コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP!★8月3日~9月4日 特集展示「もの」からみる近世『水滸伝ブームの広がり』 国立歴史民俗博物館/ 特別企画『伝統の朝顔』 国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑

W'UP!★8月3日~9月4日 特集展示「もの」からみる近世『水滸伝ブームの広がり』 国立歴史民俗博物館/ 特別企画『伝統の朝顔』 国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑
 
歌川国芳「通俗水滸伝豪傑百八人之一個(壱人)」より「浪裡白跳張順」
文政(1818~30)末~天保(1830~44)初期  国立歴史民俗博物館蔵
 

2022年8月3日(水)~9月4日(日)
特集展示「もの」からみる近世『水滸伝ブームの広がり』

 中国の小説『水滸伝』は江戸初期に伝来し、漢学者たちの間で関心を持たれていましたが、岡島冠山(おかじまかんざん)による翻訳『通俗忠義水滸伝』(宝暦7~寛政2年·1757~90)の刊行や、より読みやすい挿絵入りの読本や草双紙化したものが出版されるなどして、次第に読者層を拡大していきます。舞台設定を日本に変えた山東京伝(さんとうきょうでん)の『忠臣水滸伝』、曲亭馬琴(きょくていばきん)の『傾城水滸伝』や『南総里見八犬伝』なども生み出されました。こうした大衆的レベルでの水滸伝ブームは浮世絵の世界にも波及し、文政(1818~30)末期に出た歌川国芳の錦絵シリーズ「通俗水滸伝豪傑百八人之一個(壱人)(つうぞくすいこでんごうけつひゃくはちにんのひとり)」は武者絵というジャンルの流行に大きな役割を果たします。

 また『水滸伝』は、そのほかにも狂歌や見世物などさまざまな分野で題材とされただけでなく、そのイメージは、江戸末期の侠客や博徒を描く講談や浮世絵に重ねられていきます。このように『水滸伝』は江戸末期の大衆文化をかたちづくる豊かな土壌となったのです。

 本展では、冠山訳『通俗忠義水滸伝』の他、『水滸伝』を扱った葛飾北斎ら浮世絵師たちの版本、あるいは『水滸伝』の豪傑たちを描く国芳らの錦絵、幕末の侠客物(きょうかくもの)への波及作などを展示して、江戸時代末期の大衆文化における水滸伝ブームの広がりを垣間見ていきます。

歌川国芳「通俗水滸伝豪傑百八人之一個(壱人)」より「花和尚魯知深初名魯達」文政10年(1827)頃 国立歴史民俗博物館蔵

みどころ
 歌川国芳の出世作で、浮世絵の武者絵の有名シリーズ「通俗水滸伝豪傑百八人之一個(壱人)(つうぞくすいこでんごうけつひゃくはちにんのひとり)」から、出来栄えの優れた作を展示します。力強く、躍動感あふれる描写をお楽しみください。

 また『水滸伝』のブームが、出版のみならず江戸末期の大衆文化のさまざまな分野に波及したことを視覚的にお示しします。

一恵斎芳幾 松本喜三郎の生人形 安政3年(1856)国立歴史民俗博物館蔵
葛飾北斎『忠義水滸伝画本』より「浪裡白跳張順」他 文政12年(1829)
国立歴史民俗博物館蔵

特集展示「もの」からみる近世『水滸伝ブームの広がり』
開催期間  2022年8月3日(水)~9月4日(日)
会 場 国立歴史民俗博物館 第3展示室 特集展示室
料 金  一般 600円、大学生 250円、高校生以下無料
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※障がい者手帳等保持者は手帳等の提示により、介助者と共に入館無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。
※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入館料が割引になります。

開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(月曜日が休日の場合は開館し、翌日休館)
※8月15日(月)は開館
主 催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館


