W'UP!★12月12日~2023年3月10日 東京工芸大学創立100周年記念「色を記録する展」 カラボギャラリー(神奈川県厚木市)

W'UP!★12月12日~2023年3月10日 東京工芸大学創立100周年記念「色を記録する展」 カラボギャラリー(神奈川県厚木市)

 

2022年12月12日(月)~2023年3月10日(金)
東京工芸大学創立100周年記念「色を記録する展」

 本企画展は2023年に迎える本学創立100周年を記念し、本学創立の祖である六代 杉浦六右衞門が創業した小西本店(のちに小西六本店、現在のコニカミノルタ株式会社)が、カラー写真・映画を独自の技術で実現した「三色分解撮影」をテーマとした内容で開催します。
 本企画展では、小西六本店の製造部門・六櫻社の技師長で、後に本学で教授を務めた江頭春樹氏が開発した「さくら發色轉現紙」による昭和15年(1940)頃のカラープリント及び「さくら三色用フヰルム」によるネガフィルムの実物を展示します。また、1950年代に小西六写真工業株式会社(現在のコニカミノルタ株式会社)が開発した三色分解撮影のカラー映画システム「コニカラー」で撮影された初期の映画作品「かわいい魚屋さん」(国立フィルムアーカイブ所蔵)も合わせてご覧頂けます。そのほか、当時の撮影機材や天然色印画作成の手引書などの文献資料も含め、本学の所蔵する江頭教授の研究資料から知られざる戦前の天然色写真の実力をお確かめください。
 本企画展は、本学色の国際科学芸術研究センター「カラボギャラリー」が主催する企画で、これまでに2017年から9回の企画展を開催しており、今回は10回目の開催となります。なお、本企画展は、文化庁「令和4年度 大学における文化芸術推進事業」に採択された「アート&テクノロジーマネジメントにおける高度な理論及び実践力を持った工芸融合人材の育成」事業の一環でもあります。
 これらの展示作品を通じ、80年余りを経過してもなお良好な色彩を保つ六櫻社式天然色印画の仕組みについて学ぶことで、本学の建学の精神への理解が深まる内容となっております。

カラボギャラリー第10回企画展「色を記録する展」
会 期 2022年12月12日(月)~2023年3月10日(金)
開 館 月曜日~金曜日 12:00~17:00
休館日 土曜日・日曜日・祝日)
入場料 無料
会 場 カラボギャラリー(神奈川県厚木市飯山南5-45-1 東京工芸大学厚木キャンパス12号館2階)
主 催 東京工芸大学 色の国際科学芸術研究センター
ディレクター 矢島 仁(芸術学部映像学科准教授)
URL https://collab.t-kougei.ac.jp/10th-exhibition/

「色の国際科学芸術研究センター」「カラボギャラリー」とは

東京工芸大学・色の国際科学芸術研究センター

 色の国際科学芸術研究センターは東京工芸大学の「研究センター」として、「色」をテーマに本学の特長である工学部・芸術学部教員の共同研究・制作の成果を生み出しています。
 カラボギャラリーは、色の国際科学芸術研究センターが運営する国内初の「色」をテーマとした常設ギャラリーです。アート作品を通じて「色」の科学的・芸術的な面白さや奥深さを体験することができます。

東京工芸大学

東京工芸大学創立100周年ロゴ

 本学は1923年に日本で初めての写真専門の高等教育機関「小西寫眞専門学校」として創立しました。小西寫眞専門学校は、写真材料商 小西本店(のちの小西六本店現在のコニカミノルタ株式会社)創始者の六代 杉浦六右衞門の遺志を後継した小西六本店代表の七代 杉浦六右衞門が創設した旧制専門学校です。当初からテクノロジーとアートを融合した教育・研究を推進し続け、2023年に創立100周年を迎えます。
URL https://www.t-kougei.ac.jp/

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)