コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★6月18日~9月26日 隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則 東京国立近代美術館 (MOMAT)1F 企画展ギャラリー

W'UP! ★6月18日~9月26日 隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則 東京国立近代美術館 (MOMAT)1F 企画展ギャラリー

2021年6月18日(金)~9月26日(日)
隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則

 米TIME誌にて「2019年世界で訪れるべき最も素晴らしい場所100選」に選ばれた《V&Aダンディー》や《国立競技場》の設計に参画するなど、現代日本を代表する建築家のひとりである隈研吾(1954〜)。
 本展では、世界各国に点在する隈作品の中から公共性の高い68件の建築を、隈が考える5原則「孔」「粒子」「斜め」「やわらかい」「時間」に分類し、建築模型や写真やモックアップ(部分の原寸模型)などにより紹介。その他、映像作品、前庭に展示されるトレーラーハウスを合わせ、合計74件で隈の世界を紹介します。章解説や作品解説はすべて隈本人によるもの。また、瀧本幹也や藤井光など第一線で活躍するアーティストによる映像作品で隈建築をさまざまな観点から見ていただく空間のほか、360度VRなどの体感要素、さらに、ネコの視点から都市での生活を見直すリサーチプロジェクト《東京計画2020 ネコちゃん建築の5656原則》(Takramとの協働)も発表します。コロナ禍というきわめて難しい時代の中で開催される本展が、新しい公共性や未来の都市のあり方について考える機会となれば幸いです。

本展のみどころ

1.「人が集まる場所」のための隈独自の方法論を、5原則の形で抽出
 本展では、隈自身が選んだ公共性が高い建築68件を、時系列ではなく、「孔」「粒子」「斜め」「やわらかい」「時間」という5原則に分類して紹介します。

2. 先端技術を用いた体験展示
 隈が設計した建築の「実際」を、本展のために制作された新作映像を通して紹介します。
1 高知県梼原(ゆすはら)にある6つの隈建築 × 瀧本幹也(+坂本龍一)
 高知県西部の山間にある小さなまち梼原町には、初期から最近作まで6つの隈建築が存在します。それらの建築を写真家・映像作家の瀧本幹也がハイスピードカメラを用いて撮影。リアル4Kによる リリカルな映像インスタレーションへと昇華させました。坂本龍一の音楽とともに、日本の伝統的建築にインスパイアされた隈建築の造形美を堪能できます。
2 スコットランドにできた博物館《V&Aダンディー》 × タイムラプス映像
 ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館初の分館となる《V&Aダンディー》の設計者に選ばれたのが隈研吾でした。これを、アイルランドのマクローリン兄弟によるアヴァンギャルドなタイムラプス映像で紹介します。
3 富山市民に人気の図書館・美術館・銀行の複合施設《TOYAMA キラリ》 × 360度VR
 《TOYAMA キラリ》の特徴は、斜めにたちあがる吹き抜け空間。そこにドローンを飛ばして360度VRで撮影しました。ヘッドマウントディスプレイで見る約7分間の映像により、隈建築の空間をリアルに体感できます(360度VRの体験は13歳以上に限られます)。ナレーションは日英ともに隈研吾が担当します。

3. クマは思う、都市の未来はネコに学べ、と
 丹下健三は前回の東京オリンピック前の1961年に、《東京計画1960》という、東京湾に海上都市をつくる案を建築雑誌に発表しました。その大胆なアイデアは、模型を俯瞰して撮った写真とともに伝説となっています。今回、隈は、そんな丹下の《東京計画1960》への応答として、《東京計画2020 ネコちゃん建築の5656原則》を美術館での展覧会で発表します。対照的なのは、都市へと向かう視点。丹下の、海上の人工都市を俯瞰から見る視点 に対して、隈が選んだのは、なんと地面に近いネコの視点。一箇所に定まらずテンテンと暮らし、スキマに入り込んで自らノラミチをつくっていくネコの生態に、コロナ禍以降の人々は学ぶべきだと隈は問いかけます。このほっこりとしつつも大胆なプレゼンテーションは、日本を代表するデザイン・イノベーション・ファームであるTakramとの協働により実現しました。

4. 各地の市民に協力出演してもらった映像
 気鋭のアーティスト、藤井光が市民ボランティアやNPOの協力を得て長岡市役所《アオーレ長岡》の日常をドキュメンタリータッチで撮影。アーティスト津田道子は南三陸町と熊本市で、隈建築の施主や利用者のインタビューを撮影しました。

5.《国立競技場》のスタディ模型と照明を特別にお見せします
 隈が設計に参画した《国立競技場》の競技後のインタビューゾーン(フラッシュインタビューゾーン)には、隈がデザインした大型の行灯のような照明があります。本展ではこれを特別に展示。また大量につくられた競技場のスタディ模型の中から、約40点を厳選して展示。展覧会として世界初公開します(高知[閉幕]、長崎[閉幕]会場でも展示)。

6. 隈研吾建築都市設計事務所による展示デザイン。章解説や作品解説はすべて隈研吾が執筆。

会 期 2021年6月18日(金)~9月26日(日)
会 場 東京国立近代美術館1F企画展ギャラリー
開館時間 10:00〜17:00/金曜日・土曜日 10:00〜21:00(入館は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(7月26日、8月2日、9日、30日、9月20日は開館)、8月10日(火)、9月21日(火)
観覧料 一般1,300(1,100)円、大学生800(500)円
※高校生以下および18歳未満、障害者手帳をご提示の方とその付添者(1名)は無料
※()内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込
※同時開催所蔵作品展「MOMATコレクション・スペシャル」、コレクションによる小企画「鉄とたたかう 鉄とあそぶ デイヴィッド・スミス《サークルIV》を中心に」(会期:5月25日〜9月26日)入館当日に限り本展の観覧料でご覧いただけます。

住所東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル 8:00~22:00)
WEBhttps://www.momat.go.jp/
開館時間*110:00 ~17:00(金曜日・土曜日10:00 ~20:00)
休み*2月(祝日は開館、翌日閉館)、展示替え期間、年末年始
ジャンル*3近代美術、現代美術、日本画、彫刻,洋画、写真、映像
入場料*4企画展はイベントにより異なります
MOMATコレクション 大人500円、大学生250円 *夜間割引(金曜日と土曜日の午後5時から)大人300円、大学生150円
アクセス*5竹橋駅1b出口より徒歩3分
収蔵品https://www.momat.go.jp/am/collection/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *5 表示時間はあくまでも目安です

東京国立近代美術館 (MOMAT)

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
・発熱、風邪の症状がある方、体調がすぐれない方はご来館をお控えください。
・入館にあたって非接触型体温計による検温を実施しております。感染症予防のため、37.5度以上のお客様は入館をお断りしますのでご了承ください。
・大人数でのご来館はお避けください。ご来館が集中した場合は、お待ちいただく可能性がございます。
・万が一、館内での感染者の発生が確認された場合、当館ホームページにてお知らせいたします。ご来館されていた日時を確認できるよう、ご自身でご来館日時を記録ください。
・こまめな手洗い、手の消毒にご協力ください。
・マスク着用にご協力ください。
・会場内での会話や発声をすることはお控えください。
・他のお客様と2メートル程度を目安に十分な間隔を保ってご観覧ください。
・壁、展示ケース、作品にはお手を触れないでください。
https://www.momat.go.jp/ge/topics/am20200807/をご参照ください。

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)