W'UP! ★企画展「あやしい絵展」東京国立近代美術館 (MOMAT)1F 企画展ギャラリー

W'UP! ★企画展「あやしい絵展」東京国立近代美術館 (MOMAT)1F 企画展ギャラリー

2021年3月23日(火)~ 5月16日(日) 
企画展「あやしい絵展」

月岡芳年《『魁題百撰相』のうち 辻弥兵衛盛昌》 明治元(1868)年
町田市立国際版画美術館、後期展示(4月20日~5月16日)
曾我蕭白 《美人図》
江戸時代(18世紀)、奈良県立美術館、東京展のみ、3月23日~4月4日
甲斐庄楠音 《横櫛》
  大正5(1916)年頃、京都国立近代美術館、通期展示
上村松園《焰》大正7(1918)年、
東京国立博物館、東京展のみ、3月23日~4月4日
小村雪岱 《刺青(邦枝完二「お傳地獄」挿絵原画(『名作挿画全集』のための))》
    昭和10(1935)年、埼玉県立近代美術館、前期展示(3月23日~4月18日)
高畠華宵《『少女画報』 大正14年8月号 表紙》
    大正14(1925)年、弥生美術館、前期展示(3月23日~4月18日)

 

絵に潜む真実、のぞく勇気はありますか?
 明治期、あらゆる分野において西洋から知識、技術などがもたらされるなか、美術も西洋からの刺激を受けて、新たな時代にふさわしいものへと変化していきました。
 このような状況のもとで生み出されたさまざまな作品の中には、退廃的、妖艶、グロテスク、エロティックといった「単なる美しいもの」とは異なる表現がありました。これらは、美術界で賛否両論を巻き起こしつつ、激動する社会を生きる人々の欲望や不安を映し出したものとして、文学などを通して大衆にも広まっていきました。
 本展では幕末から昭和初期に制作された絵画、版画、雑誌や書籍の挿図などからこうした表現を紹介します。

■展覧会の見どころ
一度見たら忘れられない名画たち
 日本近代の美術における美しさの「陰画(ネガ)」をご紹介。上村松園の《焰》や《花がたみ》、鏑木清方《妖魚》等、「あやしい」魅力にあふれた作品が勢揃いします。
ディープな「あやしい」作品が盛りだくさん
 甲斐庄楠音《横櫛》、橘小夢《安珍と清姫》、秦テルヲ《血の池》等、脳裏に焼きつくほど美しく強烈な「あやしさ」をそなえた作品が多数出品されます。
私たちを捉えて離さない「あやしい」物語
 安珍・清姫伝説、「高野聖」等の物語はさまざまな作家を魅了し作品に展開されました。非現実であったり「あやしい」女性が登場したりする物語は、明治、大正期のみならず今の私達にも魅力的に映ることでしょう。
西洋美術も!
 アルフォンス・ミュシャ、ダンテ・ガブリエル・ロセッティ、オーブリー・ビアズリー、エドワード・バーン=ジョーンズ等、日本の画家達に影響を与えた西洋美術の作品もあわせて紹介します。

企画展 「あやしい絵展」(1F 企画展ギャラリー)
会 期 2021年3月23日(火)~5月16日(日)
主な展示替 
前期 3月23日(火)〜4月18日(日)
後期 4月20日(火)〜5月16日(日)
※一部の作品は上記以外にも展示替を行います
開館時間 9:30〜17:00(金・土曜日は20:00まで)※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日(ただし3月29日5月3日は開館)、5月6日(木)
観覧料 一般1,800円、大学生1,200円、高校生700円
※いずれも消費税込
※日時指定制、当日窓口販売併用
※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその付添者は無料
※「あやしい絵展」観覧料で、入館当日に限り、所蔵作品展「MOMAT コレクション」、コレクションによる小企画「幻視するレンズ」もご覧いただけます。
チケット購入ページ https://ayashiie2021.jp/ticket/
※当館では 、新型コロナウイルスの感染拡大予防のための取り組みを行っております。 安心して美術館をお楽しみいただける環境維持のため、マスクの着用、検温などへの ご協力をお願いしています。また、展示室内が混み合った場合は入場制限を行います。 最新情報は東京国立近代美術館公式ツイッターおよび展覧会公式ウェブサイトにて お知らせします。
公式サイト https://ayashiie2021.jp/

※当館では 、新型コロナウイルスの感染拡大予防のための取り組みを行っております。 安心して美術館をお楽しみいただける環境維持のため、マスクの着用、検温などへの ご協力をお願いしています。また、展示室内が混み合った場合は入場制限を行います。 最新情報は東京国立近代美術館公式ツイッターおよび展覧会公式ウェブサイトにて お知らせします。

W'UP! ★美術館の春まつり MOMATコレクション(4F-2F 所蔵品ギャラリー)、幻視するレンズ(2Fギャラリー4) 東京国立近代美術館 (MOMAT)

同時開催
春らんまんの展覧会 所蔵作品展「MOMATコレクション」(4F-2F 所蔵品ギャラリー)※花の作品の特集は5月16日まで開催
コレクションによる小企画「幻視するレンズ」(2Fギャラリー4)※5月16日まで開催
観覧料 一般500円、大学生250円(金曜・土曜の17時以降は一般300円、大学生150円)
※高校生以下および18歳未満、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方とその付添者は無料
※入館当日に限り、所蔵作品展「MOMATコレクション」、コレクションによる小企画「幻視するレンズ」両方をご覧いただけます(企画展は別)。

住所東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル 8:00~22:00)
WEBhttps://www.momat.go.jp/
開館時間*110:00 ~17:00(金曜日・土曜日10:00 ~20:00)
休み*2月(祝日は開館、翌日閉館)、展示替え期間、年末年始
ジャンル*3近代美術、現代美術、日本画、彫刻,洋画、写真、映像
入場料*4企画展はイベントにより異なります
MOMATコレクション 大人500円、大学生250円 *夜間割引(金曜日と土曜日の午後5時から)大人300円、大学生150円
アクセス*5竹橋駅1b出口より徒歩3分
収蔵品https://www.momat.go.jp/am/collection/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *5 表示時間はあくまでも目安です

東京国立近代美術館 (MOMAT)

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
・発熱、風邪の症状がある方、体調がすぐれない方はご来館をお控えください。
・入館にあたって非接触型体温計による検温を実施しております。感染症予防のため、37.5度以上のお客様は入館をお断りしますのでご了承ください。
・大人数でのご来館はお避けください。ご来館が集中した場合は、お待ちいただく可能性がございます。
・万が一、館内での感染者の発生が確認された場合、当館ホームページにてお知らせいたします。ご来館されていた日時を確認できるよう、ご自身でご来館日時を記録ください。
・こまめな手洗い、手の消毒にご協力ください。
・マスク着用にご協力ください。
・会場内での会話や発声をすることはお控えください。
・他のお客様と2メートル程度を目安に十分な間隔を保ってご観覧ください。
・壁、展示ケース、作品にはお手を触れないでください。
https://www.momat.go.jp/ge/topics/am20200807/をご参照ください。

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)