W'UP!★1月12日~1月15日 王希奇「一九四六」東京展 北とぴあ地下展示ホール

W'UP!★1月12日~1月15日 王希奇「一九四六」東京展 北とぴあ地下展示ホール
 
王希奇さん作品
 

2023年1月12日(木)~1月15日(日)
王希奇「一九四六」東京展

 今回の絵画展では、旧満州から引き揚げる日本人引揚者を描いた大作(3m×20mの巨大画)など21点を一挙公開します。
 王希奇さんはこれまで、中国瀋陽(シンヨウ)の魯迅美術学院教授として、国家級の巨大絵画を多数制作してきました。今回の作品の制作動機は、旧満州から悲惨な状態で引き揚げる日本人たちの写真を見た際、男の格好をした一人の女の子に注意を引き付けられたことだといいます。彼は即座にすべての仕事を投げ打ち、葫蘆(コロ)島港での日本人の姿を絵に残すべきと考えました。そしてうみだされたのが今回展示される21点の作品です。
 同展示会は、2017年に初めて、城西大学での開催後、京都舞鶴市の引き揚げ記念館、仙台市、高知市、神戸市で催されました。来春の長野県・満蒙開拓平和記念館を最後に、作品は瀋陽に戻される予定です。
 今日、直接関係は無いものの、ウクライナから大量の難民が発生しており、戦争の犠牲となった満州からの日本人引き揚げ者の悲惨な状況が決して過去のものではないことを訴えています。
 当時戦争のため国土が荒廃し、貧窮していた中国が引き揚げ者に対し、人道支援を行った事実は、今日の出口の見えない日中関係へ何らかのヒントを与えるものとなります。
 また、旧満州で少年時代を過ごした映画監督の山田洋次さんも飢餓の中での悲惨な引き揚げを描き残した一連の作品に感動したとのメッセージを寄せています。

作品展示内容について
 作品は巨大画3m×20m 1点、2m×8m 3点、他17点、合計21点。その他、パネル展示など
 満蒙開拓平和記念館提供の満蒙開拓団関係写真13点、飯山達夫氏撮影写真7点ほか。

王希奇さんプロフィール
 画家。1960年、中国遼寧省錦州生まれ。魯迅美術学院油絵学部に勤務。中国美術協会会員。東洋的墨絵の要素を西洋油絵に自然に融合させた画風で評価される。特に歴史をテーマとする創作を得意とし、その独特な画風とオリジナルな視点で国内外の注目を浴び、既存の流派に属さない独立した芸術家と評される。
 代表作に国家金メダル賞を獲得した「三国志・赤壁の戦い」(合作)、中国国家重大歴史題材美術創作「長征」「遼瀋戦役 攻克錦州(合作)および「官渡の戦い」などの大型絵画ある。近年では、2012年~17年にかけて葫蘆島港から105万人の残留日本人の
大送還をテーマとした大作「一九四六」をはじめ、関連するシリーズ作品計 50点を制作した。

王希奇「一九四六」東京展
会 期 2023年1月12日(木)~1月15日(日)
会 場 北とぴあ地下展示ホール(東京都北区王子1-11-1)
電 話 03-5390-1100
アクセス JR京浜東北線「王子駅」下車北口出口徒歩1分、地下鉄南北線「王子駅」5番出口直結。都電荒川線「王子駅前駅」5番出口直結。
主 催 王希奇「一九四六」東京展実行委員会
後 援 東京都教育委員会、北区教育委員会、(公益財団法人)日中友好会館、日中友好協会本部
賛 同 山田洋次(映画監督)、加藤登紀子(歌手)、ちばてつや(漫画家)、松井稔(映画監督)ほか。
協 賛 日中文化交流会協会、満蒙開拓平和祈念館、方正友好交流の会ほか。
特別協力 城西国際大学
事務局団体 (特定非営利活動法人)日中友好東京文化センター、日本中国友好協会東京都連合会

入場券お申込み
電話、FAX、メールでお申込み次第、前売り券1,000円(4日間通し券)を郵送します。
当日受付で精算。当日券は1,200円。発売中、学生・高校生以下無料。
TEL 03-3261-0433 FAX 03-3261-1788 E-mail tokyo@jcfa-net.gr.jp

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)