コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP! ★1月11日~1月24日 『時代を歩く』写真家 ルーク・オザワ ~フィルムからデジタル、そして今、ミラーレス~ キヤノンフォトハウス銀座

W'UP! ★1月11日~1月24日 『時代を歩く』写真家 ルーク・オザワ ~フィルムからデジタル、そして今、ミラーレス~ キヤノンフォトハウス銀座


2022年1月11日(火)~1月24日(月)
『時代を歩く』写真家 ルーク・オザワ ~フィルムからデジタル、そして今、ミラーレス~

 このたび、キヤノンフォトハウス銀座では、航空写真家ルーク・オザワ氏が撮影し続けてきたヒコーキ写真の作品と、歴代撮影機材、写真集(JETLINERシリーズ)などを展示する、特別展示「『時代を歩く』写真家 ルーク・オザワ ~フィルムからデジタル、そして今、ミラーレス~」を、2022年1月11日(火)より開催します。
 さらに会場では、フィルムからデジタル、一眼レフカメラからミラーレスカメラと、これまで多くのカメラとともに進化し続けてきた氏が、写真家として、これまでの歩みを語るインタビュー映像も上映します。

ルーク・オザワ (航空写真家)
 1959年2月 東京生まれ。ヒコーキと向き合って49年、今や航空写真第一人者。風景とヒコーキをシンクロさせた情景的ヒコーキ写真を確立。時に神がかり的な絵作りは見る者に感動を与えている。ラジオ、テレビ、講演等幅広く活躍。生涯飛行搭乗回数は2100回を越えた。
 これまで手掛けたカレンダーはANAをはじめ300作に及ぶ。中でもANAは25年になる。2016年全国カレンダー展で文部科学大臣賞受賞。月刊エアライン連載「ヒコーキフォト日記」は258回。著書に、『JETLINER』シリーズ(イカロス出版)、『ANA747FINAL』(イカロス出版)、『ルーク・オザワのヒコーキ写真の撮り方』(誠文堂新光社)がある。

開催日程 2022年1月11日(木)~4月2日(土)
開館時間 10:30~18:30
休館日 日月祝及び年末年始、弊社休業日
開催会場 キヤノンフォトハウス銀座(住所:東京都中央区銀座3-9-7 トレランス銀座ビルディング1F)
アクセス
地下鉄東銀座駅A7/A8出口より徒歩2分、A2出口より徒歩3分
地下鉄銀座駅A12出口より徒歩3分
JR有楽町駅中央口改札から徒歩10分
入場料 無料
※新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、開館時間や休館日など、状況の変化に応じて適宜見直す可能性がございます。ご来館の際は、キヤノンフォトハウスホームページ(https://canon.jp/p-house)をご確認ください。
一般の方のお問い合わせ先 キヤノンフォトハウス銀座 03-3542-1801
キヤノンフォトハウス ホームページ https://canon.jp/p-house

キヤノンフォトハウスについて
お客さまとキヤノンの専門スタッフが、直接対話や製品サポートを行う新しい写真のコミュニケーション拠点です。
キヤノンフォトハウスホームページ https://canon.jp/personal/experience/photohouse

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)