コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★10月2日~10月24日 ZOU-NO-HANA FUTURESCAPE PROJECT2021 象の鼻テラス、象の鼻パーク、日本大通り駅三塔広場

W'UP! ★10月2日~10月24日 ZOU-NO-HANA FUTURESCAPE PROJECT2021 象の鼻テラス、象の鼻パーク、日本大通り駅三塔広場

象の鼻テラス開館10周年記念・「フューチャースケープ・プロジェクト」(2019)象の鼻パーク
Photo:Ryusuke Ohno(©Arts Commission Yokohama)

2021年10月2日(土)~10月24日(日)
ZOU-NO-HANA FUTURESCAPE PROJECT2021

 FUTURESCAPE PROJECTは、象の鼻テラスが2019年から開始した公共空間活用事業です。SDGs達成に貢献することも視野にいれ、「環境」「災害」「食」「健康」「教育」「花と緑」の6分野にフォーカスし、多様な主体による社会実験などを推進しています。そして3回目の開催となる2021年は、世界的な新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受け、「ニュー(ノーマル+クリエイティブ)ライフ」をテーマに開催します。
 新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、私たちの生活は大きく変化しました。感染症の拡大を防ぐことがいまなお最優先の社会課題であることは当然の前提ですが、コロナ禍の日常を少しでも楽しく、豊かなものにすることもまた重要な課題となりつつあります。本年度の FURURESCAPE PROJECTは、こうした課題を踏まえ、コロナ禍の日常を少しでも創造的に、楽しく生きるためのアイデアを集積します。
 アイデアの集積にあたっては、「ニュー(ノーマル+クリエイティブ)ライフ12か条」を設定しました。招待アーティストによるアートプログラム、市民や企業から募集する公募プログラム、そしてコロナ禍の公共空間を考えるサミットが、新型コロナウイルス感染症の脅威と共存しつつ、心身ともに豊かに生きる社会を実現するヒントとなることを期待しています。

FUTURESCAPE PROJECT 2021 プログラム(詳しくは特設サイトをご覧ください→https://fsp.zounohana.jp/2021
1)ハローサンリク ー東日本大震災から10年「ひかりの実」特別プログラムー
 招待作家:髙橋匡太

髙橋匡太


2)アートプログラム
招待作家:金子未弥、スイッチ総研、中山晴奈、藤村憲之、YOKARO

金子未弥

 

スイッチ総研
藤村憲之


3)公募プログラム
参加者:井上幸子、河西琢磨(工作屋KOUSAKUYA)、コトノハ、さくらアリス、デンデラ楽団、東京大学筧康明研究室、鴇田傑、中屋敷南、馬場敬一+DAN DAN DOME、ポリシーナッジデザイン+まちなかナッジプロジェクト、マーク朋子、山田素子、一般社団法人 横濱まちづくり倶楽部、Luna crescente ルーナ クレシェンテ、Sensescape Design Lab.、YOKARO(全16組、五十音順)
4)ゾウノハナ・コレクション
5)ミュージック&マルシェ
6)FUTURESCAPE SUMMIT 2021
※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、プログラムの内容を一部変更する可能性もございます。

象の鼻テラス アートディレクター 岡田勉 ディレクターコメント
「私たち象の鼻テラスは、2009年の開館以来、常にアーティストとともに歩んできました。アーティストたちの発想、表現は、いつも私たちを刺激し、横浜というまちの新たな可能性への気づきをもたらしてくれました。いま、その創造力は象の鼻テラスに集う市民や観光客、あるいは企業や各種団体にも波及しつつあります。
 私たちはこうしたアーティスト、市民の創造力を深く信頼し、コロナ禍の日常を少しでも豊かにするためのアイデアを募集しました。期待したとおり、招待作家に加え、公募プログラムに応募いただいた16組もの参加者をえて、本年の「FUTURESCAPE PROJECT」を開催することとなりました。
 本事業がアートの創造力の発露となり、より良い日常、より良い公共空間が実現されていくことを期待しています。感染対策に万全を尽くし、みなさまのご来場をお待ちしています」

ZOU-NO-HANA FUTURESCAPE PROJECT2021
2021テーマ ニュー(ノーマル+クリエイティブ)ライフ
会 期 2021年10月2日(土)~10月24日(日)
時 間 10:00~18:00(10/3(日) および金・土は20:00まで)
会 場 象の鼻テラス、象の鼻パーク、日本大通り駅三塔広場、オンライン
主 催 象の鼻テラス
特設サイト https://fsp.zounohana.jp/2021
※本事業は横浜市のさまざま文化芸術事業を支援する株式会社FREEingの協賛を受け ています。
※本事業は横浜市の創造界隈拠点がこの秋市内各所で開催する「食」と「アート」をテーマとしたプログラム「Creative walkway~食とアートと街歩き~」の一環です。

FUTURESCAPE PROJECTとは?
 2019年にはじまった、アートの創造性を活かして公共空間の新しい活用方法を考える社会実験プロジェクト。横浜港に隣接する象の鼻テラス・象の鼻パークという公共空間を舞台に、アーティスト・市民・企業など多様な立場の人々が、展示・WS・パフォーマンスなどを通じて場の活用方法を模索する実験を行っています。3回目の開催となる本年は「ニュー(ノーマル+クリエイティブ)ライフ」をテーマに設定。新型コロナ感染症の拡大により大きく変化した私たちの日常を少しでも楽しく、豊かなものにしていくために、アーティスト、市民、企業等から多彩なアイデアを集積し実践する、社会実験事業を開催します。

象の鼻テラスとは?
 2009年、横浜港発祥の地である象の鼻パーク内にアートスペースを兼ね備えたレストハウスとして作られた文化観光交流拠点。開港当時から異なる文化がここで出会ってきたように、人や文化が出会い、つながり、新たな文化を生む場所を目指し様々なアートプログラムを展開しています。また、アートの力をまちに開く取り組みも数多く行っており、障がいのある人とプロフェッショナルが協働しものづくりやパフォーマンスを行う「スロー レーベル」、省エネ技術とアートの力で新たな夜景を創造する「スマートイルミネーション」などを開催してきました。(横浜市文化観光局の委託により、スパイラル/株式会社 ワコールアートセンターが運営)

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す