コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

【1月8日 今週のウィークリーアート情報】オミ株による展覧会の中止・延期にはご注意ください。今週の展覧会・イベント・アート情報アラカルト!

【1月8日 今週のウィークリーアート情報】オミ株による展覧会の中止・延期にはご注意ください。今週の展覧会・イベント・アート情報アラカルト!

こんにちは。東京は雪でした。寒中お見舞い申し上げます。

コロナ禍は相変わらず続いています。オミクロン株は高騰しています。アメリカでは1日、100万人の感染者とニュースでは流しています。

この勢いだと、1ヶ月で全アメリカ人は抗体保有者です。コロナの終焉です。

オミクロン株は、弱毒性で沖縄では肺炎になる例がないという調査結果がありました。またデルタ株よりインフルに近いともいいます。

いまだネットで反ワクチン的な意見を発するなら炎上まちがいなしの状態です。

ワクチン未接種で足止めされているジョコビッチは、はたしてブースターショットを決めるのでしょうか? 

Youtubeで反ワクチン系内容は、最悪、アカウントを取り消されます。Youtubeで儲けている人たちにとっては、触らぬ神にたたりなし、です。

しかしながら、ファイザー、モデルナなどのmRNA型ワクチンの懸念はチョロチョロ見かけるようにはなりました。

なにせ今までにない仕組みのワクチンを治験も十分検証されないまま実施しているのだから当然です。

ということで再び、美術館などでは入館規制、企画の延期・中止などが始まりました。

みなさま、お出かけの際には、事前に情報を確認してください。

では今年も、アートは希望だ希望だキヴォーゥだ!


ノンジャンルのアートフェス「SICF23」出展クリエイター募集中

スパイラルは、2022年5月3日(火・祝)−8日(日)に開催するアートフェスティバル「SICF23」の出展クリエイターを、2021年12月1日(水)−2022年2月17日(木)に募集します。

SICF(スパイラル・インディペンデント・クリエイターズ・フェスティバル)はスパイラルが若手作家の発掘・育成・支援を目的として2000年から開催している公募展形式のアートフェスティバルです。ブース出展形式の「EXHIBITION」と生活に携わる分野のものづくりを対象とした部門「MARKET」の2部門で構成されさまざまなジャンルのクリエイターが一堂に会し作品展示やプレゼンテーションを行ないます。
会期中はアートファンをはじめギャラリストやキュレーター コレクター バイヤーなどクリエイティブ関係者が訪れ これまでに数多くの新しい才能が来場者との出会いを通し活躍の場を拡げてきました。 会期の最後には来場者の投票によって決まるオーディエンス賞やもっとも作品を売り上げたクリエイターに贈られるベストセールス賞をはじめ 各審査員賞 準グランプリ グランプリを優秀作品に授与作品発表の機会を提供します。
開催に先立ち既存の価値観にとらわれない意欲溢れるクリエイターを募集します。
詳しくは https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000020119.html
応募フォーム  https://www.sicf.jp/entry/


「NEWVIEW AWARDS 2020 PARCO PRIZE EXHIBITION」心斎橋・SkiiMa Galleryにて開催

コミュニティ型ワーキングスペース『SkiiMa(スキーマ)』は、「NEWVIEW AWARDS 2020 PARCO PRIZE EXHIBITION」を2022年1月13日(火)より心斎橋PARCO 4F・SkiiMa Gallery にて開催いたします。

NEWVIEWは、xR=3次元空間での新たなクリエイティブ表現と体験のデザインを開拓する実験的プロジェクト/コミュニティーとして2018年1月に始動しました。「DESIGN YOUR ULTRA EXPERIENCE=超体験をデザインせよ」というタグラインを掲げ、いまだ黎明期にあり未成熟なこの分野を、実験的アティチュードで開拓する次世代のアーティストを発掘・育成するのが、本プロジェクトのひとつの狙いです。

想像から生まれた世界。そこに在る現実。
本展はXRグローバルコンテンツアワード「NEWVIEW AWARDS 2020」PARCO PRIZE受賞「0b4k3」(おばけ)氏の記念展覧会です。
0b4k3は、自身が運営する仮想空間上のクラブワールド「GHOSTCLUB」をはじめ、現実世界とフィクションのディテールを重ね合わせた、日常と非日常の間を彷徨うようなVRワールドを手掛けます。本展では、0b4k3の手がけた2作品、NEWVIEW AWARDS 2020 受賞作「TECHNOVINEGER」/受賞記念コラボワーク「CUE」(予告編)をVR展示。あわせて、「GHOSTCLUB」の情景写真や0b4k3の手掛けた楽曲も展示します。
ここにあるのは、すべて想像から生まれた世界。そして、そこに在る現実を感じてください。

