コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★7月28日~10月11日 SUKITA : Rare and Unseen 鋤田 正義 写真展 SUKITA : ETERNITY 出版記念展 Blitz Gallery

W'UP! ★7月28日~10月11日 SUKITA : Rare and Unseen 鋤田 正義 写真展 SUKITA : ETERNITY 出版記念展 Blitz Gallery
 “David Bowie, Dawn of Hope, 1973” ©Sukita


2021年7月28日(水)~10月11日(月祝)
SUKITA : Rare and Unseen
鋤田 正義 写真展
SUKITA : ETERNITY 出版記念展

“Mother, Nogata, Fukuoka, 1957” ©Sukita

 

“T-Rex, Get it on, London, 1972” ©Sukita

 

“David Bowie, Just for One Day, Tokyo,1977” ©Sukita

 

“David Bowie, February, 1992, Tokyo” ©Sukita

 

“Tate Modern, 2008” ©Sukita

 

 ブリッツ・ギャラリーは、鋤田正義(1938-)の貴重な未発表作品を紹介する「SUKITA : Rare and Unseen」展を開催いたします。本展は鋤田のキャリアを本格的に回顧する写真集「SUKITA : ETERNITY」(ACC Art Books / 玄光社)の世界同時発売を記念して行われます。
 鋤田は2021年5月に83才になりました。いまやデヴィッド・ボウイなど親しかった多くの被写体たち、また親交があった同世代の写真家テリー・オニールなども故人となりました。ここ数年、彼は新たな視点から過去の作品群の総合的な見直し作業が必要だと意識するようになります。
 今回のキャリアを回顧する写真集刊行に際して、膨大な作品アーカイブスの本格的な調査が開始されました。一連の見直し作業の過程で20世紀後半期の音楽界の貴重な瞬間をとらえた作品が数多く発見されます。それらにはデヴィッド・ボウイ、マーク・ボラン、イギー・ポップ、YMOなどの未発表写真が含まれています。一部作品は今回の写真集にも収録されています。
 本展は、鋤田アーカイブスの調査結果を紹介する写真展の第一弾となります。新たに発見された、撮影当時に鋤田本人がプリントした貴重なヴィンテージ作品を中心に、新刊写真集収録のエディション付き代表作品をあわせて展示いたします。展示総数はモノクロ・カラーによる合計約22点を予定しています。
 鋤田は約40年以上に渡りデヴィッド・ボウイを撮影しており、そこから1977年の「ヒーローズ」など歴史的作品が生まれています。鋤田アーカイブスには、未整理の膨大なボウイ作品がいまだに眠っています。本展の大きな見どころは、鋤田とボウイのセッションにおける数々の未発表作や代表作のアザー・カットです。展示を通して、数々の名作が生まれた背景が明らかになるでしょう。また調査作業は現在も進行中です。将来的には「SUKITA : Rare and Unseen」第二弾も開催される見込みです。
※なお緊急事態宣言の東京都への発出を受け、当面の期間は新型コロナウイルス感染防止対策を行った上で、完全予約制で開催いたします

鋤田正義(Masayoshi Sukita)(1938-)
 1938年福岡県直方市出身。日本写真映像専門学校卒業後、棚橋紫水に師事します。大広、デルタモンテを経て、1970年からフリーとして活躍しています。70年代のはじめ、鋤田は気鋭の若者文化や音楽に惹かれニューヨークやロンドンに撮影に出かけます。
 1972年の夏にT・レックスのマーク・ボランやデヴィッド・ボウイを撮影。その後、特にボウイと深い信頼関係を築き、彼を約40年以上にわたり撮り続けました。数々のセッションの中から、アルバム「ヒーローズ」(1977年)のカバー作品が生まれています。鋤田のボウイのイメージは、2013年にスタートしたヴィクトリ ア & アルバート美術館企画で、世界中で約200万人の観客を動員した「DAVID BOWIE is」展でも特集さ れています。(17年1月に東京にも巡回)ポートレート以外でも、ドキュメンタリー、ファッション、広告、映画、音楽まで幅広い分野で撮影を行っています。
 近年は、ロンドン、パリ、ニューヨークなどの海外都市で写真展を積極的に行っています。特にイタリアでの鋤田人気は非常に高く、ラスペツィア(2016年)、バーリ(2017年)、フィレンツェ(2019年)、サレルノ(2020年)、パレルモ(2020-2021年)などで大規模な美術館展が相次いで開催されています。また、2017年にボウイ「ヒーローズ」のLPリリース40周年記念写真展をベルリン等で開催。2019年には、オーストラリア・シドニーで開催された写真に特化したアートフェアー「Head On Photo Festival」に招待作家として参加しています。
 日本では、2018年春に鋤田正義写真展「ただいま。」を生まれ故郷の直方谷尾美術館で開催。2019年3月には、「鋤田正義写真展 in 大分2019」、2021年4月には美術館「えき」KYOTOで「時間〜TIME 鋤田正 義写真展」が開催されています。2018年には、鋤田の軌跡をたどる初のドキュメンタリー映画「SUKITA」(刻まれたアーティストたちの一瞬)も公開されています。

時 間 13:00 〜 18:00
休 廊 月曜・火曜休廊
完全予約制  入場無料
ブリッツ・ギャラリー

鋤田正義写真集“SUKITA : ETERNITY”
B4変型判(33.1X257cm)/上製本256ページ/翻訳小冊子付き
※詳しくは下記サイトで
http://artphoto-site.com/blog/2021/05/01/%e9%8b%a4%e7%94%b0%e6%ad%a3%e7%be%a9%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%82%92%e5%9b%9e%e9%a1%a7%e3%81%99%e3%82%8b-sukita-eternity-6%e6%9c%88%e4%b8%8b%e6%97%ac%e3%81%ab%e7%99%ba%e5%a3%b2/

住所東京都目黒区下目黒6-20-29 ブリッツハウス
TEL03-3714-0552
WEBhttp://blitz-gallery.com/
営業時間*113:00 〜 18:00
休み*2月、 火(開催期間以外は休廊。現在は完全予約制です)
ジャンル*3写真、現代美術
アクセス*4JR目黒駅西口より大岡山小学校行きバス「目黒消防署」より徒歩3分
取扱作家http://blitz-gallery.com/artists.html
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

Blitz Gallery

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)