コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★ 6月9日~9月6日 ファッション イン ジャパン 1945-2020 ―流行と社会 国立新美術館 企画展示室1E

W'UP! ★ 6月9日~9月6日 ファッション イン ジャパン 1945-2020 ―流行と社会 国立新美術館 企画展示室1E

 2021年6月9日(水)~9月6日(月)
ファッション イン ジャパン 1945-2020 ―流行と社会

銀座、女性たち/1935年/東京都写真美術館 撮影:師岡宏次
『美しい暮しの手帖』第一号 表紙/1948年/衣裳研究所(現・暮しの手帖社)発行、表紙画:花森安治/暮しの手帖社
長沢節/女性像(赤いコート)/1950年代/セツ・モードセミナー
鋤田正義/Kansai Yamamoto×デヴィッド・ボウイ/1973年
広川泰士/KOHSHIN SATOH×マイルス・デイヴィス/1988年

 1970年代以降、日本人ファッション・デザイナーたちは世界的に高い評価を得てきました。これまで、日本のファッションは、彼らを契機に突如として誕生したかのように語られてきましたが、実際はそうではありません。明治期に日本が近代国家となり洋装を取り入れたことを契機に、第二次世界大戦後には洋装が一般的になり独自の装いの文化を展開してきました。本展では、特に戦後の日本におけるユニークな装いの軌跡を、衣服やアイデアを創造するデザイナー(発信者)サイドと、衣服を着用し、時に時代のムーヴメントを生み出すこともあった消費者(受容者)サイドの双方向から択え、新聞、雑誌、広告など時代ごとに主流となったメディアも参照し、概観します。これまでまとまって紹介されることのなかった、洋服を基本とした日本ファッションの黎明期から最先端の動向を、社会的背景とともに紐解く、世界初の大展覧会です。

本展の見どころ
・戦後から、日本のファッションの歴史を通観することが出来るまたとない展覧会。
・流行の発信者であるデザイナーから提案された服やスタイルだけでなく、その受け手である消費者の動向という両サイドの視点から構成される。
・衣服だけでなく、当時の写真や映像、雑誌、音楽など様々なメディアを含めた当時のファッション文化を紹介。
・国内有数の服飾コレクションを有する島根県立石見美術館、神戸ファッション美術館の2館をはじめ、ブランドやアパレルメーカーからの協力を得て各時代のアイコン的作品や資料を展示。

達川清/HYSTERIC GLAMOUR 1988/Courtesy of POETIC SCAPE
三宅一生/PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE
(ISSEY MIYAKE1994年春夏コレクション映像より)/ 1993年 撮影:フィリップ・ブラジル

本展の主な出品デザイナー、ブランド一覧(順不同)
田中千代、杉野芳子、伊東茂平、桑沢洋子、森英恵、VAN、EDWARD’S、 Mademoiselle NONNON、BIGI、NICOLE、MILK、ISSEY MIYAKE、KENZO、 Kansai Yamamoto、JUN、ROPÉ、PINK HOUSE、Yukiko Hanai、COMME des GARÇONS、PASHU、KOHSHIN SATOH、JUNKO SHIMADA、Men’s BIGI、 FICCE UOMO、Madame Nicole、yoshie inaba、JUNKO KOSHINO、YUKI TORII、hiromichi nakano、TSUMORI CHISATO、A BATHING APE®、 UNDERCOVER、BEAMS、20471120、beauty:beast、FINAL HOME、UNIQLO、 Hysteric Glamour、SUPER LOVERS、KEITA MARUYAMA、ATSURO TAYAMA、 Masaki Matsushima Paris、ALBA ROSA、BABY, THE STARS SHINE BRIGHT、h. NAOTO、minä perhonen、THEATRE PRODUCTS、mintdesigns、COSMIC WONDER、SOMARTA、THERIACA、途中でやめる、matohu、Mame Kurogouchi、sacai、FUMITO GANRYU、KEISUKEYOSHIDA、 AKIKOAOKI、i a i 、コズミックワンダーと工藝ぱんくす舎、PUGMENT、YUIMA NAKAZATO、ANREALAGE、writtenafterwards、MIKIO SAKABE 他

会 期 2021年6月9日(水)~9月6日(月)
開館時間 10:00~18:00 ※入場は閉館の30分前まで
会 場 国立新美術館 企画展示室1E
観覧料(税込)
当日 1,700円(一般)、1,200円(大学生)、800円(高校生)
※中学生以下は入場無料。
※障害者手帳をご持参の方(付添の方1名含む)は入場無料。
※新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、本展では高校生無料観覧日を実施しないことといたしました。
※混雑緩和のため、事前予約制(日時指定券)を導入します。チケットの詳しい情報は、展覧会ホームページのチケット情報をご覧ください。
※新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、本展では団体券の販売をしないことといたしました。
※国立美術館キャンパスメンバーズ加盟の大学等の学生・教職員は本展覧会を学生1,000円、教職員1,500円でご覧いただけます。国立新美術館チケット売場でお求めください。
※その他の割引などお得な情報はこちらをご覧ください。https://www.nact.jp/information/profit/
※会場での観覧券購入に次のクレジットカードと電子マネー等がご利用いただけます。
 クレジットカード:UC、MasterCard、VISA、JCB、AMEX、Diners Club、DISCOVER
 電子マネー:Suica(スイカ)、PASMO(パスモ)、ICOCA(イコカ)等、iD その他:J-Debit、銀聯
お問合せ 03-5777-8600(ハローダイヤル)

Mame Kurogouchi/ジャケット、ニット、スカート、ソックス、バッグ、シューズ/2020年秋冬/Mame Kurogouchi

住所東京都港区六本木7-22-2
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
WEBhttp://www.nact.jp
開館時間*110:00 ~ 18:00 ※入場は閉館の30分前まで
休み*2火(祝日は開館、翌平日閉館)
ジャンル*3 
入場料*4入館無料。観覧料は展覧会により異なります
アクセス*5乃木坂駅6出口直結、六本木駅4a出口より徒歩約5分 、六本木駅7出口より徒歩約4分
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *5 表示時間はあくまでも目安です

国立新美術館

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 こちらをご覧ください。https://www.nact.jp/release/20201104.html

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)