日本美術に特化した美術品入札会「廻-MEGURU-」vol.06 2月6日(土)より開催

日本美術に特化した美術品入札会「廻-MEGURU-」vol.06 2月6日(土)より開催

 株式会社加島美術と株式会社ビーエスフジは、2021年2月6日(土)から2月14日(日)にかけて、第6回目となる美術品入札会「廻-MEGURU-」を共同開催します。美術品入札会「廻-MEGURU-」は誰でも気軽に参加できる日本美術に特化した入札型オークションです。今回の出品点数は約550点。いずれも加島美術が厳選した美術品ながら、最低入札価格3万円から、幅広い価格帯で初心者でも熟練コレクターでも楽しめるセレクションとなっています。今回の特集は毎回ご好評を頂いている「民藝」特集にくわえ、郷愁の洋画家「向井潤吉」特集や、人気の「琳派」特集を展開。そのほかにも、円山 應挙、伊藤 若冲、長澤 蘆雪ら、近年評価が高まっている人気の江戸絵師たちの作品も出品されます。日本美術を「観る」から「買う」、そして「正しく売る」時代へ。どうぞご期待ください。

美術品入札会「廻-MEGURU-」とは
 日本美術をもっと気軽に、安心して、正しく売買してもらいたいという思いから始まった日本美術に特化した入札型オークションです。いわば、美術品を売りたい人と買いたい人のプラットフォーム。初心者から熟練者まで、誰でも参加可能です。美術品を売却したい日本全国の皆様から作品を集約し、国内外約20,000人の美術品愛好家をはじめ、購入を希望される皆様に作品をご紹介します。下見会の期間中は、ギャラリーにて出品作品を展示し、作品を実際にご覧頂けます。下見会は入場無料。入札締切後、加島美術にて入札結果を取りまとめ、開札日に落札金額をWebサイトにて一斉公開します。

美術品入札会「廻-MEGURU-」
下見会 2021年2月6日(土)~2月14日(日)
入札締切日 2021年2月14(日)18時
開札日 2021年2月16日(火)
会場 加島美術
出品作品数 約550点
入札会カタログ:約550点の出品作品が掲載されたカタログは無料で配布しています。ご希望の方はどうぞお気軽にお問い合わせください。
出品作品はWebサイトでもご覧頂けます。出品作品は2021年1月下旬公開予定。→ https://meguru-auction.jp
※新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、営業日時が変更となる可能性がございます。予めご了承ください。

今回のハイライト作品

円山 應挙画・芝山 持豊賛「竹雀画賛」紙本 着色 円山應震鑑定書
最低入札価格:¥1,500,000~

伊藤 若冲「鶏図」紙本 水墨
最低入札価格:¥1,200,000~

児島 善三郎「アネモネ」キャンバス10号 油彩 額装 児島俊郎鑑定書
最低入札価格:¥1,500,000~

藤田 嗣治「若い女性の肖像」紙本 鉛筆 水彩 額装 東美鑑定証書
最低入札価格:¥1,800,000~

渋澤 栄一「危楼…」絹本
最低入札価格:¥380,000~

河井 寛次郎「櫛目碗」共箱
最低入札価格:¥240,000~

棟方 志功「鯉の図」8号色紙 紙本 着色 額装 棟方志功鑑定委員会鑑定登録証
最低入札価格:¥2,500,000~

加島美術

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)