コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★11月16日~2022年1月16日 大・タイガー立石展 世界を描きつくせ! うらわ美術館

W'UP! ★11月16日~2022年1月16日 大・タイガー立石展 世界を描きつくせ! うらわ美術館

2021年11月16日(火)~2022年1月16日(日)
大・タイガー立石展 世界を描きつくせ!

 

「帯世界」原画 1982年 courtesy of ANOMALY
「観光術」原画 1982年 courtesy of ANOMALY
『とらのゆめ』原画 1984年 個人蔵
『とらのゆめ』原画 1984年 個人蔵

 

 絵画、漫画、イラストレーション、絵本・・・。タイガー立石(本名・立石紘一/1941~98年)は、様々なジャンルで活躍したアーティストです。縦横無尽にジャンルをまたぐそのスタイルは、世代を越えて今日の若いアーティストにも刺激を与え続けています。
 立石は太平洋戦争の始まった1941年に、筑豊の炭鉱の街・伊田町(現・福岡県田川市)で生まれました。戦後は漫画や映画を愛する少年として育ち、1961年に大学進学のために上京。1963年に前衛芸術の牙城であった読売アンデパンダン展で、玩具や流木などを大画面に貼り付けた作品を発表し、頭角を現します。その後、時代や社会のアイコンを大胆に引用した絵画を制作し、和製ポップ・アートの先駆けとして高く評価されます。1965年からは漫画も描きはじめ、「タイガー立石」の筆名を用いて漫画の連載を手がけます。台詞のないナンセンス漫画は国境を越え、海外の雑誌でも紹介されました。
 日本での活躍が期待されていたさなか、立石は突如イタリアに移住。1969年から13年間にわたりミラノを中心に活動します。イタリアでは漫画を応用し、画面をコマ割りにした絵画を精力的に描きます。そのSF的な世界や独特の画風はイタリアの美術界だけでなく、建築・デザインの世界からも注目されます。当時、ラジカルな建築・デザイン運動を先導していたエットレ・ソットサスやアレッサンドロ・メンディーニらと協働し、卓越したイラストレーションの仕事を残しました。
 1982年に帰国すると、自作の漫画を編纂した『虎の巻』を刊行する一方、絵本の制作にも着手し、視覚的な遊びを盛り込んだ絵本を多数手がけ、好評を博します。絵画では、大衆的なイメージや、明治・大正・昭和といった歴史を振り返るモチーフをとりあげ、パロディにみちた大作も描きました。また、軸物や巻物など伝統的な絵画形式にも挑戦し、多彩な才能を発揮しています。
 立石の作品では、芸術とサブカルチャー、西洋/東洋、過去/現在/未来といった区別は無効になり、世界のヒエラルキーが徹底的に解体されています。目にしたありとあらゆる世界を、作者の画力によって奇想天外な時空間の中に繰り返し引用、再編し、多次元的なものへと拡張していくのが、まさに「立石ワールド」なのです。
 1998年に立石は56歳でこの世を去りましたが、2021年は生誕80年を迎える記念の年となります。この節目に、埼玉県立近代美術館とうらわ美術館は本展を共同で開催し、タイガー立石という特異なアーティストを大規模に振り返ります。

 

『顔の美術館』原画 1994年 個人蔵
『TigerTateishi』1968年 courtesyofANOMALY
《ネオン絵画 富士山》原案1964/没後制作2009年 個人蔵(青森県立美術館寄託)
『TigerTateishi』p.15原画 1968年 courtesy of ANOMALY

 

見どころ

過去最大規模の個展。埼玉県立近代美術館とうらわ美術館がタッグを組んで同時開催!
本展は13歳の頃描いた漫画作品から遺作までを紹介。500点を超える作品、原画、資料が一堂に会す、過去最大規模の個展となります。千葉市美術館を皮切りに3会場を巡回してきました本展もいよいよ最終会場となります。フィナーレを飾る埼玉会場では、漫画や絵本の原画、関連資料の追加展示を行い、2つの美術館で同時開催いたします。

