W'UP! ★ 工藤千紘展「Bittersweet」 tagboat

W'UP! ★  工藤千紘展「Bittersweet」 tagboat

2021年3月5日(金) 〜 3月25日(木)
工藤千紘展「Bittersweet」

 銀座、阪急MEN’S TOKYO 7F、タグボートのギャラリースペースにて、現代アーティスト・工藤千紘による個展「Bittersweet」を開催いたします。 青森出身の彼女は名古屋芸術大学の大学院を修了後、損保ジャパンのFACE展やタグボートアワードで入選を遂げました。さらに、名古屋芸術大学では理事長賞を獲得するほどの実力者です。
 そんな彼女の描く女性像はほのぼのとした雰囲気の中に奇妙さと可愛さの絶妙なバランスが上手く表現されています。 まっすぐにこちらを見つめるあどけない少女、薄く透明感ある油彩と水彩の色相が層をなして描写される色彩の濃淡。滲むような色使いで描かれたポートレートには、やさしさや穏やかさに加え見るものに何かを訴えかけるような静かな迫力があります。
 作品全体から溢れだす情感には、作家がキャンバスと対峙したときの逡巡が描き表れており、私たちに忘れてしまった幼いころの葛藤を思い出させてくれます。 タグボートでは2回目の個展となる本展では、新作を含む約17点の作品を展示・販売致します。工藤千紘独自の感性で追求された、無垢で純粋な作品世界を是非ご高覧ください。

CONCEPT
 出来るだけ健康で居よう、出来るだけ元気で居よう。そういう風に振る舞うことが増えた。 それは一見すると良いことかもしれないが、自分を知らず知らずのうちに蔑ろにすることが増え、苦痛を隠し持つようになった。
 それを思うと、苦痛と向き合ったほうが幸福感があることに気が付いた。 痛いときは痛くて、悲しいときは悲しいと感じられるほうが幸せだった。
 絵に対してどのくらい正直で居られるのだろうか、と思いながら描く。絵の具の痕跡はその時の甘えも苦味も、正直に伝えてしまう。気持ちよく描けた筆跡も、感情的で汚れた筆跡もキャンバスに残されていく。 きっとその重なりが幸福感を与えてくれるのだと信じ、描いている。
※詳しくは→ http://tagboat.co.jp/kudochihiro-bittersweet/

TAGBOAT ART FAIR 3月6日、7日開催

住所東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
TEL03-6252-5403
WEBhttp://www.tagboat.com/
営業時間*111:00~19:00 ※展覧会最終日は17時まで
休み*2年中無休(館の営業日時に準ずる)
ジャンル*3現代美術
アクセス*4JR有楽町駅銀座口徒歩1分または銀座駅 C4出口より徒歩3分
取扱作家http://www.tagboat.com/select/tagboat-artist.php
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

tagboat

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)