岡田美術館

岡田美術館

 岡田美術館は全5階、箱根最大級の屋内展示室に、日本・中国・韓国の古代から現代までの絵画や陶磁器など常時約450点の美術品を展示しています。コレクションの中心は、近世・近代の日本画と、東アジア(中国・韓国・日本)の陶磁器ですが、そのほかにも、縄文土器から土偶・埴輪などの考古遺品、仏像や仏画など古代・中世の仏教美術品、書跡や、蒔絵、玉器、金属器、ガラス器などの工芸品と、時代や分野の幅はきわめて広く、名品、稀品が揃っています。四季折々に変化を見せる庭園や、庭園の景色を眺めながらくつろげる飲食施設「開化亭」、100%源泉かけ流しの足湯カフェもお楽しみいただけます。

展覧会情報

10月4日(日)~2021年3月28日(日)「没後220年 画遊人・若冲 ―光琳・応挙・蕭白とともに―」
 伊藤若冲の220年を記念し、岡田美術館に収蔵される若冲の作品全7件を一堂に展示します。 家業の青物問屋を営むかたわら絵を学んでいた30代後半の「花卉雄鶏図」、隠居して画業に専念した40歳頃の「孔雀鳳凰図」、40代後半の「梅花小禽図」「雪中雄鶏図」「笠に鶏図」「月に叭々鳥図」、81歳の年紀がある「三十六歌仙図屏風」という、初期から晩年までの着色画4点・水墨画3点がそろって展示されるのは4年ぶりとなります。若冲が学んだ狩野派や尾形光琳、光琳の弟・尾形乾山、同時代の京都画壇の覇者・円山応挙、鬼才ぶりが注目される曾我蕭白らの作品と併せ、江戸時代の多彩な絵画をお楽しみいただける展覧会です。
https://www.okada-museum.com/exhibition/archives/2020_27.html

住所神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1
TEL0460-87-3931
WEBhttps://www.okada-museum.com/
開館時間*19:00~17:00
休み*212月31日、1月1日、展示替期間
ジャンル*3中国・韓国・日本美術
入場料*4大人・大生 2800円、小中高生1800円
アクセス*5JR小田原駅よりバス、箱根登山鉄道小涌谷駅よりバス
収蔵品https://www.okada-museum.com/collection/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
・マスク着用のお願い
・入館時の検温
・37.5度以上熱のある方、体調の悪い方は入館をお断りしております
・ソーシャルディスタンスのお願い
・混雑時の入場制限
・展示室内が込み合わない様お声がけ
 https://www.okada-museum.com/information/archives/202.html

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)