W'UP!★11月9日~11月14日 平和祈念展 in 豊島-戦争を知らない子どもたちへ- としま区民センター

W'UP!★11月9日~11月14日 平和祈念展 in 豊島-戦争を知らない子どもたちへ- としま区民センター
 
「平和祈念展in豊島」のチラシ

2022年11月9日(水)~11月14日(月)
平和祈念展 in 豊島-戦争を知らない子どもたちへ-

 「平和祈念展in豊島 -戦争を知らない子どもたちへ-」は、戦争を知らない子どもたちが、つらい戦争の時代を生き抜く力を知り、“あの戦争とはなんだったのか”を学び、平和の大切さを考えるキッカケになることを目的にしています。
 本展では、当資料館が所蔵する兵士、戦後強制抑留、海外からの引揚げに関する代表的資料を紹介するとともに、体験者が戦争を知らない人たちに、戦争体験をわかりやすく伝えるために描いた紙芝居やカルタなど、約130点を展示します。

抑留者がそでの部分とパンを取りかえたコート
平和祈念展示資料館所蔵
斎藤邦雄「シベリア抑留 いろはかるた」(抜粋) 平和祈念展示資料館所蔵
引揚者が亡くなった赤ちゃんの布おむつで手作りしたワンピース
平和祈念展示資料館所蔵

 合同展示「マンガで学ぶ戦争と平和」では、赤塚不二夫氏、手塚治虫氏、藤子不二雄(藤本弘氏、安孫子素雄氏)など、著名な漫画家たちが若手の頃に住んでいた伝説のアパート「トキワ荘」があった豊島区と、戦争体験者が描いたマンガを数多く所蔵する当資料館が、戦争と平和について考え、学ぶことができるマンガを、合計で約40点展示します。その内訳として、豊島区が約30点、当資料館が約10点です。
 豊島区は、戦争で傷つきながらも、したたかに生き抜く東京の庶民を描いた『風太郎不戦日記』(漫画:勝田文、原作:山田風太郎)を、当時の豊島区の写真を交えて紹介します。

『風太郎不戦日記1』(漫画:勝田文、原作:山田風太郎) ©Keiko Yamada/Bun Katsuta

 当資料館は、満州・奉天(ほうてん、今の瀋陽〔しんよう〕)で敗戦を迎え、命からがら日本に引揚げてきた漫画家・ちばてつや(1939年~)さんが、創作活動の原点となった子ども時代の引揚体験を描いたマンガやパネルなどを展示します。

ちばてつや画「タンフールー売り」 平和祈念展示資料館所蔵
ちばてつや画「赤い夕陽のなかをひたすら歩く」
平和祈念展示資料館所蔵


豊島区制施行90周年・非核都市宣言40周年 平和祈念事業
「平和祈念展in豊島 -戦争を知らない子どもたちへ-」
入場料 無料
期 間 2022年11月9日(水)~11月14日(月)
時 間 9:30~17:00
場 所 としま区民センター 7階・会議室、8階・多目的ホール(東京都豊島区東池袋1-20-10)
アクセス JR他各線「池袋駅」(東口)から徒歩7分
主 催 平和祈念展示資料館
共 催 豊島区
後 援 豊島区教育委員会、東京都
※新型コロナウィルス感染症の拡大状況によっては中止になる場合があります。
※来場時や見学時は、新型コロナウィルス感染症拡大防止対策にご協力ください。

一般の方からのお問い合わせ先
平和祈念展示資料館 ※休館日(毎週月曜日)を除く
TEL 03-5323-8709
公式HP https://www.heiwakinen.go.jp
豊島区総務課 TEL 03-3981-4451
公式HP(本イベントページ)https://www.city.toshima.lg.jp/026/soumu/h27heiwa/2208191407.html

W’UP!★10月18日~2023年1月9日 2022年度 抑留企画展「言葉は海を越えて 収容所(ラーゲリ)と日本を結んだ葉書」 平和祈念展示資料館

平和祈念展示資料館

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)