コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP ★4月29日~7月10日 ジャム・セッション 石橋財団コレクション×柴田敏雄×鈴木理策 写真と絵画-セザンヌより 柴田敏雄と鈴木理策 アーティゾン美術館

W'UP ★4月29日~7月10日 ジャム・セッション 石橋財団コレクション×柴田敏雄×鈴木理策 写真と絵画-セザンヌより 柴田敏雄と鈴木理策 アーティゾン美術館


2022年4月29日(金・祝)~7月10日(日)
ジャム・セッション 石橋財団コレクション×柴田敏雄×鈴木理策
写真と絵画-セザンヌより 柴田敏雄と鈴木理策

 写真が19世紀に発明され普及し始めた頃と時を同じくして、絵画は印象派をひとつの起点として、それまでの伝統的な表現から大きな変革を繰り返し、そのモチベーションには写真の存在が少なからずありました。他方写真は19世紀半ばの誕生の頃より、美術作品として、記録的な目的ではない絵画的な表現が模索され、その意識はその後も現代に至るまで綿々と続いています。
 現代の作家、柴田敏雄と鈴木理策の写真作品には、人間がものを見て表現するという、近代絵画に共通する造形思考が感じられます。このたびのジャム・セッションは、両作家がその活動の初期より関心を寄せ続けていたセザンヌの作品を起点に、現代の写真作品と絵画の関係を問う試みです。
 展覧会は6つのセクションで構成されます。4つのセクションでは新作を含めた両作家の作品と石橋財団のコレクションとのセッションが展開されます。ポール・セザンヌのセクション、雪舟のセクションでは3者の作品の共演が行われます。柴田・鈴木両名の新作・未発表作品約130点を含む約240点と、石橋財団コレクションより約40点、計280点を超える作品で構成します。

本展の見どころ
 ダムや橋といった自然の中の人工的構造物を題材に、自らの作品を絵画との関係を意識して形態を単純化し、かつ主たるモティーフを浮かび上がらせることで見る者の想像力に働きかける柴田敏雄。サント=ヴィクトワール山、セザンヌのアトリエ、桜や雪といった対象を、カメラという機械の知覚を通して、人間がものを「見ること」への問題意識を提示する鈴木理策。
 柴田・鈴木両作家にとって、ポール・セザンヌの自然に即しながら自己の視覚的感覚を実現することを果敢に試みた芸術家としての態度とその革新的な作品は、その活動の初期より重要な参照であり続けました。
本展では、セザンヌのみならず、柴田は藤島武二やアンリ・マティス、ピート・モンドリアン、鈴木はギュスターヴ・クールベやクロード・モネ、ピエール・ボナールといった絵画の視点を織り交ぜることで、両作家が「写真」を通じて提示する、作品の特異性とその魅力をご紹介します。

柴田敏雄
 1949年東京生まれ。東京藝術大学大学院油画専攻修了後、ベルギーのゲント市王立アカデミー写真科に入り、写真を本格的に始める。日本各地のダムやコンクリート擁壁などの構造物のある風景を大型カメラで撮影、精緻なモノクロプリントで発表、2000年代よりカラーの作品にも取り組み始め、その表現の領域を広げる。国内外多数の美術館に作品が収蔵されている。

柴田敏雄《ベルギー ゲント》1979年 作家蔵
柴田敏雄《栃木県那須塩原市》2020 年 作家蔵

鈴木理策
 1963年和歌山県新宮市生まれ。東京綜合写真専門学校研究科卒業。地理的移動と時間的推移の可視化を主題にシークエンスで構成した第一写真集『KUMANO』を1998年に刊行。一貫して「見ること」への問題意識に基づき、熊野、サント=ヴィクトワール山、桜、雪、花、ポートレート、水面等のテーマで撮影を続け、展覧会や写真集により作品発表を重ねている。

《知覚の感光板 18, PS-434》2018 年 作家蔵
《サンサシオン 09, C-96》2009 年 作家蔵

石橋財団コレクションとは
 石橋財団コレクションは、創設者・石橋正二郎の個人収集から始まり、その後、公益財団法人石橋財団によって引き継がれました。現在約3,000点を数えるコレクションは、西洋絵画、日本近代洋画をはじめとして、西洋・東洋の彫刻や陶磁器、中国・日本書画にまで渡り、さらに20世紀美術、現代美術にまで視野を広げています。

ジャム・セッション 石橋財団コレクション×柴田敏雄×鈴木理策 写真と絵画−セザンヌより 柴田敏雄と鈴木理策
会 場 アーティゾン美術館 6階 展示室、4階展示室内ガラスケース
会 期 2022年4月29日(金・祝)~7月10日(日)
開館時間 10:00〜18:00(4月29日を除く金曜日は20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日
入館料(税込)日時指定予約制
ウェブ予約チケット(クレジット決済のみ)1,200円
予約サイト https://www.artizon.museum/ticket/
当日チケット(窓口販売) 1,500円
大学生・専門学校生・高校生 無料 要ウェブ予約
入館時に学生証か生徒手帳をご提示ください。
予約枠には上限がありますので、上限に達した場合はご入館いただけません。
ウェブ予約をされない場合は「当日チケット」をご購入ください。
障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名 無料要ウェブ予約
入館時に障がい者手帳をご提示ください。
中学生以下の方 無料 予約不要
※ウェブ予約チケット:各入館時間枠の終了10分前まで販売
※当日チケット:ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ販売
※この料金で同時開催の展覧会を全てご覧いただけます
主 催 公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館

同時開催

W’UP ★10月2日~2022年1月10日 石橋財団コレクション選 印象派 画家たちの友情物語/特集コーナー展示 挿絵本にみる 20世紀フランスとワイン アーティゾン美術館

石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 ピカソとミロの版画ー教育普及企画ー

住所東京都中央区京橋1-7-2
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル 9:00〜20:00)
WEBhttps://www.artizon.museum
開館時間*110:00 〜 18:00 毎週金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前)
休み月(祝日の場合は開館、翌平日は振替休日)、展示替え期間、年末年始、その他臨時休館有
ジャンル近代美術、絵画、日本画、現代美術、陶磁器、古美術
入場料*2日時指定予約制。チケット購入について→ https://www.artizon.museum/ticket/
アクセス*3JR東京駅八重洲中央口、東京メトロ銀座線・京橋駅6番、7番出口、東京メトロ銀座線・東西線・都営浅草線 日本橋駅B1出口より徒歩5分
収蔵品https://www.artizon.museum/collection/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 イベントにより異なることがあります *3 表示時間はあくまでも目安です

アーティゾン美術館

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 詳細は美術館HPでご確認ください→ https://www.artizon.museum/notice/202006/

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)