W'UP! ★由良 薫子 陶展 なにか、いる 日本橋三越本店 本館6階 美術工芸サロン

W'UP! ★由良 薫子 陶展 なにか、いる 日本橋三越本店 本館6階 美術工芸サロン

2021年4月7日(水)~4月13日(火)
由良 薫子 陶展 なにか、いる
上:「熔怪茶碗」 幅 4×奥行 13×高さ 8.8 ㎝

 日本橋三越本店 本館6階 美術工芸サロンにて、「由良 薫子 陶展 なにか、いる」を初開催いたします。
 由良 薫子(ゆら かおるこ)氏は、妖怪をモチーフにした絵付作品や、表面の凹凸に合わせて妖怪の模様を描く「熔怪シリーズ」で注目を集めている陶芸作家です。由良氏が参加した過去のグループ展では作品が完売になるなど、今注目を集めています。
 酒器、茶碗など怪奇なデザインでありながらも、どこかかわいらしさを感じる作品を一堂に展示・販売いたします。
どこかにいるかもしれない。そんな妖怪たちの不思議な世界をお楽しみください。

作者ステートメント
 私は虫捕りが好きです。私の絵付けの方法は虫捕りと同じです。
 ランダムにかけた釉薬の流れからできた模様、自由に何も考えずに筆を振り回してできた呉須の模様。そのような一見何でもない模様から生き物や妖怪などを探して、見つけては線を書き足すことで生き物や妖怪を描く絵付けをしています。私が描きたいと思うところに生き物がいてくれないこともよくありますが、生き物ってそんなものだと思いながら線を描いています。
 「もしかしたらここにもいるかもしれない。」絵を描くとき以外もそう思いながら歩いていると、いろんな「何か」が見つけられて楽しいです。今回の展示でも作品を見る人にそういった感覚を少しでも与えることが出来ればいいなと思い、制作をしています。

「妖怪染付徳利」幅 14×奥行 3×高さ 13.3 ㎝
「妖怪染付角ぐいのみ」
黄:縦 4.8×横 4.8×高さ 4.5 ㎝、青:縦 5.7×横 5.7×高さ 4.3 ㎝
赤:縦 5.5×横 5.5×高さ 4.5 ㎝、緑:縦 5×横 5×高さ 4.4 ㎝

日 時 2021年4月7日(水)~4月13日(火)※最終日は午後5時閉場
会 場 日本橋三越本店 本館6階 美術工芸サロン
入場料 無料
入場制限のご案内
 4月7日(水)より開催の「由良 薫子 陶展 なにか、いる」の入場におきまして、事前のお申し込み(先着順)による入場制限をさせていただきます。入場制限の実施につきましては会期初日4月7日(水)を予定しております。詳細は3月26日(金)より特設サイトにてお知らせいたします。
特設サイト https://www.mistore.jp/store/nihombashi/shops/art/art/shopnews_list/shopnews073.html
※諸般の事情により、営業日・営業時間、予定しておりましたイベントなどが変更になる場合がございます。ホームページまたは店頭でご確認ください。

住所東京都中央区日本橋室町1- 4 -1 日本橋三越本店 本館6階
TEL03-3241-3311
WEBhttps://www.mistore.jp/store/nihombashi/shops/art/art.html
営業時間*110:00~19:00
休み*2不定休
ジャンル*3現代美術、デザイン、工芸、絵画、写真
アクセス*4銀座線・半蔵門線 三越前駅より徒歩1分、東西線 日本橋駅B9出口より徒歩5分、浅草線 日本橋駅より徒歩5分、JR新日本橋駅より徒歩7分、東京駅日本橋口より徒歩10分
取扱作家 

*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

MITSUKOSHI CONTEMPORARY GALLERY

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 日本橋三越本店コロナウィルス感染症防止対策:https://www.mistore.jp/store/nihombashi/important_news/importantnews_detail012.html

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す