コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP! ★7月16日~10月2日 シアトル→パリ 田中保とその時代/アーティスト·プロジェクト#2.06 髙橋 銑 いき、またいきるまで 埼玉県立近代美術館

W'UP! ★7月16日~10月2日 シアトル→パリ 田中保とその時代/アーティスト·プロジェクト#2.06 髙橋 銑 いき、またいきるまで 埼玉県立近代美術館

 

2022年7月16日(土)~10月2日(日)
シアトル→パリ 田中保とその時代

 岩槻生まれの画家、田中保(たなか・やすし、1886-1941)の回顧展を、当館では25年ぶりに開催します。
 18歳で移民としてシアトルに渡った田中は、働きながら絵を学び、画家としての地位を確立しました。シアトルで出会った美術批評家、ルイーズ・ゲブハード・カンとは、国籍の違いを乗り越えて1917年に結婚しています。
 1920年にパリに移住した後は、サロン・ドートンヌなどの展覧会に出品を重ねて評価を高め、肖像画や裸婦像といった分野で自らの芸術を開花させます。パリで人気画家となってからも、田中の胸中には祖国でこそ認められたいという思いがありました。しかし、日本の美術教育を受けず、アメリカで身を立ててきた田中は、生前に日本の画壇から受け入れられることはありませんでした。1970年代に作品がまとめて紹介されたことで再評価の機を得たものの、その生涯にはなおも多くの謎が残されています。
 この展覧会では、埼玉県立近代美術館のコレクションを中心に借用作品を交え、最新の研究成果によって田中の画業を振り返ります。あわせて田中が生活した20世紀初頭のシアトルの状況や、パリで同時期に制作した美術家を紹介します。国際化が進み、人の移動がますます活発になった現在の視点から、海を渡って活動した田中の実像を再検証する試みです。
※出品点数 約100点

田中保《自画像》1915年 埼玉県立近代美術館蔵
田中保《キュビスト A》1915年 埼玉県立近代美術館蔵
田中保《東洋の少女(しとやかなナイチンゲール)》1918年頃
埼玉県立近代美術館蔵
田中保《花》1917-20年 埼玉県立近代美術館蔵
田中保《裸婦》1924年 埼玉県立近代美術館蔵
田中保《黄色のドレス》1925-30年 埼玉県立近代美術館蔵
田中保《サン・ベネゼ橋》1928年頃 埼玉県立近代美術館蔵
田中保《猫と花》1920-40年 埼玉県立近代美術館蔵

展覧会の見どころ
 埼玉県立近代美術館が所蔵する田中保の油彩画、ドローイング、資料を一挙公開!当館では25年ぶりの回顧展です。
 岩槻からシアトル、そしてパリへ。海を渡った幻の画家、田中保の生涯と実像を、最新の研究成果によって時代とともに再検証します。

展示構成
第1章 田中保、船出する
 岩槻に生まれた田中保は、旧制浦和中学を卒業後の1904年末、単身でシアトルに渡りました。働きながら画家を目指した初期の画業を、同じ画塾で学んだ清水登之の作品とともに紹介します。
第2章 シアトルの前衛画家
 シアトルで画家としての地位を確立した時期の裸婦像や風景画を紹介します。前衛芸術への関心から一時は抽象絵画に接近したほか、1915年にはパナマ·パシフィック万博に出品。美術批評家、ルイーズ·ゲブハード·カンとの異人種間の結婚は、アメリカ各地でスキャンダラスに報じられました。
第3章 肖像画が明かす人間関係
 田中がシアトル時代に制作した肖像画のなかには、近年モデルが判明したものがあります。田中の活動に影響を及ぼしたモデルたちとの交流とともに、代表作を紹介します。
第4章 パリの異邦人、ヤスシ·タナカ
 1920年、田中はルイーズとともにパリへ移住し、個展の開催やサロンへの出品を通して名声を高めていきます。華々しい活躍の裏には、日本での成功への強い思いと、日本人美術家たちとの間の溝がありました。田中の画業を決定づける年となった1924年に焦点をあて、パリ時代の裸婦像や肖像画を、同時代美術家の作品を交えて紹介します。
第5章 パリのサロン画家
 日本での活躍の見込みが絶たれた後も、田中は1941年に亡くなるまで精力的にサロン出品を続けました。フランス各地で描かれた風景画、装飾美術への関心を反映したサロン出品作と推定される作品などを紹介します。

