コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★7月17日~9月25日 Summer 2021「光と熱」写真展 MYD GALLERY

W'UP! ★7月17日~9月25日 Summer 2021「光と熱」写真展 MYD GALLERY
©A girl from elsewhere「 Liebeslied 」by Rut Blees LUXEMBURG Inkjet print
Image size W 1500mm H 1200mm

2021年7月17日(土)~9月25日(土)
Summer 2021「光と熱」写真展

 

Study of Energy after Longo #XXX Yuki Kobayashi, London, 2016
©Kenji HIRASAWA Inkjet print Image size W590mm H838mm

 建築家山口誠が主宰する写真ギャラリー MYD GALLERYにてルット=ブレス・リュクサンブーグ(Rut Blees LUXEMBURG)と平澤賢治(Kenji HIRASAWA)による2人展を開催いたします。
 今回の展覧会がフォーカスするのは夜の光と生物が発する熱。被写体のエネルギーの“存在”を科学の力で視覚化した写真表現です。写真表現の拡張に挑む二人の作家の出会いの場を、ぜひこの機会にご高覧いただきますようお願いいたします。

Light and Heat - 光と熱 -

 世界の姿を捉える手法は実に様々。言語という共通概念に立脚し表現する文学、二次元の画像で描き出す絵画や写真、三次元でそのボリューム感をも示す彫刻や模型、さらには数字による統計データや音符に置き換える音楽など、具体的かつイマジネイティブな表現で私たちは世界の姿を理解しています。何故なら私たちが生きる世界とはそれほどまでに重層的で複雑、かつ魅力な多様なエレメントによって構成されており、その事実を多くの人々が暗黙のうちに了承しているのです。ただ、世界を表現する方法を二つに大別するとしたら、“見えるもの”と“見えないもの”で構成されていると言えるでしょう。
 今回の展覧会がフォーカスするのは、夜の光と生物が発する熱。被写体のエネルギーの“存在”を科学の力で視覚化した写真表現です。世界の姿、その理解の姿勢に刷新が求められる現在、写真表現の拡張に挑む二人の作家、ロンドンのロイヤル・カレッジオブアートでは師弟でもあるルット=ブレス・リュクサンブーグと平澤賢治の作品を通して、新たな領域から見つめ直したいと思います。

ルット=ブレス・リュクサンブーグ(Rut Blees LUXEMBURG)
 サイズから素材選択までスケール感のある大規模な写真表現で、都市景観を文化と光の現象で表現する作家として高い評価をえる。ドイツの大学で政治学を学んだ後、1993年にロンドン・カレッジ・オブ・プリンティングで写真学士号を、1996年にウェストミンスター大学で写真修士号を取得。
 1997年にスタートした最初の研究論文作品「ロンドンー現代プロジェクト」では、エッセイスト、マイケル・ブレイスウェルとコラボレーション。2000年にはアレクサンドル・ガルシア・デュットマンのテキストによる『Liebeslied / My Suicides』を出版。2004年には著名な文学者、批評家であるセリスウィン・エバンス、パトリック・リンチ、ダグラス・パーク等の寄稿による写真集を出版。
 近年のプロジェクト「シルバーフォレスト」(2016)ではウェストミンスター市庁舎の西側ファサードに作品設置。「ロンドン・ダスト」(2011‒13)では、CGI写真表現の開発にも参加し、ロンドンの急速な建築的変化をアーカイブする一連の写真とムービー制作に取り組む。
https://rutbleesluxemburg.com

平澤賢治 (Kenji HIRASAWA)
 1982年東京都生まれ。2006年に慶應義塾大学環境情報学部卒業後、スタジオ勤務を経て独立、渡英。2011年、写真集『CELEBRITY』(Bemojake)を発表し、ロンドンのギャラリーKKOutletにて同タイトルの個展を開催。写真雑誌『Photoworks』『GUP』の表紙を飾るなど、注目を集める。2016年には新作『HORSE』シリーズが、ISSEY MIYAKE MEN2016年秋冬コレクションに起用。同年、Royal College of Art 写真専攻修士課程を修了。現在は東京を拠点に活動。
http://www.kenjihirasawa.com

会 期 2021年7月17日(土)~9月25日(土)
会 場 MYD Gallery(東京都港区南麻布2-8-17鳥海ビル1F)
※ご来廊については予約制とさせていただいております。事前のご予約を下記よりお願い致します。
www.mydgallery.jp/contact
※毎週土曜日は12:00-17:00のみ、ご予約不要にてご来廊頂けます。
休廊日 日曜日·祭日
URL www.mydgallery.jp

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)