出品点数
うらわ美術館 絵画、版画、ドローイング等 約 75点/漫画および絵本原画、資料等 約 350点
埼玉県立近代美術館 絵画、版画、ドローイング等 約100点/資料 約25点

タイガー立石(立石紘一/立石大河亞)略歴
1941年 12月20日福岡県田川市に生まれる(本名:立石紘一)
1963年 武蔵野美術短期大学芸能デザイン科卒業。第15回読売アンデパンダン展に出品。
1964年 中村宏とともに「観光芸術研究所」設立。
1968年 タイガー立石に改名。この頃から漫画家として活動。
1969年 イタリア・ミラノへ渡る。漫画のコマ割を応用した絵画を制作。
1971年 オリベッティ社のエットレ・ソットサス事務所で、イラストレーションの仕事を始める。
1982年 帰国、漫画作品集の刊行や絵本の出版、個展の開催など精力的に活動。
1990年 立石大河亞に改名。
1994年 初の回顧展が郷里の田川市美術館(福岡)で開催。
1998年 4月17日死去(享年56歳)。

大・タイガー立石展 世界を描きつくせ!  TIGER Tateishi: The Retrospective
会 期 2021年11月16日(火)〜2022年1月16日(日)
休館日 月曜日(2022年1月10日は開館)、12月27日〜2022年1月4日、11日
開館時間 10:00〜17:00(金・土曜日は20:00)(展示室への入場は閉館の30分前まで)
観覧料 一般 620(490)円、大高生410(320)円、中学生以下無料
※( ) 内は20名以上の団体料金。
※リピーター割引 観覧済の有料観覧券のご提示により、団体料金でご覧いただけます(観覧日から1年以内、1名様 、1回限り有効)。
※※中学生以下は無料、障害者手帳等をご提示の方(付き添いの方1名を含む)は半額です。

とら割
埼玉県立近代美術館又はうらわ美術館で「大・タイガー立石展」の「一般」又は「大高生」の観覧券を購入すると、2会場目の観覧料が200円割引になります。
2会場目の観覧券購入の際に、1会場目で配布される「とら割券」(1枚につき、1名様のみ、1回限り有効)をご提出ください。その他の割引との併用はできません。

本展は、埼玉県立近代美術館とうらわ美術館の2会場で同時開催します。
展示内容は各館で異なります。
※埼玉県立近代美術館の観覧は、別途料金がかかります。また、当館と埼玉県立近代美術館では、休館日、開館時間が異なります。

埼玉県立近代美術館についてはこちらから→埼玉県立近代美術館ホームページ

うらわ美術館では漫画、絵本にフォーカス!
「本をめぐるアート」をコレクションのテーマとするうらわ美術館では、漫画と絵本という視点から、様々な領域を自在に行き来した表現者・タイガー立石を捉えます。

埼玉県立近代美術館では画業の全体像を回顧
埼玉県立近代美術館ではタイガー立石の画業を全体的に回顧します。また、これまであまり紹介されることのなかったイタリア時代についても、資料を交えて詳しく振り返ります。

両館は徒歩での移動も可能(徒歩約20分)
埼玉県立近代美術館とうらわ美術館は同一区内にあります。静かな住宅地をゆっくり散策しながら歩いても30分ほどの距離です。お得な「とら割」とあわせて、たっぷりトラ浸りな1日を、埼玉で!

https://tokyo-live-exhibits.com/pum_stmstm_museumofmodernart-saitama/

住所埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ 3階
TEL048-827-3215
WEBhttps://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum/
開館時間*110:00~17:00 金・土~20:00(ギャラリーへの入場は閉館30分前まで)
休み*2月曜日(祝日は開館、翌平日閉館)
ジャンル*3地域ゆかりの作家、本をめぐるアート、絵画
観覧料*4イベントにより異なります
アクセス*5JR浦和駅西口より徒歩7分
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

うらわ美術館

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 ・風邪の症状がある場合や体調不良時の来館見合わせのお願い
 ・来館時のマスク着用
 ・入館時の検温、手指消毒、来館者記録の記載
 ・入館状況による入館者数の制限

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す