W'UP!★11月26日~12月25日 フルフォード 素馨「接点」 Gallery KIDO Press(キドプレス)

W'UP!★11月26日~12月25日 フルフォード 素馨「接点」 Gallery KIDO Press(キドプレス)
 
『記念撮影/ Commemorative Photo』2021 油彩、キャンバス F40

2022年11月26日(土)~12月25日(日)
フルフォード 素馨「接点」


 この度ギャラリーキドプレスは、フルフォード素馨の展覧会を開催いたします。
 フルフォード素馨は、今回の展示で、地球上の絶滅危惧種の動物たちを題材としたシリーズを発表する。
 展覧会では、まさに身近にある切実な問題として社会性を内包している絶滅危惧種の動物たちを取り上げている。
 しかし、それとは直接的な関わりのない日常に身を置く彼女が自分自身を「接点」というひとつの動機付けとし、そこからさまざまなイメージが成形される。
 その成形されたイメージが新たな発見として、驚きをもってフルフォード素馨自身に反響させている。
 作品はそれらの感性の記録と言っていいかもしれない。

 英題となっている「Reaction Points」は、まさにモティーフから受けた自分自身が反応点となり、それを作品として成立させるプロセスを言い表している。
 絶滅危惧種という、危機的な題材を基にしているにもかかわらず、彼女の絵筆から生み出される画面には、切迫感とはおよそ対局的な、おおらかで、ある種の牧歌的で穏やかな感性とともに、作品に共通して流れる洒脱なセンスをさりげなく我々に投げかけてくる。
 それは、イギリスにもルーツを持つ彼女に内在する感性から育まれたものかもしれない。
 フルフォード素馨の本格的な個展となる本展では、最新作のペインティング10点を発表いたします。

『追いかけながら逃げる/逃げながら追いかける(とても速く)/Running Away As Chasing /Chasing As Running Away(Very Fast)』2021 油彩、キャンバF40

プロフィール
1988 神奈川県逗子市生まれ
2013 武蔵野美術大学 油絵学科油絵専攻入学
2011 版画専攻に転専攻
2013 同大学卒業後、イギリスに渡る
2017 UAL Central Saint Martins MA Fine Art 卒業
個展、参加フェア
2022 「3331 ART FAIR 2022」 (3331 Arts Chiyoda、東京)
2022 「Shapes In Bloom」 (RISE Gallery、東京)
2021 「Independent Tokyo」(東京ポートシティ竹芝、東京)(グランプリ受賞)
2019 「Three Rooms of Attachment」(Makii Masaru Fine Arts、東京)
2019 アジアイラストレーションフェア
2018 台北イラストレーションフェア
2018 「近くも遠くもない(あなた)」(EFAG CSS、東京)

フルフォード 素馨「接点」
Jasmine Fulford Reaction Points
会 期 2022年11月26日(土)〜12月25日(日)
時 間 12:00~18:00
休 廊 月曜、火曜
会 場 Gallery KIDO Press(3331アーツ千代田#204)

《ご来廊時のお願い》
感染症対策により今後も会期、開郎時間等が変更になる可能性がございますので、事前にウェブサイトをご確認の上ご来廊ください。
発熱、頭痛、咳、倦怠感、嗅覚味覚異常など体調のすぐれないお客様はご来廊をお控えください。
マスクのご着用と入口にて手指のアルコール消毒をお願い致します。
大人数でのご来廊はなるべくお控えください。
混雑が発生した場合の、入場制限をご了承ください。
スタッフは毎日必ず検温の健康チェックを行い、手洗い、消毒液による殺菌をこまめに行います。

住所東京都千代田区外神田6-11-14 アーツ千代田3331 207
TEL03-5817-8988
WEBhttp://www.kidopress.com/index.html アーツ千代田3331 HP https://www.3331.jp/
営業時間*112:00〜18:00
休み*2月、 火、祝
ジャンル*3現代美術、版画、銅版画
アクセス*4末広町駅4番出口より徒歩1分、湯島駅6番出口より徒歩3分、都営大江戸線上野御徒町駅A1番出口より徒歩6分、JR御徒町駅南口より徒歩9分
取扱作家 
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)