W'UP! ★9月10日~10月16日 Painter gals carandsex(川上愛里・野地ことみ・山中雪乃) 「Palpebra」 GALLERY ROOM・A

W'UP! ★9月10日~10月16日 Painter gals carandsex(川上愛里・野地ことみ・山中雪乃) 「Palpebra」 GALLERY ROOM・A

 

Painter gals carandsex「Palpebra」キーヴィジュアル

2022年9月10日(土)~10月16日(日)
Painter gals carandsex(川上愛里・野地ことみ・山中雪乃)
「Palpebra」


 GALLERY ROOM・Aでは2022年9月10日(土)より川上愛里・野地ことみ・山中雪乃の3人で結成されたペインターギャルズ、Painter gals carandsexによる展覧会「Palpebra」を開催いたします。川上は1998年大阪府生まれ。人間とその身体の奥深くに眠る自然との関係性に着目し、主体としての身体をすべての人たちのために取り戻すことを目指しています。”キャンバスの向こう側にある世界(場所、place、there)とキャンバスのこちら側の現世を繋ぐ/隔てるための窓”としての絵画を描いています。

 野地は1999年群馬県生まれ。自分が見つけた限りの自然や人を、誰かに手紙を書くように描きたいと考えています。山中は1999年⻑野県生まれ。絵画をモチーフ、写真、支持体、様々なレイヤと自分の視点を通して構成し、そうして生まれる操作と偶然から「存在」について考えています。本展に向けて3人がそれぞれの視点で新作を発表し、共鳴し合うような空間をつくり上げます。ぜひこの機会にご覧ください。

Image by Airi Kawakami(参考作品)
Image by Kotomi Nojii(参考作品)
Image by Yukino Yamanaka(参考作品)

展覧会ステートメント

 palpebraは赤い肉のオーヴだ。
 本当に目に見えるものは血潮だけ。暗闇の崖に立ち吹き荒れる嵐に包まれたときも、視界に入る人々にうんざりして目を瞑った時もそうだった。ダヴィンチのベツヘレムの星の草の素描を見た時、まるで寄り合った若い魔女たちのまつ毛みたいだと思った。私の痛みは、雪原に刺さったナイフから溢れ出る熱い溶岩で出来たブローチだ。あるいは、大事なことが揮発してゆく朝。立ち尽くすままの夕焼け。
 それはいつも、瞼の奥の左右の視神経が交叉する場所にある。貴方達や私にとって本当に大切なことは、そこへ行くと知ることができる。
 - Painter gals carandsex

Painter gals carandsex

川上 愛里 Airi Kawakami
1998年 大阪府生まれ
2022年 京都芸術大学 美術工芸学科油画コース 卒業
2022年 東京藝術大学 美術研究科修士課程油画専攻第六研究室 入学(在学中)

野地 ことみ Kotomi Noji
1999年 群馬県生まれ 2021年 京都芸術大学美術工芸学科油画コース卒業

山中 雪乃 Yukino Yamanaka
1999年 ⻑野県生まれ
2021年 京都芸術大学 美術工芸学科油画コース 卒業 2021年 京都芸術大学大学院 美術工芸領域 油画領域 入学 (在学中)

Painter gals carandsex(川上愛里・野地ことみ・山中雪乃)
「Palpebra」
会 期 2022年9月10日(土)〜10月16日(日)
会 場 GALLERY ROOM・A(東京都墨田区本所2-16-5 KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS 1Fストレージ)
開催時間 8:00〜23:00
休館日 会期中無休
観覧料 無料
アクセス 都営浅草線「浅草駅」徒歩8分「本所吾妻橋駅」徒歩9分、都営大江戸線「蔵前駅」徒歩9分
URL https://artsticker.app/events/1495

住所東京都墨田区本所2-16-5 KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS 1Fストレージ
TEL 
WEBhttps://artsticker.app/share/events/detail/371
営業時間*18:00〜23:00
休み*2展覧会中は無休
ジャンル*3現代美術、工芸
アクセス*4都営浅草線浅草駅より徒歩8分、本所吾妻橋駅より徒歩9分、都営大江戸線蔵前駅より徒歩9分
取扱作家 
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

「KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS」について

KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS 外観 (撮影:MARC AND PORTER)

 「KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS(以下、KAIKA 東京)」は、築55年(1966年築)の倉庫ビルを再生し、コンテンポラリーアートを公開保管しておくアートストレージ(収蔵庫)を併設したリノベーションホテルです。1階、地下1階の共用部に用意した計8区画のスペースを、アートギャラリーに「見せる収蔵庫」として利用してもらうことで、ゲストに日本の現代アートシーンを感じてもらうとともに、特別な空間体験を提供します。アートストレージ内の作品は入居するアートギャラリーの活動と連動しながら常に変化し、驚きや新しい発見のある空間となります。

 アートストレージは、宿泊者以外の方もご利用いただけるバーラウンジ(全46席)や、地階にある天井高4.5mの宿泊者専用ラウンジなどに配置。広々とした共用空間で、ゲストは普段垣間見ることができないアートの“裏側”を感じながらお酒を楽しんだり、旅路の計画を立てたりとそれぞれの時間をお過ごしいただけます。施設内にはアーティストの作品集などを扱う物販コーナーや企画展スペースを設け、アートにまつわるイベントも実施予定。様々な角度からアートとゲストをつなぎます。

KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS(カイカ トウキョウ バイ ザ シェア ホテルズ)
URL https://www.thesharehotels.com/kaika/

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)