W'UP! ★11月4日〜12月10日 田沼武能 追悼写真展 「日本の子ども世界の子ども」 東京工芸大学中野キャンパス6号館 ギャラリー6B01

W'UP! ★11月4日〜12月10日 田沼武能 追悼写真展 「日本の子ども世界の子ども」 東京工芸大学中野キャンパス6号館 ギャラリー6B01

 

2022年11月4日(金)〜12月10日(土)
田沼武能 追悼写真展 「日本の子ども世界の子ども」


 本学(当時・東京写真工業専門学校)の卒業生で名誉教授であった写真家の田沼武能氏が、2022年6月1日に逝去されました。本学は、氏のこれまでの実績に敬意を表し本追悼展を企画しました。
本追悼展では、氏のライフワークの一つであった子どもの写真を、本学中野キャンパス6号館にある約160平方メートルのギャラリーで展示します。終戦後の東京から始まり、1960年代より世界120ヵ国を超える国々で撮影された子どもたちの写真の中から、選りすぐりの代表作80点を展示し、田沼氏の70年を超える写真家としての軌跡をたどります。
 故田沼氏は、1949(昭和24)年に本学の前身である東京写真工業専門学校を卒業されました。1995年から本学で教授として教鞭を執られ、2004年には名誉教授に就任。その後も学校法人東京工芸大学の理事、評議員を歴任され、本学の発展に多大な貢献を果たされました。
 長きにわたって写真家として第一線で活躍するだけでなく、日本写真家協会会長や、全日本写真連盟会長、日本写真著作権協会会長など、写真界の要職を歴任し、その多大なる功績が認められ、数々の栄誉ある賞が授与されたほか、2019年には写真家として初めてとなる文化勲章を受章するなど、まさに日本の写真界を代表する存在でした。
 作品の鑑賞を通して故・田沼武能氏を偲ぶ追悼展の概要は以下のとおりです。

田沼武能 追悼写真展 「日本の子ども世界の子ども」
会 期 2022年11月4日(金)〜12月10日(土)
休館日 日曜・祝日休館
時 間 10:00〜19:00 予約不要
料 金 無料
会 場 東京工芸大学中野キャンパス6号館 ギャラリー6B01(東京都中野区弥生町1-10 地下1階)
主 催 東京工芸大学
協 力 株式会社クレヴィス/東京工芸大学同窓会
企 画 写大ギャラリー運営委員会
URL https://www.t-kougei.ac.jp/activity/archives/2022/article_85297.html

田沼武能
1929年 東京・浅草の写真館に生まれる
1949年 東京写真工業専門学校(現・東京工芸大学)を卒業。サン・ニュース・フォトスに入社。
同時に木村伊兵衛の助手となり写真家としての人生をスタート
1950年 新潮社『藝術新潮』の嘱託写真家として文化人の肖像写真を連載
1965年 アメリカのタイム・ライフ社と契約し、世界的に活躍。「世界の子どもたち」の撮影を始める
1984年 黒柳徹子のユニセフ親善大使就任後の親善訪問に同行をはじめる
1985年 菊池寛賞を受賞
1990年 紫綬褒章を受章
1995年 東京工芸大学芸術学部写真学科教授に就任、(社)日本写真家協会会長に就任
2003年 文化功労者に顕彰される
2004年 東京工芸大学名誉教授に就任
2019年 文化勲章を受章
2020年 朝日賞特別賞を受賞

東京工芸大学
 東京工芸大学は1923(大正12)年に創立した「小西寫眞(写真)専門学校」を前身とし、 当初から「テクノロジーとアートを融合した無限大の可能性」を追究し続けてきた。 2023年に創立100周年を迎える。
URL https://www.t-kougei.ac.jp/

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)