W'UP! ★12月26日~2023年1月5日 第1回フューチャースケープ・フォトコンテンスト応募作品展 象の鼻テラス(横浜市)

W'UP! ★12月26日~2023年1月5日 第1回フューチャースケープ・フォトコンテンスト応募作品展 象の鼻テラス(横浜市)

 

2022年12月26日(月)~2023年1月5日(木)
第1回フューチャースケープ・フォトコンテンスト応募作品展

 この度象の鼻テラスでは、「第1回フューチャースケープ・フォトコンテスト」の応募作品展を開催します。

 新型コロナウイルスの感染拡大以降、私たちのライフスタイルは大きく変化しました。中でも「夜」の楽しみは今もまだ十分に取り戻せていないように感じます。象の鼻テラスでは、こうした現状を踏まえ、「すべての人の創造性が生きる公共空間」の実現を目指す「フューチャースケープ・プロジェクト」の一貫で「横浜の光」をテーマに写真を公募し、90点の応募を得ることができました。
 応募作品は2022年12月26日(月)~2023年1月5日(木)の期間、象の鼻テラスで展示し、審査を行います。本コンテスト金賞受賞者(6 名)には、多くの市民、観光客が訪れる象の鼻テラスで、2023年度に合同写真展を開催いただきます。

 象の鼻テラスは、2009年の開館以来、さまざまなアートプロジェクトを通じて、横浜の公共空間の新しい使い方や、創造的で楽しい未来の景色を提案してきました。「フューチャースケープ・フォトコンテスト」も単なるフォトコンテストではなく、参加者のみなさんと共に創るアートプロジェクトとしての展開をめざします。「写真を撮る」ことを通じて、横浜の「公共空間」を見つめ直し、その写真で象の鼻テラスを埋め尽くすことで、テラスを訪れる市民や観光客の方々とも望ましい公共空間のあり方や姿を考えるきっかけになればと考えています。

テーマ「横浜の光」
「横浜夜景」、主に「フューチャースケープ・プロジェクト」および「ヨルノヨ」を題材に撮影された写真

金賞(6点) 象の鼻テラスでの合同写真展(2023年度)を開催
銀賞(12点程度)
審査員
森日出夫(写真家)、大澤紗蓉子(横浜美術館学芸員)、岡田 勉(象の鼻テラス アートディレクター)

第1回フューチャースケープ・フォトコンテンスト応募作品展
開催日時 2022年12月26日(月)~2023年1月5日(木)
時 間 10:00~18:00
※開館時間に準じます。
会 場 象の鼻テラス(神奈川県横浜市中区海岸通1丁目)
主 催 象の鼻テラス
特別協賛 株式会社FREEing

象の鼻テラスとは
 象の鼻テラスは、横浜市開港150周年事業として、2009年6月2日に開館しました。横浜港発祥の地 を、横浜の歴史と未来をつなぐ象徴的な空間として整備した象の鼻パーク内に、アートスペースとカフェを併設したレストハウス(休憩所)としてつくられ、横浜市の新たな都市ビジョン「文化芸術創造 都市クリエイティブシティ・ヨコハマ」を推進する文化観光交流拠点の一つです。開港当時から異文 化と日本文化がこの土地で出会ってきたように、さまざまな人や文化が出会い、つながり、新たな 文化を生む場所を目指し、多ジャンルのアートプログラムを開催しています。象の鼻テラスは横浜 市文化観光局の委託により、スパイラル/株式会社ワコールアートセンターが運営しています。

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/