NEWVIEW AWARDS 2020 PARCO PRIZE EXHIBITION
展示期間 2022年1月13日(火)〜1月23日(日) 最終日18:00閉場 
※休館・営業時間は心斎橋PARCOに準ずる
会場 SkiiMa Gallery(心斎橋パルコ 4F) 大阪府大阪市中央区心斎橋筋1丁目8-3
入場料 無料
イベントページ https://skiima.parco.jp/shinsaibashi/event/detail/?id=165
※営業時間等は変更になる可能性がございますので予めご了承ください。


特別展「川内倫子とやまなみ工房の風景」大阪府・東大阪市民美術センターで2022年2月11日~3月13日開催

https://hos-higashiosaka-art.com/
写真家の川内倫子は、2018年から約1年半をかけて、滋賀県甲賀市にある障害者福祉施設「やまなみ工房」の日常の風景を撮影しました。たねやグループ発行の冊子『ラコリーナ』14号にて発表されたそれらには、やまなみ工房での日々の生活ばかりでなく、国内外から評価を集めるアール・ブリュット作品の制作風景が捉えられています。本展では、川内の写真とやまなみ工房で制作された作品を併せて展示することにより、川内のあたたかなまなざしと透明感のある作風をとおして障害のある方による芸術活動を紹介し、さまざまな属性の方との共生やインクルーシブな社会の実現について考えていきます。

2022年2月11日(金・祝)~3月13日(日)
東大阪市民美術センター 第1・2・3展示室
開館時間:10:00~17:00 ※3月11日(金)は20:00まで開館(最終入場は閉館時間の30分前まで)
休館:月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌平日が休館日)
入場料:500円【中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介助者1名を含む)、65歳以上の方(生年月日記載があるものの提示が必要)は無料】
主催:東大阪市民美術センター(指定管理者 東大阪花園活性化マネジメント共同体 HOS株式会社)
協力:有限会社川内倫子事務所、 たねやグループ、 信陽堂、 社会福祉法人やまなみ会、 社会福祉法人若草会


【札幌グランドホテル】グランビスタギャラリー サッポロ 展覧会 葛西由香展 「52ヘルツの謳歌」 開催のお知らせ

葛西由香氏は日常に潜むありふれた物を題材に、より身近に感じられる作風で制作を続ける北海道出身の若手日本画家です。今回の展覧会では、ひとりでいても大勢の中にいても感じる孤独感、SNSが発達し、起きた出来事や考えを共有して共感を集める人が増える今、日常のささやかな時間に感じた「誰とも共有しなかった孤独の幸福」をテーマに描いた葛西由香氏の日本画作品、数点を展示いたします。
札幌グランドホテルは、「グランビスタギャラリー サッポロ」の展覧会を通じて、市民の皆様はもとよりホテルを訪れる多くのお客様に北海道のアートや芸術文化に自由に触れていただき、ホテルを介して地域と市民、文化の新たな繋がりを創造し、市民生活への貢献を図ってまいります。

葛西由香展 「52ヘルツの謳歌」
開催場所:グランビスタギャラリー サッポロ(本館1階)
開催期間:2022年1月4日(火)~2月28日(月)
      11:00~19:00
      ※土曜・日曜・祝日は休館、 最終日のみ17:00まで
入場料:無料


 

【リーガロイヤルホテル広島】パリの画家として人生を送った荻須高徳の回顧展で旅気分を味わう。『ひろしま美術館入館券付 宿泊プラン』

宿泊期間:2022年1月3日(月)~2022年3月13日(日)
リーガロイヤルホテル広島は、2022年1月3日(月)から3月13日(日)まで、ホテルから徒歩すぐの「ひろしま美術館」で開催する『生誕120年記念 荻須高徳展 -私のパリ、パリの私-』の鑑賞券をセットにした宿泊プランを販売します。

リーガロイヤルホテル広島
宿泊予約 TEL: 082-228-5401 (直通)
HP  http://www.rihga.co.jp/hiroshima


【そごう千葉店】奇跡の輝き 中村元風展

芸術とは、輝きの創出である。
光り輝くような鮮やかな陶磁作品で知られる現代美術家・科学者である中村元風氏の個展を、そごう千葉店で初開催いたします。科学的な側面から釉薬研究に取り組み、光沢と厚みのある深紅の釉薬「希赤(きせき)」を完成させました。作家の代名詞といえる希赤を使用した壺や香炉をはじめ、額やオブジェなど約100点の作品を展覧いたします。従来の美術品にとらわれない、アートとサイエンスの融合が生み出す作家独自の世界観をご覧ください。

会 期 2022年1月11日(火)~1月17日(月)
時 間 10:00~20:00 ※最終日16:00閉場
会 場 7階 美術画廊・アートスペース
作家来場   1月15日(土)・16日(日) 午前11 時~ 午後4 時 (予定)


2022年絶対に観たい!大注目の美術展 BEST25 大好評!全国47館の美術館スケジュール&一覧できる!美術館INDEXカレンダー『美術展ぴあ2022』本日発売