黄糸柳葉紅細切采咲牡丹
 

2022年8月3日(水)~9月4日(日)
くらしの植物苑 特別企画『伝統の朝顔』

 朝顔は古くから多くの人々に親しまれてきました。特に江戸時代以降、文化・文政期、嘉永・安政期、明治・大正期など、繰り返し朝顔ブームが訪れ、変化朝顔とよばれる、朝顔に見えないような多様な形の花と葉を持つ朝顔が創り出されてきました。特に、朝顔は一年草であるにも関わらず、種子を結ばない変異も種子によって維持してきたことは世界的に見ても特異なもので、幕末の嘉永・安政期にはきわめて多くの品種が創り出されていたようです。
 しかし、大正期以降、現在でも広く栽培されている大輪朝顔の栽培が盛んになる一方、変化朝顔の愛好家は次第に減少し、第二次世界大戦後の変化朝顔はわずか数名の愛好家によって維持される状況になりました。幸いなことに、江戸期に起源を持つ変化朝顔の変異の多くは、愛好家や研究者の努力によって現在まで維持されているのです。そこで、江戸時代以降の独創的な知識と技術を駆使してつくり上げられた伝統の朝顔を広く知っていただき、人と植物との関わりを見るべく、当苑では1999年以降、歴史資料としてこれらの朝顔を展示してきました。
 今回は、「続・外国人がみた変化朝顔」をテーマに、昨年の続編として、エリザ・シドモアや津田梅子、彼女の父である津田仙により明治期に外国で紹介された変化朝顔について、パネルで展示します。また、くらしの植物苑内のビニルハウス、東屋(あずまや)、よしず展示場に、当苑で栽培した鉢植えの朝顔を展示します。

黄蝉葉栗皮茶丸咲大輪(団十郎)
青尾長立田葉淡青切咲
黄斑入蝉葉納戸時雨絞丸咲大輪(蝶々夫人)

開催期間 2022年8月3日(水)~9月4日(日)
会 場 国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑
料 金 個人 100円
※高校生以下は入苑無料。
※障がい者手帳等保持者は手帳等提示により、介助者と共に入苑無料。
※博物館の総合展示・企画展示は別途料金がかかります。
※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入館料が割引になります。
開苑時間 9:30~16:30(入苑は16:00まで)
※8月15日(月)~21日(日)は8時30分から開苑いたします。
※開花の特性上、午前中の早い時間が見ごろです。
休苑日 毎週月曜日(休日の場合は翌日休苑)※8月15日(月)は開苑します
主 催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

変化朝顔 正木系40系統、出物25系統
明治時代以降の大輪朝顔25系統程度
ヨーロッパ・北米産の近縁の朝顔 10系統程度
計 約100系統、約700鉢を展示
公的機関としては日本最大規模です!

豆知識 ー変化朝顔の名称-
 江戸時代に育まれた園芸植物の中で、変化朝顔には特異な名称がつけられています。第一次ブーム(文化・文政期)の番付表にはその走りが見られますが、第二次ブーム(嘉永・安政期)に基本ができあがります。それは葉の色、模様・質・形、茎の形、花の色・模様・花弁・咲き方・花弁の重ねを順番に記述し、必要に応じて付加してゆく命名法で、現在の遺伝学から見ても非常に理にかなったものです。

 たとえば「青水晶斑入弱渦柳葉淡藤爪覆輪采咲牡丹(あおすいしょうふいりじゃっかやなぎばあわふじつめふくりんさいざきぼたん)」を見てみましょう。まず始めに、葉についての記述です。青(葉の色)・水晶斑入(模様)・弱渦(質)・柳葉(形)に分解できますが、これは青葉の水晶斑入で、「渦」と「柳」の突然変異が入った葉であることを示しています。次に、花についての記述です。葉の記述と同様に、淡藤(花の色)・爪覆輪(模様)・采咲牡丹(咲き方)に分解できますが、淡藤の地に覆輪が入った花色で、撫子のような花弁で、采咲という細かく切れた咲き方であることを示しています。

W’UP! ★3月15日~9月25日 特集展示「亡き人と暮らす-位牌・仏壇・手元供養の歴史と民俗-」 国立歴史民俗博物館

住所千葉県佐倉市城内町117
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
WEBhttps://www.rekihaku.ac.jp
開館時間*13月 ~ 9月 9:30 ~ 17:00、10月 ~ 2月 9:30 ~ 16:30(入館・入苑は閉館の30分前まで)
休み*2月曜日(休日は開館、翌日休館)、年末年始(12月27日〜1月4日)※最新情報はホームページにてご確認ください。
ジャンル*3歴史・考古・民俗関連
入場料*4一般 600円、大学生 250円、高校生以下無料 ※企画展示の料金はその都度別に定める
アクセス*5京成佐倉駅より徒歩約15分、またはJR総武本線佐倉駅からバス約15分
収蔵品データベースれきはく https://www.rekihaku.ac.jp/education_research/gallery/database/index.html
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

国立歴史民俗博物館

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 ホームページにて、「来館されるお客様へお知らせ」を掲載しております。
https://www.rekihaku.ac.jp/others/news/close/request_m.html

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)