W'UP!★10月7日~11月13日 写真展「はじめての、牛腸茂雄。」 渋谷PARCO8階「ほぼ日曜日」

W'UP!★10月7日~11月13日 写真展「はじめての、牛腸茂雄。」 渋谷PARCO8階「ほぼ日曜日」

 

2022年10月7日(金)~11月13日(日)
写真展「はじめての、牛腸茂雄。」

 写真展「はじめての、牛腸茂雄。」渋谷PARCOで開催。
 案内人は「はじめての人」代表 ギャグ漫画家・和田ラヂヲさんです。
 幼い頃にわずらった病のため身体にハンディキャップがありながらも、すばらしい作品を撮り続け、36歳という若さで病によって亡くなった写真家、牛腸(ごちょう)茂雄さんの写真展を、渋谷PARCO8F「ほぼ日曜日」で開催します。
 「写真展って敷居が高くて‥‥」「牛腸茂雄という人を知らないし‥‥」そんな方々のために今回、ギャグ漫画家の和田ラヂヲさんが「案内人」を引き受けてくださいました。和田ラヂヲさんも「牛腸茂雄を知らなかった人」です。「はじめての人代表」としてラヂヲさんは、順路の最初に「映像で」ご登場。展示を見る前の、プロローグを語ってくださいます。ラヂヲさんの話を聞いてから牛腸さんの写真を見れば‥‥。きっと、作品に写っている人々が、より愛おしく見えてくるはずです。
 会場では、約100点の写真を、そのプリントの美しさを「直接」、アクリル板なしで、ご覧いただけます。牛腸さんの写真を、見つめて、感じて、そして、たのしんでいってください。
 詳細は https://www.1101.com/hobonichiyobi/exhibition/5449.html にてご覧いただけます。

牛腸茂雄(ごちょう しげお)さんプロフィール
 写真家。1946年、新潟県加茂市生まれ。3歳で胸椎カリエスを患う。1965年、桑沢デザイン研究所に入学し、デザインと写真を学ぶ。1977年「SELF AND OTHERS」(白亜館)を自費出版。1978年、日本写真協会賞新人賞受賞。1983年、新潟の実家にて逝去。享年36。
※ほぼ日刊イトイ新聞に2016年に掲載された 「牛腸茂雄を見つめる目。」https://www.1101.com/gocho_miura/ もぜひお読みください。

写真展 はじめての、牛腸茂雄。案内人「はじめての人」代表 ギャグ漫画家・和田ラヂヲ
会 期 2022年10月7日(金)~11月13日(日)
時 間 11:00~20:00
入場料 600円(税込)
入場特典 案内人・和田ラヂヲさんのマンガつき小冊子
場 所 渋谷PARCO8階「ほぼ日曜日」(渋谷区宇田川町15-1)

本イベントの概要をご紹介します。
 牛腸茂雄さんの作品、約100点を展示します。今回の会場に並ぶ作品は、約100点。写真集をつくることをなにより大切にしていた牛腸さんが残した、貴重な作品群から選びました。「僕の写真は見過ごされてしまうかもしれないギリギリのところの写真なのです。一見、何の変哲もないところで、僕はあえて賭けているのです。」(〈姉への手紙〉より)ご本人がそう語る写真たちを、ぜひ会場でご覧ください。

上段左から<SELF AND OTHERS>よリ、1976-77年、/ <幼年の「時間(とき)」>より、1995年 / <日々>よリ、1971年 /<SELF AND OTHERS>よリ、1976-77年 / <見慣れた街の中で>よリ、1978-90年 / <SELF AND OTHERS>よリ、1976-77年。プリントの美しさを「直接」ご覧いただけます。

 展覧会にある作品は、アクリル板で保護されていることがほとんどです。本展では、そのアクリルを外すことにしました。写真は、撮るだけで完成ではなく「プリント」の技術がとても大事で、そこでやっと、写真家さんが表現したいことが、作り出されると言われています。そんな「プリント」の凄みもダイレクトに味わってもらいたいたくて、このチャレンジをしてみます。実現できたのは、いま、世界でただひとり牛腸さんの作品を現像できる、写真家・三浦和人さんのご快諾があったからです。三浦さんは今回の展覧会のために、あらためて、必要な作品を一枚いちまいプリントしてくださいました。アクリル越しではない、直接見る写真のパワーを、ご自身の目で感じてください。
 【お願い】貴重な写真に手や息などが触れないよう、どうか気をつけてご鑑賞ください。

牛腸さんの私物や日記を展示します。
 読んでいた本、日記、詩のノート、年賀状、担任の先生からのコメント‥‥。牛腸さんの私物を特別に展示します。写真家の牛腸さんですが、デザインに長けている面や、おちゃめな面もあるんですよ。お借りした貴重な私物からは、そんな一面を垣間見ることができます。

作品を見る前に必ず、案内人・和田ラヂヲさんのお話を聞いていただきます。
 入場したら、まず最初に小さな部屋に入り、そこで短い「映像」をご覧いただいてから、いよいよ写真展の会場へと進む‥‥。これが、「はじめての、牛腸茂雄。」の順路です。その「映像」に登場する案内人が、ギャグ漫画家の和田ラヂヲさん。この度はじめて牛腸さんのことを知った、ラヂヲさんのコメントを聞いてから写真展の会場へお進みください。より深く、より愛おしく、作品をご覧いただけると思います。
 入場特典は、案内人・和田ラヂヲさんのマンガつき小冊子。
 本展覧会の案内人をつとめてくださる和田ラヂヲさんが、今回のために「1コマが牛腸さんの写真」のオリジナル4コマ漫画を4本描きおろしてくださいました。こちらを小冊子にして、入場特典として差し上げます。「牛腸さんが写した瞬間の前後には、どんなことがあったんだろう‥‥」ということをイメージしながら描かれたものです。

和田ラヂヲ(わだらぢを)さんプロフィール
 ギャグ漫画家。1964年、愛媛県松山市生まれ。1991年9月「イキナリどうだ」(週刊ヤングジャンプ)でデビュー。2000年11月、「梅干しの種飛ばし」全国大会・男性の部優勝。16m63cmの記録で日本一 の座に輝く。2020年3月「容赦ない和田ラヂヲ」(イースト・プレス)、4月「和田ラヂヲの火の鳥」(マイクロマガジン社)を発売。

牛腸さんの全作品を収録した作品集を会場で先行予約。
 すばらしい写真集をたくさん手がけてきた「赤々舎」さんから、牛腸茂雄さんのすべての作品を収録した『午腸茂雄全集 作品編』が展覧会の会期中に発売されます。本展ではとくべつに、会場で先行受注を受け付けます。会期の途中からは、実物が店頭に並ぶ予定です。会場で写真集を予約、購入してくださった方には特製のステッカーをプレゼントします。この機会を、どうぞ、お見逃しなく。会場では、全集の制作過程の資料も展示する予定です。
『午腸茂雄全集 作品編』A4判変型 252ページ(予定)予価7,700円(税込)


展覧会開催を記念したオリジナルグッズも
牛腸茂雄さんのグッズは、世にほとんど存在しません。本展の開催を記念してオリジナルグッズをご用意しました。グッズは、会場のみでの販売を予定しています。また牛腸さんの作品から6点を選んだ「ポートフォリオ」も販売します。「コロタイプ」という技法をつかって緻密な部分まで、再現されています。実際に会場で、お手にとってご覧ください。

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)