コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★7月13日~9月20日 平木コレクションによる 前川千帆展コレクション展 /江戸絵画と笑おう 明治の戯画も大活躍! 千葉市美術館

W'UP! ★7月13日~9月20日 平木コレクションによる 前川千帆展コレクション展 /江戸絵画と笑おう 明治の戯画も大活躍! 千葉市美術館


2021年7月13日(火)~9月20日(月·祝)
平木コレクションによる 前川千帆展

 

前川千帆《少女》1927年頃 公益財団法人平木浮世絵財団蔵

 

《屋上風景》1931年 公益財団法人平木浮世絵財団蔵

 

《湖の見える室》1932年頃 千葉市美術館蔵

 

 前川千帆(まえかわせんぱん:1888-1960)は、恩地孝四郎・平塚運一とともに「御三家」と称された、近代日本を代表する創作版画家です。 京都に生まれ、漫画家として名を成すかたわら木版画を手がけ、清澄な彫摺と躍動感のあるユーモラスな造形により独自の作風を拓いたその作品は、今なお色褪せない魅力を有します。また近年、日本のアニメーション草創期に少なからぬ役割を果たした事実も掘り起こされ、マンガやアニメがクールジャパンの象徴として評価される今こそ再検証すべき作家と言えるでしょう。
 1977年にリッカー美術館で開催された「前川千帆名作展」以来、実に44年ぶりの大回顧展となる本展は、浮世絵の大コレクションで知られる公益財団法人平木浮世絵財団の所蔵品を中心に、約350点の作品から前川千帆の版業を総覧いたします。庶民のつましくも平和な日常に温かなまなざしを注ぎ、時にほのぼのと、時にしみじみと、人や街、温泉地を刻んだセンパンさんの作品世界を、どうぞお楽しみください。
※会期中に展示替えを行います。

前川千帆展 見どころ
1 創作版画「御三家」のひとり、前川千帆。44年ぶりの大回顧展!
2 知られざるマンガ家としての活躍、ジャパン・アニメーションとの関係とは。
3 温泉に風光明媚な景勝地...センパンさんのほのぼの版画ワールドで旅気分に。

前川千帆略歴
明治21年(1888)10月5日 京都市に生まれる。
明治40年(1907)関西美術院にて、浅井忠、鹿子木孟郎に師事。
明治45年(1912)頃 上京、東京パック社に入社、漫画を手がけはじめる。
大正6年(1917)読売新聞社に勤務。幸内純一とともにアニメーションの制作を手がける。
大正8年(1919)第1回日本創作版画協会展に出品、木版画の創作活動をはじめる。
昭和12年(1937)新聞雑誌の挿絵、漫画も盛んに制作、連載漫画「あわてものの熊さん」が人気となる。
昭和20年(1945)岡山県久米郡に疎開。
昭和25年(1950)疎開先から上京、杉並区に居住。
昭和35年(1960)棟方志功らとともに日本版画会(日版会)を創立。 11 月 17 日没(享年 72 歳)。

 

《山雀と少女》1955年 公益財団法人平木浮世絵財団蔵

 

《朝の浴場》1951年 公益財団法人平木浮世絵財団蔵

平木コレクションによる 前川千帆展
会期 2021年7月13日(火)〜9月20日(月・祝)
前期:7月13日(火)〜8月15日(日)
後期:8月17日(火)〜9月20日(月・祝)
休室日 8月2日(月)、8月16日(月)、9月6日(月)
※8月2日(月)、9月6日(月)は休館日
観覧料 一般1,200円(960円)大学生700円(560円)小・中学生、高校生無料
※「前川千帆展」と「江戸絵画と笑おう」の共通チケット
※( )内は前売券、および市内在住65歳以上の料金
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※前売券はミュージアムショップ、ローソンチケット(Lコード:35076)、セブンイレブン(セブンチケット)および、千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口にて7月12日まで販売(7月13日以降は当日券販売)。
☆リピーター割引:共通チケット(有料)半券のご提示で、2回目以降の観覧料半額
☆ナイトミュージアム割引:金・土曜日の18:00以降は共通チケットが半額になります


 

中村芳中『光琳画譜』より 享和2年(1802)刊 千葉市美術館(ラヴィッツ・コレクション)

江戸絵画と笑おう

 「江戸・明治の絵画」というと、難しくてとっつきにくいイメージがあるかもしれません。そこで本展では千葉市美術館のコレクションの中から「笑 い」をキーワードとして、現代の私たちにも自然に楽しめる、親しみやすい作品を集めてみました。
 犬や猫たちの無敵のかわいさに 「うふふ」と頬がゆるむ動物画、ウィットに富む図柄に思わず 「くすり」とさせられる戯画、ユーモアを交えて教義を伝える禅画など、その魅力は実に様々です。夏の暑さに疲れたら、美術館でほっこり一休み。多彩な作品と触れ合う、和やかなひと時をお楽しみください。

 

仙厓義梵《鍾馗図》江戸後期 旧ピーター・ドラッカー山荘コ レクション(千葉市美術館寄託)

 

長澤蘆雪・曾道怡《花鳥蟲獣図巻》寛政7年(1795) 千葉市美術館蔵

 

鳥文斎栄之《三福神吉原通い図巻》文化期(1804-18)頃 千葉市美術館蔵

コレクション展
江戸絵画と笑おう 明治の戯画も大活躍!
会期 2021年7月13日(火)〜9月20日(月・祝)
休室日 8月2日(月)、8月16日(月)、9月6日(月)
※8月2日(月)、9月6日(月)は休館日
観覧料 一般1,200円(960円) 大学生700円(560円) 小・中学生、高校生無料
※「前川千帆展」と「江戸絵画と笑おう」の共通チケット
※「江戸絵画と笑おう」のみご観覧の方は、一般500(400)円、大学生400(320)円
※( )内は前売券、および市内在住65歳以上の料金
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※共通チケット前売券はミュージアムショップ、ローソンチケット(Lコード:35076)、セブンイレブン(セブンチケット)および、千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口にて7月12日まで販売(7月13日以降は当日券販売)。
☆リピーター割引:前川千帆展との共通チケット(有料)半券のご提示で、2回目以降の観覧料半額
☆ナイトミュージアム割引:金・土曜日の18:00以降は前川千帆展との共通チケットが半額になります

同時開催
5階常設展示室「千葉市美術館コレクション選」

住所千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL043-221-2311
WEBhttps://www.ccma-net.jp/
開館時間*110:00 ~ 18:00(金・土曜日は、20:00まで)※入場受付は閉館の30分前まで
休み*2毎月第1月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)、メンテナンス日
ジャンル*3近代美術、現代美術、日本画、浮世絵
入場料*4常設展示 一般 300(240)円、大学生 220(170)円 企画展は展覧会ごとに異なります。子どもアトリエ 観覧料無料
アクセス*5JR千葉駅東口より徒歩15分、千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」より徒歩5分
収蔵品https://www.ccma-net.jp/collection/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)