コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP!★ 8月7日~9月12日 画業60年のかわいい伝説 花村えい子と漫画 川越市立美術館

W'UP!★ 8月7日~9月12日 画業60年のかわいい伝説 花村えい子と漫画 川越市立美術館

2021年8月7日(土)~9月12日(日)
画業60年のかわいい伝説 花村えい子と漫画

イラスト『霧のなかの少女』 (ショウワノート)1967年
©FMG/Eiko Hanamura
『落窪物語』 (中央公論社)1997年
©FMG/Eiko Hanamura

 本展覧会では、約140点に及ぶ原画作品を軸に、制作時期を6つの章に分けて展示、描き続けられた漫画の中の“女性像”の推移と少女漫画の歴史に迫るとともに、1959年のデビューから60年以上に及ぶ制作活動の軌跡を辿ります。
 2020年12月3日に惜しくもこの世を去った漫画家・花村えい子(享年91歳)。花村が作家として歩んだ道のりは、そのまま少女マンガの歴史と重なります。女性の、女性による女性のための創作として世界でも稀有な表現とされる少女マンガを、黎明期から中心作家の一人として支えました。
 その作品は、エンターテインメント性溢れる情緒豊かな作風で人気を博し、多くの人を魅了する繊細な筆致でさまざまな世代の女性たちがそれぞれに抱える葛藤をもいきいきと描がかれています。
 時代によって移り変わる世相を鮮やかに掴みつつ、貸本から少女雑誌、学年誌から少女マンガ、そして青年誌・レディースコミックと、あらゆる媒体でクオリティの高い作品を晩年までコンスタントに発表し続け、生涯約550点もの作品を手がけました。長い作家人生の歩みは多岐に亘り、今ではその全仕事を追うことはかなり困難となっています。
 会場では、当時の貴重な資料と“カワイイ”をデザインしたカラフルな空間で、漫画とともに生きた花村えい子の作品と人生について、漫画家たちとの交流も紹介するなど作家の魅力にも迫ります。
 また、出身地である川越市での開催で、展覧会直前から地元の施設、ショップとのコラボレーションやイベントも予定され、街中で花村えい子の世界を楽しむ企画が予定されています。

花村えい子 Eiko Hanamura
©FMG/Eiko Hanamura

展覧会の見どころ 

女性アーティストが描く女性像の軌跡
 約140点の原画作品を制作時期に基づいて6つの章に分けて展示。少女漫画の歴史と女性像の推移とともに手がけた作品や作風の変化がわかります。色彩感あふれる表現力と躍動する少女たちの姿から、妖艶で表情豊かな大人の女性まで、繊細なタッチで表現された数々の作品を展示。
ミニシアターでの上映
 会場では、2本の映像を上映します。
1.2019年に収録されたインタビュー:約20分
 花村えい子本人へのインタビューを中心に、 元少女コミック編集長(小学館)、 元Hiミステリー編集長(宙出版)がそれぞれ、 ミステリー原作小説を扱う漫画家として先鞭を切った花村とミステリー漫画の誕生秘話を語ります。後半は、歴代アシスタント達と花村えい子による座談会で、当時の超多忙な制作のようすや食事の話など裏話満載の楽しいトークが繰り広げられます。
2.オリジナル「モーションコミック ふたりのふうせん」:約15分
 1971年、別冊少女コミック(小学館)で掲載された「ふたりのふうせん」に効果音やコマ割りを生かし“モーションコミック”として編集、新しい作品として生まれ変わりました。
貸し本漫画本、文房具、着せかえなどの貴重な現物展示
世代を超えた漫画家達との交流
 ちばてつや、さいとうたかを、わたなべまさこ、辛酸なめ子など、交流のあった漫画家からの画業60周年のお祝いメッセージや瀬戸内寂聴氏からの直筆手紙などが展示されます。
子供から大人まで楽しめる展示
 大型のBOOK型什器や特製フォトスポット(会場内はすべて撮影可)、ぬり絵コーナーなど、カラフルで立体的な展示会場は、少女漫画の世界を体感でき、誰でも楽しめる空間となっています。

展示風景 嘉麻市立織田廣樹美術館(2019)
©FMG/Eiko Hanamura
当時の文房具など
©FMG/Eiko Hanamura
「霧のなかの少女」マーガレット連載原稿 (集英社)1966年
©FMG/Eiko Hanamura

画業60年のかわいい伝説 花村えい子と漫画
会 場 川越市立美術館
会 期 2021年8月7日(土)~9月12日(日)
休館日 月曜日(8/9は開館)、 8/10(火)
時 間 9:00~17:00(入場は16:30まで)
入場料 600円(一般)、300円(大学生・高校生)、中学生以下無料
※団体料金(20名以上)
480円(一般)/240円(大学生・高校生)
※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳又は療育手帳をご持参の方とその介護者は1名無料
※「川越きものの日」にちなみ、毎月8、18、28日に着物で来館された方は、団体料金を適用
展覧会特設サイト https://60th.eiko-hanamura.com/

住所埼玉県川越市郭町2-30-1
TEL049-228-8080
WEBhttps://www.city.kawagoe.saitama.jp/artmuseum/
開館時間*19:00 ~ 17:00
休み*2月曜日(祝日は開館、翌日閉館)
ジャンル*3地域ゆかりの近~現代美術
観覧料*4常設展 大人200円、大高100円、企画展は別
アクセス*5川越駅・西武新宿線本川越駅より路線バス
収蔵品https://www.city.kawagoe.saitama.jp/artmuseum/collection/index.html
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

川越市立美術館

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 ※新型コロナウイルス感染防止対策のため運営形態が一部変更になっています。詳しくは公式HPをご確認ください。

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す