W'UP! ★7月20日~8月9日 「招代 – ogishiro」ひつじ 高田茉依 二人展 MASATAKA CONTEMPORARY(中央区日本橋)

W'UP! ★7月20日~8月9日 「招代 – ogishiro」ひつじ 高田茉依 二人展 MASATAKA CONTEMPORARY(中央区日本橋)

「招代 – ogishiro」ひつじ 高田茉依 二人展
会 場 MASATAKA CONTEMPORARY(東京都中央区日本橋3–2–9 三晶ビル B1F
開催日 2024年7月20日(土)~8月9日(金)
開廊時間 12:00~19:00
休廊日 日、月、祝
入場料 無料
展覧会ページ http://www.masataka-contemporary.com/ogishiro/
初日の17:00〜オープニング・レセプションを開催します。
作品リストをご希望の方は、info@masataka-contemporary.com までメールをお送りください。

 招代(おぎしろ)とは、神霊が依りつく道標のことを示す。古くは神聖な山「標山(しめやま)」に神々を迎え入れるための道標としての役割に始まり、梵天や旗竿、現代では鯉のぼりやてるてる坊主など馴染みあるものにも姿形を変え、日常に存在している。
 山や木々、あるいは人工的な造形物に神聖な存在が宿り加護を期待するというアニミズム的な感性は、こと日本で生まれ育つ我々にとって幼い頃から馴染み深い存在であった。表現として作品を作る行為についても、そういった願いや祈りと深い結びつきがあることは明々白々である。
 御霊が去来するためのお守りや魔除け、祠のような造作を現在の感覚で捉え直した時、どのような姿がありうるのか。その可能性について、「招代」と題した本展示では、2名の作家それぞれの視座から制作している。

W'UP! ★7月12日(金)13日(土)14日(日) WEEKENDERS tiny little art fair Sansiao Gallery(中央区銀座)

住所東京都中央区日本橋3–2–9 三晶ビル B1F
TEL03-3275-1019
WEBhttp://www.masataka-contemporary.com/
営業時間*112:00 ~19:00
休み*2月、日、祝
ジャンル*3現代美術
アクセス*4東京メトロ銀座線・東西線 日本橋駅B3出口より徒歩1分、JR東京駅八重洲口より徒歩3分
取扱作家http://www.masataka-contemporary.com/artists/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

MASATAKA CONTEMPORARY(中央区日本橋)

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)