コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★ 9月23日(木・祝)~11月3日(水・祝) 美男におわす 埼玉県立近代美術館

W'UP! ★ 9月23日(木・祝)~11月3日(水・祝) 美男におわす 埼玉県立近代美術館

2021年9月23日(木・祝)~11月3日(水・祝)
美男におわす

 かまくらや みほとけなれど 釈迦牟尼は 美男におわす 夏木立かな ― 与謝野晶子

 「美男におわす」は、絵画をはじめとする日本の視覚文化に表された美少年、美青年のイメージを追い、人々が理想の男性像に何を求めてきたかを探る試みです。
 日本美術史において「美人画」とよばれることの多い女性像は、江戸時代の浮世絵や近代絵画において隆盛をきわめ、現在も高い人気を誇っています。一方、男性像に目を向けると、その時々の社会情勢や流行、 男性観などが反映された作品が数多く存在するものの、「美男画」といった呼称でひとくくりにされること はありませんでした。
与謝野晶子が鎌倉の大仏の姿に自分なりの「美男」を見いだしたように、人々は男性像に理想を投影し、心をときめかせてきました。あるときは聖なる存在として、またあるときは憧れのヒーローとして、あるいは性愛の対象として、さまざまな男性像が制作され、受容されてきたといえます。
 しかしながら、美術史の分野において、男性を美しいものとして表現すること、見ること、そして語ることには、まだ十分な光が当たっているとはいえません。ライフスタイルや嗜好が多様化した現在、果たして 「美男画」との出逢いはどのようなものになるでしょうか。
いざ、増殖する美男の園へ。美男をめぐる旅をはじめましょう。

高畠華宵 《月下の小勇士》 1929、弥生美術館 [後期展示]
山村耕花 《梨園の華 初世中村鴈治郎の茜半七》 1920、島根県立美術館 [後期展示]
木村了子 《男子楽園図屏風 − EAST & WEST》(左隻) 2011、作家蔵 撮影:宮島径
木村了子 《男子楽園図屏風 − EAST & WEST》(右隻) 2011、作家蔵 撮影:宮島径
森栄喜 《"Untitled" from the Family Regained series》 2017、作家蔵
Courtesy of KEN NAKAHASHI
絵師不詳 《大小の舞図》 17 世紀、板橋区立美術館 [後期展示]
市川真也 《Lucky star》 2021、作家蔵 写真提供:ギャラリイ K
山本タカト《Nosferatu・罠》 2018、個人蔵
三宅凰白 《楽屋風呂から》 1915、京都市立芸術大学芸術資料館
入江明日香 《廣目天》 2016、丸沼芸術の森

展覧会のみどころ
 江戸時代から現代まで、日本の視覚文化のなかの美少年・美青年のイメージを、浮世絵・日本画・彫刻・挿絵・マンガ・写真といった幅広いジャンルから紹介します。
 人々の理想が投影された多様な男性像を、「美人画」ならぬ「美男画」として提示すること で、男性を美しいものとして表現すること/見ることに光を当てます。

展示構成

第一章 伝説の美少年 出品作家 
今村紫紅、入江明日香、狩野惟信(養川院)、菊池契月、高畠華宵、谷文晁、豊原国周、蕗谷虹児、松岡映丘、松本楓湖、松元道夫、安田靫彦、山岸凉子

第二章 愛しい男 出品作家
歌川国芳、懐月堂派、勝川春潮、金子國義、喜多川歌麿、鈴木春信、高畠華宵、菱川派、魔夜峰央、宮川一笑、宮川長春、三宅凰白、村山槐多、山本タカト、山本藤信、吉川観方、四谷シモン

第三章 魅せる男 出品作家 
井上東籬、歌川国貞、歌川豊国(初代)、歌川豊国(二代)、歌川豊国(三代)、東洲斎写楽、鳥居清長、菱川師胤、山村耕花

第四章 戦う男 出品作家 
猪飼嘯谷、伊藤彦造、歌川国芳、川合玉堂、車田正美(原作)/森下孝三・菊池一仁(シリーズディレクター)、高畠華宵、月岡芳年、乃希、松岡映丘、安田靫彦、山口晃、山口将吉郎

第五章 わたしの「美男」、あなたの「美男」 出品作家 
ヨーガン・アクセルバル、市川真也、井原信次、海老原靖、金巻芳俊、川井徳寛、木村了子、竹宮惠子、唐仁原希、舟越桂、森栄喜、田芙希子、よしながふみ

※ 出品作家は五十音順に記載しました。
※ 会期中に展示替を行います。一部の作家は前期あるいは後期のみの出品となります。
※ 出品作品は変更になる可能性があります。
※出品点数 約190点(前期・後期の合計点数)

美男におわす
会 期
 2021年9月23日(木・祝)〜11月3日(水・祝)
会期中に一部展示替えがあります。
前 期 10月10日(日)まで
後 期 10月12日(火)から
休館日 月曜日
開館時間 10:00〜17:30(展示室への入場は17:00まで)
観覧料 一般 1200円(960円)、大高生 960円(770円)
※( )内は20名以上の団体料金
※中学生以下と障害者手帳をご提示の方(付き添い1名を含む)は無料です。
※併せて MOMAS コレクション(1F 展示室)もご覧いただけます。
主 催 埼玉県立近代美術館
協 力 ヤマト運輸株式会社、JR東日本大宮支社、FM NACK5

W’UP! ★7月17日〜 10月17日 2021 MOMASコレクション 第2期 埼玉県立近代美術館 1階展示室

住所埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
TEL048-824-0111
WEBhttps://pref.spec.ed.jp/momas/
開館時間10:00~17:30 (展示室への入場は17:00まで)
休み*1月曜日(祝日または県民の日の場合は開館) 年末年始、メンテナンス日
ジャンル近代美術、現代美術、日本画、彫刻、工芸
入場料入館料:無料。 MOMASコレクション:一般200円(120円)、大高生100円(60円)。 企画展:展覧会ごとに定めます。 ※( ) 内は団体20名以上の料金です。 ※中学生以下、障害者手帳をご提示の方 (付き添いの方1名を含む) は無料です。
アクセスJR北浦和駅西口より徒歩3分(北浦和公園内)
収蔵品https://pref.spec.ed.jp/momas/%E5%8F%8E%E8%94%B5%E5%93%81%E7%B4%B9%E4%BB%8B

*1 このほかにも臨時休館する場合あり

埼玉県立近代美術館

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)