コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP! ★1月11日~1月30日 初沢亜利 写真展「匿名化する東京」 Roonee 247 Fine Arts

W'UP! ★1月11日~1月30日 初沢亜利 写真展「匿名化する東京」 Roonee 247 Fine Arts

2022年1月11日(火)~1月30日(日)
初沢亜利 写真展「匿名化する東京」

 初沢氏は2020年始めから2021年末までコロナ禍に見舞われた東京を歩き回り、撮影を続けました。その間、東京五輪、衆院選、様々な出来事が厳戒態勢の首都に起こり、そのさなかを初沢氏は独自の視座でその空気感を切り取りました。
 写真展の名前に「匿名化」という言葉を使ったことに関して、初沢氏はこう言います。
 「写真展タイトルに即して撮影した訳ではなく、月日の中でふと湧いて出た印象でした。コロナ禍以前からマスクの使用率は上がっていましたが、2022年以降、マスクを着用していないと不安に駆られる人が増えることでしょう。『世間の目だけが行動規範となり得る』と戦前から指摘され続けた日本人論を、我々はコロナ禍で見事に体現してみせたのだと思います。同調圧力批判を口にはしながら、誰もが圧力の内側に留まったのですから」。
その象徴たる写真が、今回の写真展のタイトル写真でもある、渋谷スクランブルスクエア屋上展望台の「渋谷SKY」にて、マスクをしながら顔を覆う若い女性2人という構図だ。
 「マスクをしても尚、顔を隠しスマホで自撮りをする彼女たちは、先端を行っているのだろうか? と自問するときがあります。写真は現在を歴史に置き換える作業ですけれど、コロナ禍東京の自画像がどのように未来を予見するか、撮影者にとっても興味深い情景でした」(初沢氏)
 会場内には写真集未収録カットも多数展示。史上稀な緊急事態下の東京に触れてみてください。

初沢亜利(はつざわ・あり)
 1973年、フランス・パリ生まれ。上智大学文学部社会学科卒。第13期写真ワークショップ・コルプス修了後、イイノ広尾スタジオを経て写真家としての活動を開始する。東川賞新人作家賞、日本写真協会新人賞、さがみはら賞新人奨励賞受賞。写真集に『Baghdad2003』(碧天舎)、『隣人。38度線の北』『隣人、それから。38度線の北』(共に徳間書店)、『True Feelings 爪痕の真情』(三栄書房)、『沖縄のことを教えてください』(赤々舎)、『東京、コロナ禍。』(柏書房)。

初沢亜利 写真展「匿名化する東京」
会 期 2022年1月11日(火)~1月30日(日)※月曜休廊
開廊時間 12:00~19:00(最終日は16:00まで)
開催会場 Roonee 247 Fine Arts(東京都中央区日本橋小伝馬町17-9 さとうビルB館4F)
アクセス JR総武線「馬喰町」下車 徒歩3分、地下鉄都営新宿線「馬喰横山」下車徒歩3分
入場料 無料
URL https://www.roonee.jp/exhibition/room1-2/20211124184908

初沢亜利 × 飯沢耕太郎 トークショー
日 時 2022年1月12日(水)19:15〜20:30頃
会 場 Roonee 247 fine arts(東京都中央区日本橋小伝馬町17-9さとうビル4階)
参加費 ¥1,500-
定 員 15名
お申し込み http://www.roonee.jp/invite/
「東京 二〇二〇、二〇二一。」カバー

タイトル 東京 二〇二〇、二〇二一。
※読み:トウキョウ・ニーゼロニーゼロ・ニーゼロニーイチ
著 者 初沢亜利
装 丁 浅葉克己
発売日 2021年12月18日(土)
定 価 3,850円(10%税込)
判型/仕様] B5判ソフトカバー 256ページ
発 売 株式会社徳間書店
商品URL
https://www.tokuma.jp/book/b597754.html
https://www.amazon.co.jp/dp/4198654050

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)