会 期 2022年7月16日(土)~10月2日(日)
※会期中、一部作品の展示替えがあります。
 前期 8月21日(日)まで
 後期 8月23日(火)から
休館日 月曜日(7月18日、8月15日、9月19日は開館)
開館時間 10:00~17:30(展示室への入場は17:00まで)
観覧料 一般900円(720円)、大高生720円(580円)
※( ) 内は20名以上の団体料金。
※中学生以下、障害者手帳等をご提示の方 (付き添いの方1名を含む) は無料です。
※併せてMOMASコレクション (1階展示室) もご覧いただけます。
関連イベント
予定等の詳細は決定しだいホームページ等でお知らせします。
スライドトークのご案内
ご希望のグループにスライドを使って展覧会の見どころをご案内します(予約制)。
※お問い合わせ、ご予約は教育・広報担当(問い合わせ先:048-824-0110)まで。


 

髙橋銑《Cast and Rot No.1》2019年

2022年7月16日(土)~10月2日(日)
アーティスト·プロジェクト#2.06 髙橋 銑
いき、またいきるまで

 現在活躍中のアーティストを紹介する「アーティスト・プロジェクト#2.0」。2022年度は、新進気鋭のアーティスト・髙橋銑を迎えます。髙橋は東京藝術大学で彫刻を専攻し、現代美術の分野で活躍するかたわら、彫刻作品の保存修復にも携わってきました。近年では、保存修復の仕事のなかで培われた美術作品への洞察を起点に、作品の永続性や、作品の保存に関わる制度そのものを批評的に問う実践を展開しています。
 作品の素材となる物質の変化や、物質が内包する時間に注目しながら、有限や消失、ときに死について表現する髙橋の作品は、人間の生というタイムスケールを越えた、普遍的な視点を私たちに与えてくれます。公立美術館での初個展となる本展では、ブロンズの保存技法をそのままニンジンに適用した代表作「Cast and Rot」シリーズをはじめ、新作を中心に展示します。

髙橋銑「CAST AND ROT」展示風景(LEESAYA、2021年)

髙橋 銑(たかはし せん)
 1992年東京都に生まれる。2021年東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修士課程修了。近現代彫刻の保存修復に携わりながら、自身もアーティストとして作品制作を行う。保存修復の知識や経験を起点とし、彫刻、映像、インスタレーションなど多岐にわたる作品を展開している。
近年の主な展覧会
2019 グループ展「生きられた庭」(京都府立植物園)
2020 グループ展「余白/Marginalia」(SNOW Contemporary、東京)
グループ展「In a Grove」(LEESAYA、東京)
個展「二羽のウサギ/ Between two stools」(The 5th Floor、東京)
グループ展「Sustainable Sculpture」(駒込倉庫、東京)
2021 個展「CAST AND ROT」(LEESAYA、東京)
グループ展「一歩離れて/A Step Away From Them」(ギャラリー無量、富山)
2022 グループ展「Rebuilding」(染の里おちあい二葉苑、BaBaBa)

会 期 2022年7月16日(土)~10月2日(日)
休館日 月曜日(7月18日、8月15日、9月19日は開館)
開館時間 10:00~17:30
会 場 2階展示室D、地下1階センター・ホール
観覧料 無料
主 催 埼玉県立近代美術館
協 力 LEESAYA
助 成 公益財団法人 朝日新聞文化財団
企 画 松江李穂

W’UP! ★4月30日~8月28日 2022 MOMASコレクション 第1期 埼玉県立近代美術館

住所埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
TEL048-824-0111
WEBhttps://pref.spec.ed.jp/momas/
開館時間10:00~17:30 (展示室への入場は17:00まで)
休み*1月曜日(祝日または県民の日の場合は開館) 年末年始、メンテナンス日
ジャンル近代美術、現代美術、日本画、彫刻、工芸
入場料入館料:無料。 MOMASコレクション:一般200円(120円)、大高生100円(60円)。 企画展:展覧会ごとに定めます。 ※( ) 内は団体20名以上の料金です。 ※中学生以下、障害者手帳をご提示の方 (付き添いの方1名を含む) は無料です。
アクセスJR北浦和駅西口より徒歩3分(北浦和公園内)
収蔵品https://pref.spec.ed.jp/momas/%E5%8F%8E%E8%94%B5%E5%93%81%E7%B4%B9%E4%BB%8B

*1 このほかにも臨時休館する場合あり

埼玉県立近代美術館

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)