~フェルメール、カラヴァッジョ、ミロ、国芳、清方 etc.~
1月5日、ぴあ株式会社より、『美術展ぴあ2022』が発売となりました。
<お取り扱い>
Amazon https://amzn.to/3pRQgeq
楽天ブックス https://bit.ly/31uU7Vs
セブンネットショッピング https://bit.ly/3sZC8l5
ほか



金丸悠児展 ~ユーモラスでちょっと風変わりに描く~ 大丸京都店6階美術画廊

地球上の普遍的な時間の流れの中に生きる動物たちを、ユーモラスでちょっと風変わりに描きます。独特の世界観で人気の金丸悠児。アクリル絵具による最新作約40点を展示即売いたします。
会期:2022年1月19日(水)~25日(火) 各日10時~20時 ※最終日は17時閉場
会場:大丸京都店6階美術画廊


【奈良 蔦屋書店】 「~Fukaseが描く絵本の世界~ 『ブルーノ』展」 開催

奈良 蔦屋書店では、 2022年1月14日(金) ~ 2022年2月13日(日)の期間、 Fukase(SEKAI NO OWARI)が手掛けた初の絵本『 ブルーノ』(福音館書店)が刊行されたことを記念し、 「~Fukaseが描く絵本の世界~『ブルーノ』展」を開催いたします。
~Fukaseが描く絵本の世界~『ブルーノ』展
会期:2022年1月14日(金)~ 2022年2月13日(日)
時間:10:00ー19:00
場所:奈良 蔦屋書店 2F 天平ギャラリー
主催:奈良 蔦屋書店
共催:(株)福音館書店 / (株)TOKYO FANTASY
お問い合わせ先:奈良 蔦屋書店 代表番号0742-35-0600
https://store.tsite.jp/nara/event/shop/24147-1247011229.html


オンライン写真コンテスト「IMA next #29」応募作品募集

コミュニケーション変革をクリエイティブで実現する株式会社アマナにて、 “LIVING WITH PHOTOGRAPHY”をコンセプトに、雑誌、オンラインなど多角的にアートフォトを発信する『IMA』は、この度、オンライン写真コンテスト「IMA next #29」の応募作品を募集します。

テーマ :「SMARTPHONE」
https://ima-next.jp/entry/smartphone/
審 査 員:姫野 希美
受付期間:2021年11月19日(金)~2022年1月24日(月)
応募方法:投稿を希望する各テーマの専用フォームからご応募ください。
※テーマごとに応募フォームが異なりますので、 ご注意ください
※1回のエントリーで1~5枚までの写真のアップロードが可能です
※複数の写真をアップロードした場合は同一シリーズ作品として審査されます
※別シリーズとして応募する場合は、 別途エントリーをお願いします
応募資格:16歳以上(国籍、 年齢、 性別、 経験<プロ、 アマチュア>問わず)
※個人またはグループでの応募も可
応募費用:1エントリーにつき、 ¥2,000(税込み)
※支払方法:クレジットカードのみ(Visa、 Mastercard、 American Express)


【クリエイター必見】銀座で無料個展のチャンス。レザーブランドyuhakuがレザーxアートのサスティナブルプロジェクトを1月8日(土)より始動。

第1弾出展はソーシャルネットワークアーティストの松岡智子氏 会期1/8(土)~1/19(水)

手染めのレザーブランド「yuhaku(ユハク)」を展開する株式会社ユハクは同ブランド旗艦店である「yuhaku Ginza Gallery」(所在地:東京都中央区銀座三丁目10番7号 銀座京屋ビル1階)内、展示スペースをクリエイターの皆様へ無料貸し出しいたします。
出展を希望する方は出展費用、作品販売手数料を無料で利用が可能。プロジェクトの一環として、yuhakuの革素材を活用したサスティナブルなアート作品やコラボアイテムの制作にご協力いただきます。
公式オンラインショップ:https://yuhaku.co.jp/
ブランドHP:https://www.yuhaku.jp/


新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、都立文化施設で開催する文化事業の一部休止の方針に伴い、東京都現代美術館では、コレクション展「MOTコレクション Journals 日々、記す vol.2」について、2022年1月12日(水)から当面の間、休室といたします。
https://www.mot-art-museum.jp/news/2022/01/20220107152840/

休室する展覧会:
■コレクション展「MOTコレクション Journals 日々、記す vol.2」
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/mot-collection-211113/
休室期間:1月12日(水)から当面の間

なお、以下の企画展については通常通り開室しております。
■「Viva Video! 久保田成子展」
■「クリスチャン・マークレー トランスレーティング[翻訳する]」
■「ユージーン・スタジオ 新しい海 EUGENE STUDIO After the rainbow」


ではみなさま寒さ厳しいですが、お風邪などひかぬようご自愛ください。

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)