コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★ 7月3日~7月24日 CORRESPONDENCE / LANDSCAPE(since 1996) Eriko “wind-scape” 工房 親

W'UP! ★ 7月3日~7月24日 CORRESPONDENCE / LANDSCAPE(since 1996) Eriko “wind-scape” 工房 親

2021年7月3日(土)~7月24日(土)
CORRESPONDENCE / LANDSCAPE(since 1996) Eriko “wind-scape”

 企画展「CORRESPONDENCE/LANDSCAPE ―wind-scapeー」にて「えり子」の個展 "wind-scape"を7月3日(土)から7月24日(土)まで開催いたします。
 企画展「CORRESPONDENCE/LANDSCAPE」は1996年から毎年開催。美術家のクボタタケオがディレクターとして企画する展覧会です。90年代の当初は「レンズ」から捉えた風景作品を中心に写真作品・映像作品を紹介してきました。20年以上の月日を経る間にそのコンセプトは徐々に変容し、近年は日常の場としての「風景」をレンズを通して捉えるのみでなく、様々なメディウムで対峙している作家の作品を紹介しています。
 本展は当初、2020年の開催予定で企画展25回目の節目でもありましたが、新型コロナウイルスの影響で延期し、2021年の開催となりました。若手作家による初個展を東京でご覧いただける数少ない機会です。是非お見逃しなくご高覧いただけましたら幸いです。

作家ステイトメント
風にそよぐ草原。水面のきらめき。自然の生動する風景は心地よい。その草や反射の光は、ひとつひとつが似たような動きをしていても、ひとつとして同じ動きはありません。そんな都度一回性でありながら韻のあるリズムに、人は心地よさを感じます。本展では、風の生起する風景をインスタレーションや平面作品に表現しました。常に生成と消滅を繰り返すリズムは、一度きりを重ねて生き、やがて消えていく自身の存在と共鳴するように感じます。

展覧会URL
https://www.kobochika.com/homepage/html/exhibition_202107.html

【Art News Liminality】アートとセラピー、あるいは変容のエコロジー―「Loop beyond Art 広がる、人と命の輪」をめぐって(予告編)その1

住所東京都渋谷区恵比寿 2-21-3
TEL03-3449-9271
WEBhttps://www.kobochika.com/
営業時間*112:00 〜 19:00
休み*2月、 火
ジャンル*3現代美術
アクセス*4広尾駅より徒歩6分、恵比寿駅西口より徒歩15分
取扱作家https://www.kobochika.com/homepage/html/artist.html
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

工房 親

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)