コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★8月17日~10月10日 山城知佳子 リフレーミング 東京都写真美術館 地下1階展示室

W'UP! ★8月17日~10月10日 山城知佳子 リフレーミング 東京都写真美術館 地下1階展示室
 
《リフレーミング》2021年(新作)
© Chikako YamashiroCourtesy of Yumiko Chiba Associates


2021年8月17日(火)~10月10日(日)
山城知佳子 リフレーミング
YAMASHIRO CHIKAKO: Reframing the land/mind/body-scape

 映像・写真を主たるメディアとして、2000年代から精力的に作家活動を進めてきた山城知佳子(1976年沖縄県那覇市生まれ/在住)は、生まれ育った沖縄の歴史や地政学的状況と自身との関係に向き合うことを通じて、見過ごされ聞き過ごされてきた声や肉体、魂を伝える作品を手掛け、国内外で高く評価され てきました。
 山城が生み出す映像は、見る者の身体感覚に訴えかけるイメージの豊饒さと詩性、そして同時代を見つめる批評的な視点を絶妙なバランスであわせ持つがゆえに、沖縄という特定の地域の問題に留まらず、より広い文脈での読み込みや解釈に開かれています。
 公立美術館初個展となる本展では、初公開となる山城の最新作を、収蔵作品を中心とした過去の代表作品と組み合わせて紹介します。単に時系列に沿って作品の変遷をたどるのではなく、新旧の作品を有機的に配置することで、相互に共鳴する主題やモチーフの連なりを、展示室内を回遊しながら巡る構成とします。
 最新作のタイトルでもある「リフレーミング」とは、ものごとを見ている枠組みを変え、別の枠組みで見直すことを指しており、写真・映像によって故郷沖縄の風景を新たな視点でとらえなおし見つめていくという、山城作品に通底する姿勢を象徴します。本展は、国際的にもさらなる飛躍が期待される映像アーティスト・山城知佳子のミッドキャリア個展として、その作品世界を総覧するはじめての本格的な機会となります。
 本展は、オリンピック・パラリンピックの開催都市東京が展開する文化の祭典「Tokyo Tokyo FESTIVAL」 の1つとして実施するものです。

本展のみどころ

山城知佳子の公立美術館初となる大規模個展
 本展は、山城知佳子にとって初めてとなる公立美術館での個展です。初期作品《BORDER》(2002年)から、最新作《リフレーミング》(2021年)までの主要な作品を、あたかも総合的な一つの作品であるかのように配置することで、個々の作品が相互に連環しあう山城作品の全体像を体感いただける展示となります。令和2年度に新規収蔵した代表作《土の人》(オリジナル3面バージョン)、写真作品《黙認のからだ》シリーズ全点などをまとめてご紹介します。
最新作《リフレーミング》を初公開
 本展のハイライトは、山城知佳子の最新作となる《リフレーミング》です。《土の人》が、長年取り組んできた「記憶/声の継承」というテーマの集大成だとするなら、《リフレーミング》は、山城が沖縄の風景と現実に新たな視点で向き合い、取り組んできた近年のリサーチの最新成果です。史実を踏まえながら、沖縄北部の風景·地形を題材に映画的なナラティブや会話劇を取り入れ、おとぎ話のような物語を描き出します。
多彩·多才な出演陣
 《リフレーミング》には、《創造の発端》(2015年)にも出演した川口隆夫、振付家·ダンサーであり、アートと社会を繋ぐ活動を展開している砂連尾理、沖縄出身でモデル·映画俳優として活躍する尚玄ら多彩·多才な出演者が集い、作中で見せる彼らの身体表現/ダンスが、物語の核の一つになっています。あわせて沖縄芝居の役者たちも登場します。
新進から中堅、更なる活躍へ飛躍
 東京都写真美術館では、「第2回恵比寿映像祭 歌をさがして」、「ニュースナップショット 日本の新進作家展 vol.9[かがやきの瞬間]」(ともに2010年)で、いち早く山城知佳子を取り上げ、沖縄という文脈のみにとどまらない同時代のアーティストとして、また写真·映像作家として評価してきました。今回の個展では、その後の目覚ましい活躍を経て、中堅作家として凱旋します。ダンディー·コンテンポラリー·アーツ(イギリス)での個展、第11回ソウル·メディアシティ·ビエンナーレ(韓国)への参加ほか、海外での発表を複数控え、更なる飛躍が期待されるアーティストの現在地点にぜひご注目ください。
※出品点数(予定)計29点(映像8作品、写真21作品)

山城 知佳子 Yamashiro Chikako
 映像作家、美術家。1976年沖縄県那覇市生まれ、在住。1999年沖縄県立芸術大学美術工芸学部美術学科絵画専攻(油画)卒業。2002年沖縄県立芸術大学大学院造形 芸術研究科環境造形専攻修了。2019年より東京芸術大学美術学部先端芸術表現科 准教授。
 近年の主な展覧会に「話しているのは誰?現代美術に潜む文学」(2019年/国立新美術館)、「済州4・3事件 70周年祈念 ポストトラウマ」(2018年/済州道立美 術館、韓国)、「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017」(2017年/堀川御池ギャラリー、京都)、「あいちトリエンナーレ 2016:虹のキャラバンサライー創造する人間の旅」(2016年/旧明治屋栄ビル、愛知)、「第8回アジア・パシフィック・トリエンナーレ」(2015年/クイーンズランド州立美術館、オーストラリア)などがある。
「第31回(2020年度)タカシマヤ文化基金タカシマヤ美術賞」(2021年)、「Tokyo Contemporary Art Award(TCAA)2020-2022」(2020年)、「Asia Pacific Breweries Foundation Signature Art Prize 2018」大賞ノミネート(シンガポール美術館)(2018年)、「第64回オーバーハウゼン国際短編映画祭ゾンタ賞」(2018年)、「AsianArt Award 2017 supported by Warehouse TERRADA」大賞(2017年)などを受賞。主な書籍に『循環する世界 山城知佳子の芸術』(2016年)、『Chikako Yamashiro』(2012年、ともにユミコチバアソシエイツ刊)がある。

山城知佳子 リフレーミング
会 期 2021年8月17日(火)〜10月10日(日)
会 場 東京都写真美術館 地下1階展示室
開館時間 10:00〜18:00(入館は閉館30分前まで)
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)
観覧料 一般 700円、大学・専門学校生 560円、中高生・65歳以上 350円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者(2名まで)は無料。
※本展はオンラインによる事前予約を推奨します。詳細はホームページをご参照ください。

W’UP! ★ 8月24日~10月31日 宮崎 学 イマドキの野生動物 東京都写真美術館 2階展示室

住所東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
TEL03-3280-0099
WEBhttps://topmuseum.jp/
開館時間10:00 〜 18:00 ※現在、木・金曜の夜間開館(18:00〜20:00)は休止。※入館は閉館の30分前まで
休み月(祝休日は開館、翌平日休館)、年末年始および臨時休館
ジャンル写真、映像
入場料*1イベントにより異なります
アクセス*2JR恵比寿駅東口より徒歩約7分
収蔵品https://topmuseum.jp/contents/pages/collection_list.html
 *1 高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *2 表示時間はあくまでも目安です

東京都写真美術館

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 入場制限などを実施中。また、事業はやむを得ない事情で変更することがあります。詳細はホームページをご確認ください。→ https://topmuseum.jp/

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)