コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★ 7月17日~10月17日 GENKYO 横尾忠則[原郷から幻境へ、そして現況は? ] 東京都現代美術館(MOT)

W'UP! ★ 7月17日~10月17日 GENKYO 横尾忠則[原郷から幻境へ、そして現況は? ] 東京都現代美術館(MOT)

2021年2021年7月17日(土)~10月17日(日)
GENKYO 横尾忠則[原郷から幻境へ、そして現況は? ]
横尾忠則《Wの惑星》2005年 作家蔵
上:Tadanori Yokoo, The Planet W, 2005 Collection of the Artist

 1960年代からつねに第一線で活躍し、日本を、そして世界を魅了し続けてきた、アート界のレジェンド、横尾忠則。その横尾の、60年以上にわたる創造の全貌を目の当たりにすることができる集大成の展覧会が実現します。愛知県美術館で開催され、過去最大規模の横尾展として話題を呼んだ「GENKYO 横尾忠則」展が、東京ではさらにスケールアップ。横尾自身の総監修により、構成を根本的に見直すとともに、去年から今年にかけて描かれた新作を含めて、200点以上の作品が新たに加わり、500点以上の作品が出品されます。
 横尾はすべての人間の魂のふるさと「原郷」から汲み上げた、豊かで奔放なイメージの世界「幻境」を、数多の独創的な絵画に描き出してきました。横尾芸術のダイナミックな展開を、心うちふるえるまでに体感することができる、まさに画期的な展覧会となるでしょう。

本展へのメッセージ ――横尾忠則
何を描くかではなくて、どう描くかでもなく、如何に生きるかでもなく......。

横尾忠則《愛のアラベスク》2012年 作家蔵
Tadanori Yokoo, Love Arabesque, 2012 Collection of the Artist

展覧会の見どころ

1 横尾芸術の全貌を見渡せる最大規模の展示
 いわゆる「画家宣言」から40年。アーティスト・横尾忠則は、めまぐるしくスタイルの変遷を重ねながら、森羅万象あらゆるものをモティーフとして、おびただしい数の作品を生み出してきました。「GENKYO 横尾忠則」東京展では、愛知展をさらにパワーアップ。絵画を中心に、初期グラフィック作品を加えた500点以上の出品作品により、横尾芸術の全貌に触れることができる、最大規模の展覧会です。

2 横尾忠則自らが監修して構成した展覧会
 「作品による自伝」をテーマに企画された「GENKYO 横尾忠則」愛知展を、作家自身がリミックス! 横尾忠則の総監修のもとに、出品作品を半分以上入れ替え、構成を根本から見直して、全く新しい展覧会として生まれ変わりました。新しい観点から語られた横尾芸術の真実を体感できる、画期的な展覧会です。

3 2020年〜21年の新作を初公開
 全世界がコロナ禍に見舞われるという未曾有の状況の中、横尾は、外出も来客も制限しながら、日々アトリエにこもって絵画制作に没頭してきました。昨年から今年にかけて制作された、この新作は、大作ばかり20点以上に及びます。横尾芸術のなかで、最大級の問題作とも言えるこの新作の数々を、東京展では初公開いたします。

横尾忠則《薔薇の蕾と薔薇の関係》1988年 馬の博物館
Tadanori Yokoo, Relation between Rose and Rose-Bud, 1988,
Collection of Equine Museum of Japan

 

横尾忠則《放たれた霊感》1991年 作家蔵(東京都現代美術館寄託)
Tadanori Yokoo, Shot Inspiration, 1991 Collection of the Artist
(Deposited in Museum of Contemporary Art Tokyo)

 

横尾忠則《実験報告》1996年 東京都現代美術館
Tadanori Yokoo, Experimental Report, 1996
Collection of Museum of Contemporary Art Tokyo

 

横尾忠則《暗夜光路 赤い闇から》2001年 東京都現代美術館
Tadanori Yokoo, A Dark Night's Flashing: From the Red Darkness, 2001
Collection of Museum of Contemporary Art Tokyo

 

横尾忠則《高い買物》2020年 作家蔵
Tadanori Yokoo, Expensive Purchase, 2020 Collection of the Artist

 

横尾忠則 よこお・ただのり
 1936年、兵庫県西脇市生まれ。高校卒業後、神戸でデザイナーとしての活動を始め、1960年に上京、グラフィック・デザイナー、イラストレーターとして脚光を浴びる。その後、1980年にニューヨーク近代美術館で大規模なピカソ展を見たことを契機に、画家としての本格的な活動を開始。様々な手法と様式を駆使して森羅万象に及ぶ多様なテーマを描いた絵画作品を生み出し、国際的にも高く評価される。2000年代以降、国内の国公立美術館での個展のほか、パリのカルティエ現代美術財団(2006)をはじめ、海外での発表も数多く行われている。2012年に横尾忠則現代美術館(兵庫県神戸市)、2013年に豊島横尾館(香川県豊島)開館。

会 期 2021年7月17日(土)〜10月17日(日)
会 場 東京都現代美術館 企画展示室 1F/3F
休館日 月曜日(7/26、8/2、8/9、8/30、9/20は開館)、8/10、9/21
開館時間 10:00〜18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
観覧料 ※金額はすべて税込
一般 2,000円、大学生・専門学校生・65歳以上 1,300円、中高生800円、小学生以下無料
※当日券は美術館内チケットカウンターで販売します。ただし、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、事前に予約優先チケット(日時指定)のご購入をお勧めします。
※販売開始時期等の詳しいご案内は、後日ウェブサイトにてお知らせいたします。
展覧会特設サイト https://genkyo-tadanoriyokoo.exhibit.jp/
美術館ウェブサイト https://www.mot-art-museum.jp/

W’UP! ★ 7月17日~10月17日 MOT アニュアル 2021 海、リビングルーム、頭蓋骨 東京都現代美術館(MOT)

W'UP! ★8月4日~9月5日 漫画「もしも東京」展 東京都現代美術館(MOT)地下2階講堂、中庭、水と石のプロムナード

住所東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
WEBhttp://www.mot-art-museum.jp/
開館時間*110:00  18:00(展示室入場は閉館の30分前)
休み*2月(祝日は開館、翌平日閉館)、年末年始、展示替え期間
ジャンル*3現代美術
入場料*4展覧会ごとに異なります
アクセス*5清澄白河駅B2出口より徒歩9分
収蔵品https://www.mot-art-museum.jp/collection/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

東京都現代美術館(MOT)

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)