コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★10月22日~12月5日 現代美術展「崖と階段」 azumagaoka articulation

W'UP! ★10月22日~12月5日 現代美術展「崖と階段」 azumagaoka articulation

2021年10月22日(金)~12月5日(日)
現代美術展「崖と階段」

 この度、offsociety inc.では、横浜中心部、京急日ノ出町駅から徒歩1分の場所にazumagaoka articulation(東ヶ丘アーティキュレーション)をオープン致します。また、azumagaoka articulation 初の展覧会となる現代美術展「崖と階段」を2021年10月22日より開催致します。
 歴史、人生、表現をテーマとした現代美術展であり、国内外で優れた美術作品を継続的に制作・発表していると同時に、たぐい稀な表現手法、不可解さ・魅力の両方を有しているなど、希少かつ特異な表現で作品を制作し続けているアーティストに焦点を当てるとともに、「崖と階段」に囲まれた、この展覧会場の周囲に存在する、横浜誕生を物語る歴史的遺構にも焦点を当てています。

 ~古文より~
 我々の人生は崖のようなもの
 崖から転げ落ちることもあれば、
 階段を上り、崖の上から素晴らしい景色を見られることもある

 横浜中心部はもともと湾であり、江戸時代、その湾を埋立てることにより大地へと変え、今の横浜は誕生しました。江戸末期、本展会場の周辺の山や丘を削り、埋立のための土砂として使用されており、周辺には当時の歴史を物語る遺構が複数残っています。多くの崖と階段に囲まれた本展会場は、我々が今、立っている横浜の大地を作るために生まれた場所でもあります。本展覧会「崖と階段」は、この展覧会場が物語る横浜誕生の歴史に焦点を当てると同時に、この地が有する地理的特性である崖・階段と、アーティストや人々の人生、生き方を重ね、人生とは何か、生きるとは何かを模索することを意図しています。

参加作家(五十音順)
石倉潤 / Jun Ishikura(写真)
今井俊介 / Shunsuke Imai(絵画・インスタレーション)
大巻伸嗣 / Shinji Ohmaki(インスタレーション・映像)
葛西絵里香 / Erika Kasai(ゴム判作品・インスタレーション)
古賀崇洋 / Takahiro Koga(陶芸)
関川航平 / Kohei Sekigawa(インスタレーション)
中崎透 / Tohru Nakazaki(インスタレーション)
袴田京太朗 / Kyotaro Hakamata(彫刻・インスタレーション)
フェリーチェ・ベアト / Felice Beato(写真)
ユ・ソラ / Sora Yu(布と糸・平面)

Contemporary Art Exhibition「崖と階段」
会 期 2021年10月22日(金)~12月5日(日)
水・木・金・土・日のみ開場 / 毎週月・火はお休み
時 間 14:00~19:00(最終入場は18:30まで)
※緊急事態宣言等、コロナ禍の状況により、開場日時などを変更する場合がございます。最新情報は、ウェブサイトにてご確認ください。
場 所 azumagaoka articulation(横浜市西区東ヶ丘3-7)
入 場 600円
※高校生以下無料・学生証提示ください
URL https://azumagaoka.com/gaketokaidan/
アクセス
京急日ノ出町駅 徒歩30秒
JR・市営地下鉄線 桜木町駅 徒歩7分

azumagaoka articulation
 azumagaoka articulationは、展示スペース・オフィス・コワーキングスペース(シェアオフィス)・バーラウンジなどから構成される小さな複合施設であり、20年以上使用されていなかった複数の住宅を改修し、構成されています。「働く、作る、見せる、 会話する」をテーマとし、現代美術を中心とした展覧会の開催、作品展示、コワーキングスペースやバーラウンジなどの運営を行ってまいります。地名である"東ヶ丘(あずまがおか)"に加えられた"articulation"とは、”分節・分断”という意味があります。それを"打ち消す"ことで、日常生活の中に芸術をとり戻し、人や社会と適切にコミュニケーションしながら、大切な何かを繋ぐことのできる場として運営して参ります。
https://azumagaoka.com

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す