W'UP!★10月1日〜11月14日 ナカミツキ ショーウィンドウ展覧会『Hikari.』 渋谷ヒカリエショーウィンドウ

W'UP!★10月1日〜11月14日 ナカミツキ ショーウィンドウ展覧会『Hikari.』 渋谷ヒカリエショーウィンドウ

 

2022年10月1日(土)〜11月14日(月)
ナカミツキ ショーウィンドウ展覧会『Hikari.』

ナカミツキについて
 現代作家ナカミツキは10代前半の半身麻痺での入院生活をきっかけに”音楽”をモチーフとし、身体性と対話をテーマに既存のルールにとらわれない多様な価値観を持ち、デジタルネイティブとして育った日常的ツール「iPhone」で制作を行っています。
 制作工程は、アートをデータ化することでどこにでも出現することができますが、一度作品化された画像は、「iPhone」のデータから即座に削除されるといった、この現代的なスピード感はこれまでにない新しいアートの形を生み出しています。
 ナカは自身の感情を一瞬に集中し直感的に描き切りますが、物質的に作品化する事で価値観を鑑賞者と共有しながら対話を形成しています。音楽から表現された瞬間的な彩度と空気感、滑らかかつ力強い線は私たちにパワー、活力、励み、時には癒しを与えてくれます。
 そして今回、既存のルールにとらわれない多様な価値観をもつZ世代として生きる現代アーティストナカミツキとミックスカルチャーの街として歴史を刻む渋谷のストーリーを組み合わせたショーウィンドウ展覧会を開催します。

作家コメント
 様々な価値感や存在を受け入れる渋谷の街で新しいチャレンジを行えることに非常に楽しみを感じています。
 コロナ禍により不自由な社会生活を強いられてきた私たちですが、現在リアルに感じることができる文化的生活を取り戻しつつあります。不自由な環境下の中、活動を続けて参りましたが、改めて人々が繋がり、価値交流をすることの重要性に気づくことができました。それと同時にSNSやインターネット上での世界が広がりを見せて意思表示や主張が格段に増え多様な価値感がさらに生まれ続けています。
 今それぞれの価値をリアルの空間でミックスしていく社会変化にインスピレーションを得て、現代のタイムラインをいち早く反映している音楽をモチーフに、混ざり合うミックスカルチャーの中にそれぞれの追い求めるHIKARI(光)を探し出す行為を題材に世界観を創造しています。
 見どころの一つにミラーを取り入れた作品も展開し、渋谷の社会と映り込む対象が溶け合う姿を映し出します。お手持ちのスマートフォンやカメラで多くの人にこの瞬間を捉えてほしいと考えています。
 街中に出現するナカミツキの世界に人々が行き交い、ふと誰かが足を止め共感したり多くの人に元気を与えられるような展覧会にしたいです。

ナカミツキ Naka Mitsuki
 既存のルールにとらわれない多様な価値観を持ち、生活と共にデジタルネイティブとして育った日常的ツール「iPhone」で制作を行う。1997年兵庫県生まれ。2020年に京都教育大学美術科を卒業。学生時代から三菱商事アート・ゲート・プログラム奨学生に選抜されるなど、Z世代と言われる年代に生まれ、直感的で新しいセンスでキャリアを積んでいる。既存のルールにとらわれない多様な価値観を持ち、生活と共にデジタルネイティブとして育った日常的ツール「iPhone」で制作を行う。エモい瞬間に五感を解放し、新しいセンスでiPhoneに直感的に描き切る。アートをデータ化することでどこにでも出現することができる。そして一度作品化された画像は、iPhoneのデータから削除される。この現代的なスピード感は、これまでにない新しいアートの形を生み出している。
個展
2022年 ナカミツキ作品展「LOVE.」(東京/Space A9)
グループ展
2022年 アートへの視点と偶然性(東京/MITSUKOSHI CONTEMPORARY GALLERY)
その他多数参加
https://docs.google.com/document/d/15TuqURfQ135dDniFzl8PDN-SdxA_73zOR41N1atbuZg/edit?usp=sharing

会 期 2022年10月1日(土)~11月14日(月)
会 場 渋谷ヒカリエショーウィンドウ(東京都渋谷区渋谷2-21-1 1階正面入り口外 右手 登り坂)
入場料 無料 
展覧会HP https://theartjapan.wixsite.com/theart/%E8%A4%87%E8%A3%BD-%E3%83%8A%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%83%84%E3%82%AD-love-%E5%B1%95%E8%A6%A7%E4%BC%9A-1

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)