W'UP! ★10月29日~2023年1月29日 ヴァロットン―黒と白 三菱一号館美術館

W'UP! ★10月29日~2023年1月29日 ヴァロットン―黒と白 三菱一号館美術館
 
フェリックス・ヴァロットン《お金(アンティミテⅤ)》1898年 木版、紙 三菱一号館美術館
 

2022年10月29日(土)~2023年1月29日(日)
ヴァロットン―黒と白

 19世紀末のパリで活躍したナビ派の画家フェリックス・ヴァロットン(1865-1925)は、黒一色の革新的な木版画で名声を得ました。独特の視点と多様な表現、そして卓越したデザインセンスをもつヴァロットン作品は、まるで解けない謎のように今でも私たちを魅了してやみません。中でも真骨頂ともいえるのが、木版画です。
 三菱一号館美術館は、世界有数のヴァロットン版画コレクションを誇ります。希少性の高い連作〈アンティミテ〉〈楽器〉〈万国博覧会〉〈これが戦争だ!〉の揃いのほか、約180点のコレクションを一挙初公開します。黒と白のみで作り出された世界に焦点をあて、未だ捉えきることができないヴァロットンの魅力に迫ります。また、同館と2009年より姉妹館提携を行うトゥールーズ=ロートレック美術館開館100周年を記念した、ロートレックとの特別関連展示も併せてお楽しみください。

Point1
三菱一号館美術館所蔵
世界有数のヴァロットン版画コレクションの全貌が明らかに!
 スイスに生まれ、19世紀末のパリで活躍したナビ派の画家フェリックス・ヴァロットン(1865‐1925)は、黒一色の革新的な木版画で名声を得ました。三菱一号館美術館は、世界有数のヴァロットン版画コレクションを誇ります。希少性の高い連作〈アンティミテ〉〈楽器〉〈万国博覧会〉〈これが戦争だ!〉等の揃いのほか、彼が生涯に制作した版画の大部分を網羅する貴重な作品群です。本展では約180点からなるコレクションを一挙初公開します。
Point2
ブラック・ユーモア溢れる視点と卓越したデザインセンス
謎の画家・ヴァロットンの魅力をひも解くアナザーストーリー
 三菱一号館美術館は2014年にヴァロットンの回顧展を開催し、この知られざる画家の全体像を日本で初めて紹介しました。独特の視点と多様な表現をもつヴァロットン作品は、まるで解けない謎のように今でも私たちを魅了してやみません。ヴァロットンは油彩画も多数制作しましたが、真骨頂とも言えるのが木版画です。黒と白のみで作られた世界に焦点をあて、ヴァロットンのもう一つの側面を探求します。
Point3
姉妹館提携企画トゥールーズ=ロートレック美術館開館100周年記念関連特別展示
ヴァロットンとロートレックー女性たちへの眼差し
 同館と2009年より姉妹館提携を行うトゥールーズ=ロートレック美術館(フランス、アルビ)は、2022年に開館100周年を迎えます。同時代に活躍し、ともに“パリの傍観者”であったヴァロットンとロートレック。彼らは、歓楽街や裏の社交界など、社会の周縁で生きる女性たちに視線を向けました。本展ではロートレック美術館の協力のもと、一部展示室にて特別展示を行います。当館およびロートレック美術館の所蔵作品により、ヴァロットンとロートレックを比較する新たな試みとなります。

フェリックス・ヴァロットン《ユングフラウ》1892 年 木版、紙 三菱一号館美術館
フェリックス・ヴァロットン《1月1日》のための版木 フェリックス・ヴァロットン財団、ローザンヌ ⒸFondation Félix Vallotton, Lausanne
フェリックス・ヴァロットン《1月1日》1896年 木版、紙 三菱一号館美術館
フェリックス・ヴァロットン《学生たちのデモ行進(息づく街パリⅤ)》1893年 ジンコグラフ 三菱一号館美術館
フェリックス・ヴァロットン《入浴》1894年 木版、紙 三菱一号館美術館
フェリックス・ヴァロットン<アンティミテ>版木破棄証明のための刷り 木版、紙 1898年 三菱一号館美術館
フェリックス・ヴァロットン《怠惰》1896年 木版、紙 三菱一号館美術館
フェリックス・ヴァロットン《有刺鉄線(これが戦争だ!Ⅲ)》1916年 木版、紙 三菱一号館美術館
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《二人の女友達》1894年 油彩、厚紙 トゥールーズ=ロートレック美術館、アルビ

ヴァロットン―黒と白
会 場 三菱一号館美術館(東京都千代田区丸の内2-6-2)
会 期 2022年10月29日(土)~2023年1月29日(日)
休館日 月曜日、12/31、1/1 
※但し、10/31、11/28、12/26、1/2、1/9、1/23は開館
開館時間 10:00~18:00(金曜と会期最終週平日、第2水曜日は21時まで)
※入館は閉館の30分前まで
入館料 一般:1,900円 高校・大学生:1,000円 小・中学生:無料
お問い合わせ 050-5541-8600(ハローダイヤル) 
展覧会サイト https://mimt.jp/vallotton2/
チケット情報   https://mimt.jp/vallotton2/ticket.html

住所東京都千代田区丸の内2-6-2
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル 9:00〜20:00)
WEBhttps://mimt.jp/
開館時間*110:00~18:00 ※祝日・振替休日除く金曜、第2水曜、展覧会会期中の最終週平日は21:00まで ※入館は閉館時間の30分前まで ※臨時の時間変更の場合あり
休み毎週月曜(祝日・振替休日・展覧会会期中最終週の場合は開館)年末、元旦、展示替え期間 ※臨時の開館・休館の場合あり
ジャンル近代美術、絵画、西洋絵画
入場料*2展覧会により異なる
アクセス*3JR東京駅丸の内南口より徒歩5分、JR有楽町駅国際フォーラム口より徒歩6分、千代田線二重橋前〈丸の内〉駅1番出口より徒歩3分、有楽町線有楽町駅D3・D5出口より徒歩6分、都営三田線日比谷駅B7出口より徒歩3分、丸ノ内線東京駅改札口より地下道直結徒歩6分
収蔵品https://mimt.jp/collection/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 イベントにより異なることがあります *3 表示時間はあくまでも目安です

三菱一号館美術館

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)