東京工芸大学 写大ギャラリー

東京工芸大学 写大ギャラリー

 1923年に創立された東京工芸大学は、我が国で最も歴史と伝統のある写真教育機関です。その中でも、1975年に設立された写大ギャラリーは、国内外の優れた写真作品を展示・収集・研究する常設施設として、教育機関のみならず、我が国の写真の歴史を見ても、極めて先駆的な存在だといえるでしょう。
 写大ギャラリー設立当時、本学は東京写真大学という名称であり、略して「写大」と呼ばれていたことがギャラリー名の由来です。1977年に校名が現在の東京工芸大学に変更された後も、永年親しまれてきた「写大」という呼び名をギャラリーの名前に残し、現在に至っています。
 写大ギャラリーでは1万点を超えるオリジナル・プリントを所蔵しており、教育機関の付属施設としては、世界に誇れる所蔵作品数と言えます。これらの所蔵作品は、年間を通じて気温20度/湿度50%を保つ、写真専用に設計された収蔵庫に保管されており、それぞれの作品はデジタル・アーカイブ化され、学内の図書館などで閲覧できるようにしています。
 写大ギャラリーの1万点を超える所蔵作品の中には、ウィン・バロックを始め、アンセル・アダムスやエドワード・ウエストンなど、20世紀の世界的巨匠の名作や、W.H.フォックス・タルボットやナダールのような19世紀の歴史的作品など、数多くの著名写真家の作品が含まれていますが、その中でも、とりわけ重要な所蔵作品として、約1,200点の土門拳コレクションと、約1,000点の森山大道コレクションが挙げられるでしょう。

W’UP! ★ 森山大道 写真展「衝撃的、たわむれ」東京工芸大学 写大ギャラリー

住所東京都中野区本町 2-4-7 5号館(芸術情報館)2F
TEL03-3372-1321(代)
WEBhttp://www.shadai.t-kougei.ac.jp/
営業時間*1月〜金 10:00 ~ 18:00 、土 10:00〜17:00
休み*2
ジャンル*3写真
アクセス*4地下鉄丸ノ内線・大江戸線 中野坂上駅1番出口より徒歩7分
取扱作家http://www.shadai.t-kougei.ac.jp/artist.html
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります。


情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)