8月24日(火)~10月31日(水)
宮崎 学 イマドキの野生動物
Miyazaki Manabu: Wild Animals Now

 東京都写真美術館では、「宮崎学 イマドキの野生動物」を開催いたします。
 宮崎学(1949-)は中央アルプスの麓、長野県上伊那郡南向村(現・中川村)に生まれ、伊那谷の自然豊かな環境を活かし、1972年よりフリーの写真家として活動を開始しました。「自然界の報道写真家」として、現在も日本中の自然を観察しています。
 宮崎は動物たちの通り道に自作の赤外線センサー付きのロボットカメラを設置し、撮影困難な野生の姿を撮影した「けもの道」のシリーズなど、哺乳類、猛禽類の撮影において独自の分野を開拓してきました。また、人間の生活空間近くに出没する野生動物や、外来動物の影響など、動物の生態を通して人間社会を浮き上がらせる社会性のあるテーマにも取り組んでいます。
 シリーズ最新作となる「新・アニマルアイズ」では、「動物たちの住む森を動物の目線で見る」をコンセプトに、動物たちの痕跡を注意深く読み解き、自作のロボットカメラで人間の目が及ばない世界をみごとに写し出しています。本展覧会は、半世紀近くにわたる宮崎の作家活動の軌跡をたどりながら、黙して語らぬ自然の姿を浮き彫りにしようとするものです。どうぞご期待ください。
出品点数:写真210点、資料約20点

《ツキノワグマのカメラマン、長野県、中央アルプス》
〈イマドキの野生動物〉より 2006年

 

《テン》〈イマドキの野生動物〉より 2017年

 

〈ニホンカモシカ〉より 1970-1973年

 

《巣立ちが近いヒナ》〈フクロウ〉より 1982-1988年 東京都写真美術館蔵

 

《冬の死・二ホンジカ1993》〈死〉より 1994年 東京都写真美術館蔵

 

《ニホンザル》〈君に見せたい空がある〉より 2020-21年

 

本展のみどころ
1 自然界の報道写真家・宮崎学が伝える「野生動物のイマ」
2 生命とは、人間とは、そして自然とはなにか。
3 ロボットカメラの眼がとらえた驚異の世界

展示構成と出品作品紹介
第1章|〈ニホンカモシカ〉1970-1973
第2章|〈けもの道〉1976-1977/〈倒木のけもの道〉2012-2013/〈岩田の森のけもの道〉2012-2013 第3章|〈鷲と鷹〉 1965-1980
第4章|〈フクロウ〉1982-1988
第5章|〈死〉1994/〈死を食べる〉2012-2015
第6章|〈アニマル黙示録〉/〈イマドキの野生動物〉1993-2012
第7章|〈新・アニマルアイズ〉2018-2021/〈君に見せたい空がある〉2020-2021

作家紹介
宮崎 学 Miyazaki Manabu
 1949年長野県生まれ。自然と人間をテーマに、社会的視点にたった「自然界の報道 写真家」として活動。「けもの道」を中心としたほ乳類及び猛禽類の撮影では自作の自動撮影カメラを駆使し、独自の分野を開拓する。近年では日本各地で問題となっている獣害被害のアドバイザーとしても活躍。1978年『ふくろう』で第1回絵本にっぽん大賞、1982年『鷲と鷹』で日本写真協会新人賞、1990年『フクロウ』で第9回土門拳賞、1995年『死』で日本写真協会年度賞、『アニマル黙示録』で講談社出版文化賞を受賞。他、写真集、著書多数。

宮崎学 イマドキの野生動物
Miyazaki Manabu: Wild Animals Now
会 期 2021年8月24日(火)〜10月31日(日)
会 場 東京都写真美術館 2階展示室
開館時間 10:00〜18:00(入館は閉館30分前まで)
休館日 毎週月曜日(ただし8月30日、9月20日は開館)、9月21日(火)
観覧料 一般 700円、学生 560円、中高生・65歳以上 350円
※オンラインによる日時指定予約(推奨)
オンラインで購入可能な券種は、「一般のみ」となります。学生、中高生・65歳以上、各種割引のチケットをご購入の方、および無料対象者[小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者(2名まで)、招待券・年間パスポートをお持ちの方]は、オンラインチケットの対象外です。

その他の東京都写真美術館での企画

W’UP! ★6月12日~8月9日 世界報道写真展2021/8月17日~10月10日 山城知佳子 リフレーミング 東京都写真美術館 地下1階展示室

住所東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
TEL03-3280-0099
WEBhttps://topmuseum.jp/
開館時間10:00 〜 18:00 ※現在、木・金曜の夜間開館(18:00〜20:00)は休止。※入館は閉館の30分前まで
休み月(祝休日は開館、翌平日休館)、年末年始および臨時休館
ジャンル写真、映像
入場料*1イベントにより異なります
アクセス*2JR恵比寿駅東口より徒歩約7分
収蔵品https://topmuseum.jp/contents/pages/collection_list.html
 *1 高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *2 表示時間はあくまでも目安です

東京都写真美術館

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 入場制限などを実施中。また、事業はやむを得ない事情で変更することがあります。詳細はホームページをご確認ください。→ https://topmuseum.jp/

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)