W'UP! ★1月14日〜2月12日  瀧澤 美希「what do you value?」 GALLERY ROOM・A

W'UP! ★1月14日〜2月12日  瀧澤 美希「what do you value?」 GALLERY ROOM・A

 

2023年1月14日(土)〜2月12日(日)
瀧澤 美希「what do you value?」

 アート・コミュニケーションプラットフォーム「ArtSticker」が運営するコマーシャルギャラリーGALLERY ROOM・Aで、瀧澤 美希による初個展「what do you value?」を開催。
 瀧澤は2017年に多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業。卒業制作では彼女の代名詞とも言える、動きを加えた筆致「ジグザグ」を用いた、高さ200cm×幅380cmの大作《FREE》を描き、その年の優秀賞を受賞しました。卒業後はアメリカに渡り、異国の文化に触れ、啓蒙主義と資本主義を体感しその後、2021年末に日本に帰国しました。そして2023年1月の本展「what do you value?」(GALLERY ROOM・A)が瀧澤にとっての初個展となります。展示作品は新作をメインに、8点の絵画で構成いたします。

Escape from Freedom Oil on canvases 2021年
vitality Oil on canvases 2022年
ceramic dog V  Oil on canvas 2022

展覧会ステートメント
 作品のギザギザは、2色以上の色彩で構成して作っています。この色彩は、「対話」を意味する。「対話とは2つの異なった、しかも同じ方向を目指す考えが出会うことである。違うまま同じ」とフランスの美術批 評家ルネユイグ氏は述べている。戦争や分断、グローバル化が進んだ現代において「対話」の重要性は増しているように思う。差異や差別を越えていくために。ひとつの絵画空間に違うまま共存している。こんなスマートな時代に、私は今これをあえて表現したい。そして、今回の展示ではこの中道思想を目に見える形に表したこのギザキザを使って自分なりに勉強しそれを咀嚼して、アメリカや社会で身を持って体験と確認してきた情勢など踏まえて今、時代に欠けてしまっている事柄を表現できる展示にしたいと考えました。私は、時代のありのままを知るために自分の目と足と人生を使い事実を確かめに行きたい。現代の人間の悩みや痛みに寄り添えるような絵画をつくるために。 生き方から構築した骨のある作品を作り続けたいです。 瀧澤 美希

瀧澤 美希 Miki Takizawa
2015年 教わりたい教授を追いかけて女子美から多摩美術大学へ三年次編入
2017年 多摩美術大学 卒業、卒業制作 優秀賞 2018年 今、足りてない生きた哲学を学びたいと思い仏壇屋さんで働きながら仏教を学ぶ
2021年 人間が軽視される構造の仕組みの一部である啓蒙主義と資本主義を体感したくてアメリカに渡る
2021年末 日本に帰り制作
2023年 GALLERY ROOM・Aにて初個展
https://www.instagram.com/fassion.miki/

瀧澤 美希「what do you value?」
会 期 2023年1月14日(土)〜2月12日(日)
会 場 GALLERY ROOM・A(東京都墨田区本所2-16-5 KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS 1Fストレージ)
開催時間 8:00〜23:00
休館日 会期中無休
観覧料 無料
アクセス 都営浅草線「浅草駅」徒歩8分 「本所吾妻橋駅」徒歩9分、都営大江戸線「蔵前駅」徒歩9分
URL https://artsticker.app/events/1671

GALLERY ROOM・A
 年齢やジャンルにとらわれず、国内外で活躍する様々なアーティストを紹介し、Artistの発表の場(ROOM)を創出しているコマーシャルギャラリー。アートプラットフォーム「ArtSticker」とインディペンデントキュレーターの⻘木 彬との共同運営で、定期的に企画展を展開していきます。ギャラリーでの個展や作品販売だけではなく、ホテル客室での展示企画や、地域性を活かしたワークショップや宿泊プログラム、トークイベントなどを通じて、“アート”を多様な解釈の中で経験するための場所としていきます。
Instagram https://www.instagram.com/gallery_room_a/

住所東京都墨田区本所2-16-5 KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS 1Fストレージ
TEL 
WEBhttps://artsticker.app/share/events/detail/371
営業時間*18:00〜23:00
休み*2展覧会中は無休
ジャンル*3現代美術、工芸
アクセス*4都営浅草線浅草駅より徒歩8分、本所吾妻橋駅より徒歩9分、都営大江戸線蔵前駅より徒歩9分
取扱作家 
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

「KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS」について

KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS 外観 (撮影:MARC AND PORTER)

 「KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS(以下、KAIKA 東京)」は、築55年(1966年築)の倉庫ビルを再生し、コンテンポラリーアートを公開保管しておくアートストレージ(収蔵庫)を併設したリノベーションホテルです。1階、地下1階の共用部に用意した計8区画のスペースを、アートギャラリーに「見せる収蔵庫」として利用してもらうことで、ゲストに日本の現代アートシーンを感じてもらうとともに、特別な空間体験を提供します。アートストレージ内の作品は入居するアートギャラリーの活動と連動しながら常に変化し、驚きや新しい発見のある空間となります。

 アートストレージは、宿泊者以外の方もご利用いただけるバーラウンジ(全46席)や、地階にある天井高4.5mの宿泊者専用ラウンジなどに配置。広々とした共用空間で、ゲストは普段垣間見ることができないアートの“裏側”を感じながらお酒を楽しんだり、旅路の計画を立てたりとそれぞれの時間をお過ごしいただけます。施設内にはアーティストの作品集などを扱う物販コーナーや企画展スペースを設け、アートにまつわるイベントも実施予定。様々な角度からアートとゲストをつなぎます。

KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS(カイカ トウキョウ バイ ザ シェア ホテルズ)
URL https://www.thesharehotels.com/kaika/

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)